やんごとなき姫君たちのトイレ

やんごとなき姫君たちのトイレ

作者名 :
通常価格 528円 (480円+税)
獲得ポイント

2pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

ヴェルサイユ宮殿の貴婦人たちでさえ、庭のすみで用を足すなど日常茶飯事だった!? どんなに気高く美しいお姫さまにも、なくてはならないもの――その名は“トイレ”。ふだんは薄絹のベールに包まれていた、やんごとなき姫君たちの秘められた私生活を、あなたも少しのぞいてみませんか? 貴婦人たちが使ったトイレからお風呂、化粧法やランジェリー、夜の過ごし方など、華麗なる人々の私生活にまつわる奇想天外なエピソードを軽やかに綴った、西洋かわや物語。

ジャンル
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2014年02月21日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
3MB

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    爆笑です。中学生時からの愛読書です。
    貞操帯がムレるのが嫌で飛び降り自殺はかった貴族とか、ベルサイユ宮殿はウ○コだらけだったとか・・・貴族系トイレ雑学!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年03月25日

    タイトルどおり、シモのお話。
    ヴェルサイユ宮殿にはトイレがなかったとか、
    優雅に思えるフランス革命以前のフランス貴族たち、めっさ臭かったとか。

    終始そういう話題です
    トイレの話。
    娼館の話。
    お風呂の話。
    ファッションの話。
    女性週刊誌みたいで面白かったです。

    歴史のこぼれ話がお...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年01月19日

    歴史の記述から漏れるこうした生理的な側面が重要なのかもしれないという視点に賛成。ただ、欧米、ヨーロッパに偏りがちなのと、参考文献が末項に掲載されてはいるが、文中での出典が明確でないのが残念。解説はすばらしい。どの程度まで本当かはわからないが、むかしのひとの「トイレ」「風呂」「化粧(美容)」のすさまじ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    平成7.11.25 1版 ¥500
    どんなに気高く、美しいお姫様にも、なくてはならないもの――その名は“トイレ”。ふだんは薄絹のベールに包まれていた、やんごとなき姫君たちの秘められた私生活を、あなたも少しのぞいてみませんか?貴婦人たちが使ったトイレからお風呂、化粧法やランジェリー、夜の過ごし方など、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    中世の姫君たちの暮らしが気になっていたときに購入。このシリーズあと2つありますが、おもしろい!!
    当時の風俗が描かれていますが、タイトル通りのトイレから始まる生活風景のなんと滑稽なこと!
    ビックリします。
    絵画でみるとあんなにも美しいのに・・・

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2017年10月11日

    すごくおもしろいです。
    のけぞる事実が多く書かれています。

    17世紀に作られた 美しいハイヒール。

    それは、ご婦人が、糞尿まみれの道路を渡る時に必要だったから だとか・・。

    その時代のハイヒールは、つま先の部分も高くなっていて(下駄に靴がくっついている感じとのこと)

    中には、ヒール高60cm...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています