プラネテス(2)
  • 完結

プラネテス(2)

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

木星往還船計画始動の報せにハチマキは決意する。誰も行ったことのない遠くへ行く。未開の道を切り拓くため、持てるエネルギーの全てを費う、と。「独りで生きて独りで死ぬ。それが完成された船乗りだ」尖りをむき出しにする彼に、口を挟もうとする女がいた。デブリ回収船の同僚、田名部愛。「独りで生きて、死んで、なんで満足できるんですか。バカみたい」ハチマキはそれに抗する言葉を探したまま、搭乗員試験に臨む。

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
モーニング
電子版発売日
2011年01月31日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
112MB

プラネテス(2) のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2016年08月07日

    一心不乱になったことによるハチマキの、これは転落といっていいのか。愛を語るタナベと、犠牲を意にも介さず自らの職務を全うしていくロックスミスと、彼に惹かれて木星への旅を決意するゴローと。様々な人の思惑が、どれも正解というわけでなく入り混じっていく様が見てて不安にもなり、面白くもある。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年07月01日

    ロックスミスのクズっぷり
    なんて奴だなんて感じたと同時に揺るぎなき信念の強さに羨ましくなった。
    どのキャラも素敵や。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年01月05日

    ハチマキの苦悩と成長。母は偉大だね。 / すごい空気を纏った漫画。遠いようで近い。リアルなんだよね。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年08月12日

    「全部オレのもんだ、孤独も苦痛も不安も後悔も。もったいなくてタナベなんかにやれるかってんだよ」デカ過ぎる夢を現実にするために猛然と努力を重ねるハチの姿はエンジン工学の天才・ロックスミスとシンクロし、それは宮崎駿が『風立ちぬ』で描いた堀越二郎の姿と見事なまでに重なり合う。つまり、剥き出しのエゴを持つ者...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年09月11日

    「独りで生きて 死んで なんで満足できるんですか バカみたいよ
    宇宙は独りじゃ広すぎるのに」(p80

    人工衛星などの宇宙ゴミを回収する「デブリ屋」星野八郎太(ハチマキ)のSF漫画。台詞はハルコさんのトンカツ名言と相当迷いましたが、やっぱりヒロインのタナベからかなと。
    新人タナベに突っかかりながらも...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年04月04日

    タナベ登場。意地だけですぐにも死にそうなハチの良いストッパーになってくれる。
    今後も二人の関係に進展があればいいんだけど。
    ハチの親兄弟顔似過ぎw

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年11月04日

    宇宙が舞台、現実にありそうな近未来のサラリーマンのお話。
    グッとくるエピソードがいっぱい。
    2巻。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    星雲賞を原作(本作)&アニメ、共に受賞した名作SF。

    宇宙開発事業の緻密なバックボーンと描写が、物凄いリアリティを与えてる★

    この世に宇宙の一部じゃないものなんてないのか
    オレですらつながっていて
    それではじめて宇宙なのか

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    この世で宇宙の一部じゃないものなんてないのか...オレですらつながっていて、それではじめて宇宙なのか

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    一介のデブリ回収業者だった主人公ハチが、大いなる夢を見つけた。夢を叶えるためには、何を犠牲にしても構わないと言うハチに対する周囲の反応は?一巻の最後から連続する形で、一話完結スタイルではなく一つのストーリーとして構成が変わってきている。新たなキャラクター(これがまた個性的なのばかり)も登場し、ますま...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

プラネテス のシリーズ作品 全4巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~4件目 / 4件
  • プラネテス(1)
    完結
    660円(税込)
    SFニュースタンダード登場!! 400万年を経て人は地上より飛び立った。この宙(そら)は人の強さを試す。
  • プラネテス(2)
    完結
    660円(税込)
    木星往還船計画始動の報せにハチマキは決意する。誰も行ったことのない遠くへ行く。未開の道を切り拓くため、持てるエネルギーの全てを費う、と。「独りで生きて独りで死ぬ。それが完成された船乗りだ」尖りをむき出しにする彼に、口を挟もうとする女がいた。デブリ回収船の同僚、田名部愛。「独りで生きて、死んで、なんで満足できるんですか。バカみたい」ハチマキはそれに抗する言葉を探したまま、搭乗...
  • プラネテス(3)
    完結
    660円(税込)
    SFニュースタンダード登場!! 400万年を経て人は地上より飛び立った。この宙(そら)は人の強さを試す
  • プラネテス(4)
    完結
    660円(税込)
    宙(そら)に道を探した青年は今、人類で最も長い距離を翔けた。This is SFニュースタンダード。大喝采の一部完!! 愛し合うことだけはどうしてもやめられないんだ。――2080年 星野八郎太(木星への有人飛行を初成功させた、フォン・ブラウン号の乗組員の言葉)

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています