無伴奏

無伴奏

作者名 :
通常価格 440円 (400円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

学園紛争、デモ、フォーク反戦集会。1960年代、杜の都・仙台。荘厳なバロック音楽の流れる喫茶店で出会い、恋に落ちた野間響子・17歳と堂本渉・21歳。多感で不良っぽい女子高生と男からも女からも愛されるような不思議な雰囲気の大学生の危険で美しい恋。激しい恋をひっそりと見守る渉の特別な友人、関祐之介。三人の微妙な関係が引き起こす忌まわしい事件は、やがて20年後の愛も引き裂いていく。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
296ページ
電子版発売日
2013年08月30日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

    Posted by ブクログ 2013年12月27日

    恋3部作の1作目。「恋」「欲望」と既読で、第一作が最後になってしまった。3部作の最初にふさわしい、作品。仙台の無伴奏に行ってみたくなる。今はないらしいが・・

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年03月26日

    小池真理子作品、初体験。

    ノスタルジックなのに感傷的でなく、悲劇なのに重すぎない読後感。

    その時代の色に染まり、タバコの香りすら漂ってきそうな小池真理子の骨太な文章力に圧倒されました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年09月01日

    1960年代などの学生運動が盛んだった時代を背景とした小説を初めて読んだけど、読みやすかった。
    結末には意表を突かれました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年06月30日

    小池真理子さんの小説で一番好きな本です。
    70年代、切なくてノスタルジーに溢れた作品。
    事件から20年後、主人公が訪れた仙台の街から無伴奏という
    喫茶店は無くなっていて、街の景色は一変していた。
    ただ、あの頃の景色、空気、匂いというものが、セピア色の記憶の中に悲しく、甘美でかけがえのないものとしてい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年04月14日

    女性側から見た男同士の恋愛ものというのが、私は好きなんだと思います。
    男性視点からの作品も好きですが、どうにも自分は女である枠から逃れられないので、女の視点から見た男同士の恋愛への嫌悪・戸惑い・甘美という感情を受ける女性の主人公に、共感と共にリアルさを感じるのだと思います。
    時代背景など含め、惹きこ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年03月10日

    今はこの表紙なのかな?
    思い出すだけで熱いものが込み上げてきます…

    歩さんの言葉の一言一言が、幼稚な私には上手い表現方法が見つけられませんが、とにかく温かく、ウツクシイ
    言葉が心に、悪い意味ではなく、突き刺さり、痛くて、辛くて…辛くて…

    あぁ、上手い言葉が見つけられない自分に対するもどかしさ…
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    とても好きで、何度も読んでいるのに、いつも読み始めると呼吸が浅くなってしまう。あのシーンにたどり着くと、胸が締め付けられる。そして渉の手紙で泣いてしまう。
    この時代には生まれていないし、知らないのに、とても鮮やかに情景が見えるのは、やっぱり真理子さんの書く文書のが繊細だからだと思う。
    ここ数年の...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年12月20日

    こんなにも胸が苦しくなる小説は久しぶりに読んだ。
    映画化され、そのCMでキャストと内容に興味を持ち、まずは原作と思って手に取った初めての小池真理子。
    一つひとつの文章が美しく、心理描写が丁寧で読んでいるとするっと響子に入り込める感覚が気持ちよかった。
    だからこそ、あの衝撃を響子と同じように感じること...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年04月06日

    小説自体は25年くらい前のもので、舞台は1960年代後半の仙台。学園紛争やデモなどが激しかった時代の、ひとつの恋とミステリー。
    高校生の響子と大学生の渉。そして渉の親友の祐之介と恋人のエマ。四人の想いが交錯して、ある事件が起きる。

    小池真理子さんの小説を読むのは思えば初めてで、どうして今まで手に取...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年08月06日

    映画化されると知り手に取った一冊。
    久しぶりの小池真理子さん。

    体験していない時代だけども、その焦燥的な時代背景や、登場人物たちそれぞれの想い、ファッション、煙草の煙や、レコードの音までも匂いたつような雰囲気にどっぷりと浸れました。

    いつの時代でも変わらないであろう恋愛での苦しみや妬み嫉妬、恋焦...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

無伴奏 に関連する特集・キャンペーン