[新訳]戦争論 隣の大国をどう斬り伏せるか

[新訳]戦争論 隣の大国をどう斬り伏せるか

作者名 :
通常価格 950円 (864円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

<軍司令官が、戦場で目の前の敵に勝つためには、ゆっくりと考えているだけの暇は与えられはしない。戦争指導者も、将軍も、常に不十分な時間内で、次々と決心をしていく他はないのだ。なぜなら、敵もこちらを出し抜こうとしてすでになんらかの行動を開始しているのであり、まごまごしていれば、わが陣営はとりかえしのつかぬ不利を喫するからだ><戦略には、「精神的要素」「物理的要素(有形の戦力、ことに異兵種の混合編成法)」「数学的要素(統計表化できる補給や補充)」が、いずれも分かち難く関与する。このうち精神的なものは物理的なものよりも大事である。剣でたとえれば物理的要素は柄の部分にすぎず、精神的要素こそが刃の部分である>……「誰もが知っているが、なかなか読めなかった」古典の名著『戦争論』。そのエッセンスならびに、あらゆる組織における指導者の決断とリーダーシップの勘所を、わかりやすい新訳で現代の読者に提供。

ジャンル
出版社
PHP研究所
ページ数
320ページ
電子版発売日
2013年08月23日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

[新訳]戦争論 隣の大国をどう斬り伏せるか のユーザーレビュー

    購入済み

    なかなか

    かん 2020年05月19日

    面白かった

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年12月12日

    一般人の読み物としては孫子ほど面白くはないが、国と国との複雑な関係性や戦争の本質についてはより詳細に分析されている。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年04月14日

    クラウゼヴィッツはポーランド人が嫌いだったそうだ。『戦争論』では言及していないが、ポーランドの中産階級の多くはユダヤ人だった。p.219

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年02月20日

    原典は読んでませんが新訳というよりはシドニイ・シェルダン並の超訳。
    眠たそうな本がさくっと読めたのでまあ良いのでしょう。
    北朝鮮の立場になって読むと、周りにいつ攻め込まれるかわからない(と思っているとして)からとにかくはったりをかますということになる。
    この本の戦争の概念は戦国時代くらいにとらえるの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています