永遠の旅行者(上)

永遠の旅行者(上)

作者名 :
通常価格 627円 (570円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

元弁護士・真鍋に、見知らぬ老人麻生から手紙が届く。「二十億の資産を息子ではなく孫に相続させたい。ただし一円も納税せずに」重態の麻生は余命わずか、息子悠介は百五十億の負債で失踪中、十六歳の孫まゆは朽ちた家に引きこもり、不審人物が跋扈する。そのとき、かつてシベリア抑留者だった麻生に殺人疑惑が浮上した――。謎とスリルの上巻。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
幻冬舎
掲載誌・レーベル
幻冬舎文庫
シリーズ
タックスヘイヴン三部作シリーズ
電子版発売日
2013年08月23日
サイズ(目安)
1MB

永遠の旅行者(上) のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2017年03月12日

    税金の事やタックスヘイブンやら、とにかく難しかった。でも、ストーリーも筋が通っていて内容も興味深かった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年11月09日

     永遠の旅行者(perpetual traveler)の元弁護士、真鍋。滞在先のハワイで見知らぬ老人から20億円の資産を息子ではなく、孫に相続させたい。ただし、一円も納税せずに。この不思議な依頼を受けて、調査に乗り出す。天使と言われている孫娘まゆは精神分裂症の症状で引きこもり。依頼人の息子悠介は15...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    よく下調べした秀作

    まさ 2015年01月11日

    参った。私も税金の事は知っているつもりだったが、完全に負けた。嫌味な断片的知識もよく内容に沿って下巻を読みたくなった

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年07月21日

    マネーロンダリングの作者だと知らずに購入。作者の著作は初見だが非常に面白い。知識と取材(?)で得た情報をしっかり散りばめており、何より話が面白い。上下巻の本だとは知らずに「これで伏線回収出来るの?」と思いながら読み進めたが、下巻の電子書籍が高くて手が出ないので、買い溜めた他の軽い本を読みながら、下巻...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年09月27日

    すてきなロードムービーで、かなりサスペンスで、脱税テクニックの手引書であるとともにラブストーリーでもあります。シベリヤに抑留された祖父、ドラッグ中毒になってしまった息子、総合失調症のその娘の3代に渡る壮絶な人生が書かれています。

    「君はたくさんの素敵な恋をして、お伽の国の王女さまのように幸せなる...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月01日



    働いた分に対する所得税、モノやサービスで得たものに対する消費税、不動産や有価証券等に対する資産税は分かる。
    故人の財産に対する相続税。こいつに対する租税論理ってのは実に曖昧だな。三途の川は六文銭しか持てないからか?

    さて、本編、20億円の資産を息子ではなく孫に相続させたい。ただし、一円の納税も...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年10月23日

    橘玲は 実に欲張りな作家かもしれない。
    相続税回避の方法、税金のかからない方法など、
    実にたくみに 取り込みながら、
    シベリア抑留者だった祖父、バブルで儲けたが失敗し逃亡父親、精神を病む孫。
    母親は、惨殺され犯人が不明と言う 話題満載のなかで、
    20億の遺産を 孫に 税金を払わずに遺産相続させるとい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年05月02日

    元弁護士・真鍋に、見知らぬ老人麻生から手紙が届く。「二十億の資産を息子ではなく孫に相続させたい。ただし一円も納税せずに」重態の麻生は余命わずか、息子悠介は百五十億の負債で失踪中、十六歳の孫まゆは朽ちた家に引きこもり、不審人物が跋扈する。そのとき、かつてシベリア抑留者だった麻生に殺人疑惑が浮上した。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年08月19日

    橘玲さんの経済小説です。
    相続や配偶者控除についての税金についての知識は流石です。物語としても面白いです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年08月01日

    なかなか面白い。税金を払わずに世界中を行き来している元弁護士に起こるお話。精神分裂症の少女への無税での20憶円の相続を依頼されている。この作者の「マネーロータリング」は読んでいるが税制、金融にはかなり精通されている。小説としてもなかなかだと思うが。相続で言えば自分自はかなりの借金を相続するのは目に見...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

永遠の旅行者 のシリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • 永遠の旅行者(上)
    627円(税込)
    元弁護士・真鍋に、見知らぬ老人麻生から手紙が届く。「二十億の資産を息子ではなく孫に相続させたい。ただし一円も納税せずに」重態の麻生は余命わずか、息子悠介は百五十億の負債で失踪中、十六歳の孫まゆは朽ちた家に引きこもり、不審人物が跋扈する。そのとき、かつてシベリア抑留者だった麻生に殺人疑惑が浮上した――。謎とスリルの上巻。
  • 永遠の旅行者(下)
    627円(税込)
    まゆは幼い頃に母を殺された未解決事件にまだ苦しんでいた。アメリカで失踪した悠介の居場所はつかめない。麻生の死期は迫る。真鍋には時間がなかった。そもそも麻生はなぜ無税の相続に拘るのか? そして、まゆが何者かに誘拐された――。人間の欲望と絶望、金と愛情、人生の意味までを、大胆かつ繊細に描ききった新世代の『罪と罰』完結!

永遠の旅行者 の関連作品

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

幻冬舎文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング