甘栗と金貨とエルム

甘栗と金貨とエルム

作者名 :
通常価格 594円 (540円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

高校生の甘栗晃は、突然亡くなった父親の代わりに、探偵の仕事をすることに。依頼は、ナマイキな小学生・淑子の母親探し。――美枝子は鍵の中に? 謎めいたこの一言だけを手がかりに、調査を始めた晃だけど……!?

ジャンル
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2013年08月08日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

甘栗と金貨とエルム のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2013年02月28日

    前巻で父親(探偵)のやり残した仕事を果たした甘栗君。部活に励んでいたところ同級生の徳永から「小学校時代の恩師が行方不明のため見つけて欲しい」という依頼が。今回も面白かった。特に、主人公がある人物に啖呵を切る場面が格好いい。彼の芯の強さが出てます。名古屋グルメにシロノワールが登場。美味しいんだよね。ま...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年04月07日

    ハードボイルド(冒険小説じゃないハードボイルド)が苦手な人に読んでもらいたい!きっと苦手という意識が粉砕されるだろう。軽ハードボイルドなのに冒険小説にならないこのさじ加減が絶妙で、探偵小説・推理小説の要素も持ち合わせたストーリーなのになんて軽やかなんだ!ライトノベル的な世界観でハードボイルドを書くの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年03月29日

    タイトルに甘栗とあって
    しかもイラストがミギーさんならば、自分に不買の選択肢はなかった!

    世界で一番好きな食べ物は甘栗です。



    ある日、交通事故で突然、唯一の肉親である父親を亡くし
    天涯孤独の身となった高校生、甘栗晃。
    探偵だった父の事務所の整理が一向に進まずにいるところに
    その小さな依頼主...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年04月11日

    文庫化しての再読。前に読んだときの朧げな記憶以上に面白かったです。安心して読めるけど、決して驚きがない展開ではありません。殺人事件とかを追う訳ではない、ある意味本当の高校生探偵小説でした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年08月05日

    タイトルに惹かれて読んでみました。
    高校生の探偵と小学生の女の子の依頼人。
    面白そうでしょ。

    舞台だけあって名古屋のコトがいろいろとかかれてますよ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年09月30日

    表紙とタイトルに惹かれて。まさか、名古屋が舞台だったなんて思いもしなかったので、嬉しいです。地元だと、作中に出てくる場所を思い浮かべて読めるのでニヤニヤしてました。『みのりや』ってあそこだな、とか。

    甘栗くんが、半ば強引に人探しをさせられつつも、奮闘する姿は応援したくなります。人探しをさせたエルム...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年06月06日

    父親の突然の死によって、天涯孤独になってしまった少年が主人公。全てに対し超クールに対処しつつ、探偵であった父が最後に受けていた少女からの依頼を引き継ぎ、東奔西走するお話です。
    失踪した母親の捜索依頼は、いろいろな因果が絡みつつ、次第に大きな事件に展開します。
    主人公が超クールなので、感情移入しにくい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年05月02日

    ふんわりというか、あったかいというか そんな本の雰囲気に誘われて購入。

    名古屋が舞台のおはなし。
    登場人物はここを通ったのかなぁなんて楽しめて、
    本を読んでいる時は自分も冒険しているみたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年03月27日

    主人公が冷めているというか達観しているというか…
    大人になってからこのころを思い出すと、
    ああああ。黒歴史ぃぃl!!!!とか思いそうな生活をしているなぁと思わなくもない。
    久しぶりに死なないミステリーを読んだけれど、面白かった。
    偶然なのか才能なのか、情報集めがさくさくといく。
    読みやすくて良い。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年03月17日

    カバー買いというかタイトル買いというかあらすじ買いしました。
    要は、衝動買い。
    おそらく自分は「高校生探偵」というフレーズに弱い気がしました。

    人探しものって初めて読んだんですが、面白ですね。
    しかしこの主人公、やる気があるのかないのか……妙に現実的な感じで却って面白いキャラだと思いました。

    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています