書物奏鳴

書物奏鳴

作者名 :
通常価格 891円 (810円+税)
紙の本 [参考] 946円 (税込)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

蝶コレクターの龍崎はル・シャスールに、新種の蝶について書かれた『ニューギニアの動物界』を入手したいと依頼する。ル・シャスールは緑川守という少年を訪ね、守の亡き母が遺した『ニューギニアの動物界』を譲るようにお願いする。守は了承するが条件をつける。その条件とは、龍崎への復讐を意味するものだった――。その他、ド・ゴール暗殺計画、フリードリヒ大王の『七年戦争史』にまつわる謎などをル・シャスールが読み解く。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社ノベルス
ページ数
224ページ
電子版発売日
2013年07月26日
紙の本の発売
2013年06月
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

書物奏鳴 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年09月10日

    書物狩人シリーズ、7作目。

    今作は4話編成の短編集。前回が長編だったせいか、今回の短編集の方がテンポ良く進んで読みやすく感じた。あまり腹の内を見せず、表情に乏しいル・シャスールだけれど、今回は少々大人びた男の子や可憐な女性を相手にして、人間味のある優しさが滲み出ていたように思う。そしてマスケット銃...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年08月26日

    第4話の「狩られた狩人」。現在進行形の事件を扱っているのですが、そんなニュースは全く知りませんでした。いや、別に常に海外情報とかに、目を光らせているわけではないのですが。それでも、これって大きなニュースだよね、と思ってからは居心地が悪い。
    あとがきで作者も同じこと書いてましたね。

    今までは、新しい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年08月24日

    赤城のル・シャスールの新作。安定感のあるストーリー展開は何時もながら安心して楽しめる。
    この作家の研究熱心には、驚かされる。謎解きもスリルに溢れた秀作です。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年06月18日

    2013/06/18:購入しようと思ったときに書物輪舞をすっとばしていることに気づきorz
    それはさておき、今回も面白かったです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年06月15日

     米国では現在、情報機関「米国家安全保障局」(NSA)によるテロ対策を名目にした電話の通話記録やインターネットのメール送信などでの極秘の個人情報収集プログラムが暴露されメディアを賑わせている。
     書物狩人、今回の舞台は、日本、北米、ヨーロッパ。対象は個人から国家にかかわるものまで幅広いが、どれもフィ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年01月12日

    少し前に読んで登録忘れ。

    同じような感じで少し飽きもありましたが、この主人公の博識を読むのは面白い( ^ω^ )

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年08月10日

    語学の天才で若白髪の書物狩人が、書物にまつわる謎を解いて行く話。
    狩人のありえない万能ぶりに、少女マンガを読んでいるような気持ちになります。
    ビブリア古書堂の話と違うのは、実在しない稀覯本が出て来ること。
    実在する稀覯本の話と絡めて出て来るので、ただのおとぎ話に留まらず、世の書痴たちを面白がらせたり...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています