英国マザーグース物語6 花咲けるきみと永久(とこしえ)の歌【電子特別版】
  • 最新刊

英国マザーグース物語6 花咲けるきみと永久(とこしえ)の歌【電子特別版】

作者名 :
通常価格 583円 (530円+税)
紙の本 [参考] 649円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

【電子特別版】セシルが自分自身に向けて銃を撃った、そのとき――救出に駆けつけたジュリアンの従者の機転により、セシルの身は守られ、女王の暗殺も未遂に終わる。だが、クリストファーは「ロンドンで最後のゲームをする」と宣言し、闇に消えてしまう。やがて、ロンドンの街で、ある“特徴”が刻まれた遺体が発見されて…!? ふたたびパートナーとなったセシルとジュリアンの想いが交錯する、衝撃と涙の完結巻!! 電子版限定!! 文庫未収録SS「寄り道は危険の香り」「My sweet tea time」「幸せへの脅迫状」&セシルとジュリアン達のその後を描いた長編「Coming back to you」「Beautiful May flowers」を同時収録!!

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
女性向けライトノベル / 集英社コバルト文庫
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社コバルト文庫
ページ数
320ページ
電子版発売日
2013年12月13日
紙の本の発売
2013年06月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
7MB

関連タグ:

英国マザーグース物語6 花咲けるきみと永久(とこしえ)の歌【電子特別版】 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2018年11月12日

    最終巻だが書きたいこと詰め込みすぎでいまひとつな出来ばえ
    ここまで引っ張っただけの2人の関係を
    お互い咀嚼するには相当分量必要はもちろんだけれど
    それでも会話で饒舌に説明しすぎではなかろうか
    2人のキャタクタでもないと思うし
    だらだら引き延ばさなかったのは良いけれど
    もっと家族や友人の介在あって良い...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年12月14日

    久しぶりに読んだコバルト作品でしたが、面白くて1巻から最終巻までいっきに読んでしまいました。二人のコンビとしての活躍はもちろん、マザーグースにまつわる数々の事件もよく考えられていてとても楽しめました。お話はこの巻で最後とのことでしたが、欲を言えばセシルとジュリアン、周りの人たちのその後を読んでみたい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年09月09日

    “懇願する瞳で、セシルはジュリアンを見つめた。
    「だってジュリアンにもしものことがあったら、わたし、もう生きていけません」
    「セシル……」
    ジュリアンが、息を呑みこんだまま動きをとめる。
    やがて根負けしたように、彼は視線をうつむけた。
    「……まいったな」
    夜風にさらわれる銀の前髪の奥から、やるせない...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2013年07月02日

    前巻がかなり気になるところで終わったので、すごく楽しみにしてました。(発売日の前日にうっかり本屋3軒ハシゴするくらい)(もちろん発売日前なので入手できず)
    シリアスな空気は、一転していつものミステリーに。まさか冒頭すぐにセシルの無事が描かれるとは。ほっとした反面、少し物足りない感が

    リーズとの謎...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

英国マザーグース物語 のシリーズ作品 1~6巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~6件目 / 6件
  • 英国マザーグース物語1 婚約は事件の幕開け!
    19世紀、大英帝国の首都――ロンドン。偉大な探検家である当主が亡くなり、長男が爵位を継ぐことになったアッシュフォード子爵家。長女セシルはといえば、子爵家の未来のため、顔も知らない相手と結婚することが決まっている。だが、好奇心旺盛な彼女は、結婚までの一年間、“新聞記者”になるという前代未聞の行動に出た! 「子爵令嬢」という正体を隠し、少年姿で働くセシルの前に現れたのは……!? 大ヒッ...
  • 英国マザーグース物語2 新聞広告には罠がある!?
    19世紀末のロンドン――。ある目的のため、セシルは見習い記者として働いている。令嬢という身分を隠し、性別さえも偽る生活だが、仕事上のパートナーであるジュリアンとの仲はとても良好だ。そんな今、ロンドンの街は“怪盗ブラックバード”の話題で持ちきり! あざやかな手口で貴族の邸宅から宝飾品を盗み、黒い羽根を残して消える大怪盗――。ある日、セシルは、怪しい新聞広告に目をとめて…? 大ヒット、...
  • 英国マザーグース物語3 哀しみのロイヤル・ウェディング
    19世紀末、ロンドン。“殺人床屋”に関する有名な都市伝説を記事にすることになったセシル。取材を続けるうち、床屋は実在するのではという疑惑を抱いて…!? また、アッシュフォード家に一大イベントが訪れた。皇太子妃のアレクサンドラからお茶会に招かれたのだ! あたたかい人柄と、絶世の美貌に恵まれた皇太子妃。だが、彼女の結婚生活は決して幸せではないことを知ってしまったセシルは……。大ヒット、ヴ...
  • 英国マザーグース物語4 裏切りの貴公子
    ガイ・フォークス・デイが間近に迫り、ロンドン中がにぎわう11月。セシルは隻眼の青年・クリストファーと再会するが、思わせぶりな彼の“言葉”に、戦慄を覚える。だが、それはすべての始まりだった! 伝説の黒妖犬(ヘルハウンド)、行方不明の彫版師、ジュリアンの兄を知る美しい歌姫――すべてのピースが揃ったとき、セシルとジュリアンの関係を大きく変化させる出来事が…!! ついに「真実」を打ち明ける...
  • 英国マザーグース物語5 聖夜に捧ぐ鎮魂歌(レクイエム)
    ジュリアンは、政府の間諜(スパイ)だった――。彼の目的が、セシルの父や、子爵家の内情を探る事だと知ったセシルは、「愛してる」というジュリアンの告白を信じることができない。彼が去った新聞社で、ひとり記者の仕事を続けるセシルの元に、一通の招待状が舞い込む。王家主催の舞踏会…これにはクリストファーの思惑が絡んでいると予測したセシルは……。引き離されたふたりに、新たな危機が迫る!! 大ヒッ...
  • 英国マザーグース物語6 花咲けるきみと永久(とこしえ)の歌【電子特別版】
    【電子特別版】セシルが自分自身に向けて銃を撃った、そのとき――救出に駆けつけたジュリアンの従者の機転により、セシルの身は守られ、女王の暗殺も未遂に終わる。だが、クリストファーは「ロンドンで最後のゲームをする」と宣言し、闇に消えてしまう。やがて、ロンドンの街で、ある“特徴”が刻まれた遺体が発見されて…!? ふたたびパートナーとなったセシルとジュリアンの想いが交錯する、衝撃と涙の完結巻...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています