ある日突然どういうわけか地球の重力が強くなり、そこへまた緑死病なる奇病まで発生して世界は無秩序、大混乱! アメリカ合衆国もいまや群雄割拠、ミシガン国王やオクラホマ公爵が勝手放題をしている始末。ジャングルと化したマンハッタンの廃墟では、史上最後の合衆国大統領が手記を書きつづる--愚かしくもけなげな人間たちが演ずるドタバタ喜劇、スラップスティックの顛末を……涙と笑いとハイホーに満ちた傑作長篇

ジャンル
出版社
早川書房
掲載誌・レーベル
ハヤカワ文庫SF
ページ数
288ページ
電子版発売日
2013年06月14日
コンテンツ形式
.book
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

スラップスティック

Posted by ブクログ 2017年04月17日

史上最後のアメリカ大統領がじぶんの思い出話をつづる。自分そっくりの双子の姉のこと、重力が不安定になった日のこと、かわいい孫娘のこと、その他いろいろ。
冷静な評価がもお一切できないくらいどっぷり大好きな小説である。これよりもバカバカしい小説は、そしてこれよりも美しくてかなしい小説は知らない。
そう、バ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

スラップスティック

Posted by ブクログ 2014年08月16日

考えずに読むと面白く、考えて読むと更に考えさせられて面白い作品。
シリアスな笑いとも呼ぶべき、糞真面目さとユーモアや皮肉が奇跡的に融合した文体は翻訳者に依る部分もあるかもしれないが、同氏の他作品にも興味がわいてきた。
ハイホー。

このレビューは参考になりましたか?

スラップスティック

Posted by ブクログ 2013年03月15日

SFというより昔話、民話の趣がある一冊。素晴らしかったです。色々なものが抽象化されて詰め込まれている気がする。特にお姉さんのくだり。
それにしても本の数十年前にはアメリカにもこんなに自由な思想があったのだ。アイロニックに見えて、今の視点から見ると逆にポジティブで牧歌的。
「(略)あなた方がもし諍いを...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

スラップスティック

Posted by ブクログ 2013年01月16日

スローターハウス5以前の作品の方が好きなんですが、これは良かった!
優しい雰囲気に包まれた小説です
色んな場面が本当に秀逸
卒業記念パーティでの姉との再会シーンが素敵すぎる

前作のチャンピオン達の朝食は陰鬱とした雰囲気でしたが、こちらはほのぼのとしてます

ま、世界がほぼ終わる話なんですがね

このレビューは参考になりましたか?

スラップスティック

Posted by ブクログ 2010年01月30日

(悲)喜劇として捉えた場合の人生を、ぐっと凝縮したような作品。タイトルほどにはドタバタしていないが、ドタバタであるがこその哀しさ、誠実さというようなものはしっかりと滲みでているような気がした。SFチックだけど読みやすく、実に良い。

このレビューは参考になりましたか?

スラップスティック

Posted by ブクログ 2009年03月11日

笑いと涙。

そこにあるのは単純な感情ではないはずだ。

壮大な舞台で見る、
一人劇のような爽快さと寂しさを
同時に感じ取れる秀作です。

このレビューは参考になりましたか?

スラップスティック

Posted by ブクログ 2008年07月15日

副題は「または、もう孤独じゃない!」。ヴォネガット1976年の作品。
ここでのテーマは拡大家族。そう、ヴォネガットが生涯テーマにした「拡大家族計画」だ。

「スラップスティック」は、設定も展開も登場人物も、なにもかもがハチャメチャで奇想天外。
特に、主役のスウェイン医師と姉のイライザとの「お祭り騒ぎ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

スラップスティック

Posted by ブクログ 2016年10月03日

魅力のありかがどうにも分からない。分からないのだけど琴線に触れるなにかがある。そんな気持ちがしています。

無人島にもっていくとしたら? というときに上位に入ってしまうかも知れない一冊です。
傑作! だとか絶対におすすめ! などとはなかなか言えそうにないけれど。

フィクションとリアリティのバランス...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

スラップスティック

Posted by ブクログ 2012年11月26日

世界が終わり破壊されたあとにでも、人は家族として支えあいあるいは憎み合ったり離れたり、つまりは身内として生き、自分の血を新しい生命に託そうとする。末尾を締めくくるメロディの物語が示すように、たとえ世界が滅びてもその先にやはり希望はあるのだ

このレビューは参考になりましたか?

スラップスティック

Posted by ブクログ 2011年12月05日

主人公の波瀾万丈の人生を綴った手記。たとえ悲劇であってもそうとは感じさせない文章は、ヴォネガットらしくて読んでて心地よかった。
泣き笑いの人生、人の繋がりっていいなと思える作品だった。

このレビューは参考になりましたか?