熱帯感傷紀行 -アジア・センチメンタル・ロード-

熱帯感傷紀行 -アジア・センチメンタル・ロード-

作者名 :
通常価格 506円 (460円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

「旅のプランは何もなかった。旅の目的がもしあるとすれば、逃げることだったかもしれない。終わりかけている恋人と、担当編集者から」(本文より)失恋、スランプ、貧乏と三重苦のわたしを待ち受けていたアジアの熱気と混沌。タイ人(男性)にしつこくナンパされ、かき氷の誘惑に耐え切れずお腹を壊し、スマトラの暴走バスに命からがら……。それでも貧乏旅行はやめられない! 山本周五郎賞作家が綴る楽しくてちょっとほろ苦い失恋旅行記。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
エッセイ・紀行 / 紀行
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2013年05月31日
サイズ(目安)
2MB

関連タグ:

熱帯感傷紀行 -アジア・センチメンタル・ロード- のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    これは巡礼の旅ではない。
    これは冒険旅行ではない。
    三十を過ぎた女の、いじましい貧乏旅行記である。

    という後書きの本書。日頃は「一人旅なんて・・・」と冷めた眼で見ている私もこの旅はかっこいいと唸ってしまう。
    何度も手に取り読んでいます。グローバル化がもっと進んでしまう前に、アジアに行きたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    作家買いしたくなるぐらいになると、作者の事が知りたくなるんだよね。だから中山可穂の本がとても気に入ってる人はこれ読んでも普通に気に入ると思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    中山果穂は女同士の恋愛の小説ばかり書いていて、実はそれも大好きで、ほとんど読んでいますが、この本は最初、いいと思わなかった。なのに、何度も読むうちどんどん好きになっていった不思議な本です。作者は失恋してアジアをバックパック旅行するのだけど、ほろほろ切なく泣いてばかりの作者に共感するわけでもないのに、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    可穂さんの性格やら何やらが覗けて嬉しい気持ちに浸れますwアジアへ観光へ行く人は、彼女の本を読み、彼女並みの度胸を身に着けておきましょう。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年08月26日

    著者の旅行記。
    中山可穂さんが女1人でアジアを渡り歩く様は、逞しさと危なっかしさが混在してて、まさに失恋から逃げているよう。
    たかのてるこさんとかとは全然違った旅行記です。

    以前、何度も何度も読み返した本だったんですが、久しぶりに読んだから以前と印象が違いました。
    危なっかしさにセンチメンタルを感...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年09月19日

    中山 可穂さんの旅行記。おもしろかったです。
    海外旅行はまだ二度目、アジアは初めてとのことで、旅慣れてない感じが楽しいです。
    アジア旅の旅行記はよく読みますが、おもしろいものが多いですね。
    女性の旅っていうのは、ナンパされたりして大変そうですね。女性の旅行記は、男の視点とは違う点が多々あり、おもしろ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

     わたしのたったひとつの望みは、記憶喪失になることだった。あのひとにつながるすべての記憶を忘れたい。忘れなければ生きていけない。
    (P.67)

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年10月13日

    本人の紀行文であるがゆえに、それだけ距離をおいて読める、とも、逆に、切ない、とも言える。私にはないエネルギーに圧倒される。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    友人が同じ作者の「感情教育」という本が面白いというので、大学の書店に行ってみたら、
    その本は品切れで、この本があった。
    題名の良さでつい買ってしまったが、
    もの凄く新鮮に感じた。
    金子光晴の「マレーシア蘭印紀行」や沢木耕太郎の「深夜特急」とはまた違った文章のタッチで、
    女性らしさが出ていて...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2013年12月23日

    著者が仕事の行き詰まりや失恋のショックから逃避するためアジア各国を巡った時のエッセイ。

    著者の破滅的な行動とアジアの煩雑な雰囲気があいまって面白かった。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています