これがニーチェだ

これがニーチェだ

作者名 :
通常価格 702円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

ニーチェが問うた真に本質的な問題とは何か。哲学とは主張ではない。徹頭徹尾、問いである。〈神の死〉を語り、道徳を批判し、力への意志を説いた希代の哲学者の問いの構造を、見るも鮮やかに抉り出す快著。(講談社現代新書)

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社現代新書
ページ数
221ページ
電子版発売日
2013年05月17日
コンテンツ形式
EPUB

「これがニーチェだ」のユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2018年10月17日

最高の一語。ニーチェ何冊か読んだ後だと確かに「中和」の必要性を感じるが,それでもここまで核心をえぐり,網羅的で,ロマンティックに,かちっとした形式も備えて,笑える文体で思想家を論じるなんて人間業じゃない。前読んだときは第二空間のあたりが理解しにくかったが,今ならよくわかる。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年05月08日

タイトルが不遜だとして批判している評を頻く見かけるが、誤読するを語るに落ちていることに失笑せざるを得ない。もちろんこのタイトルは意図的に一種のギャグであり、ニーチェ流デュオニソス的明るいニヒリズムの正鵠を得た表現である。ニーチェキーワードを時系列に並べながら、むしろ非論理的に、古い言い方ならスキゾ的...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年10月03日

昔読んだような気がするが、なんとなく気になって読むことに。結果、大正解。誤解を恐れずに言えば、たいしたことは言ってないんだが、当たり前のことを回りくどく言う、いや示すのは気持ちいいなと。

もちろん完全に永井さんのことを理解はしてないが、この本から肉をそぎ落として骨だけにするとそうたいしたら、相対主...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2014年05月25日

筆者の解釈ではあるが、ニーチェ哲学の危険な面も含め、純粋に学問的に、容赦なく解説している書。(筆者の言葉を借りると)反社会的な内容が多分に含まれる。
社会人が読めば怒りを覚えるかもしれないが、学生が読めば一般にタブーとされる内容にまで踏み込んだ議論がされているのでスカッとするかもしれない。

また、...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2013年12月12日

とても興味深く読めた。
おそらく難解であろうニーチェをわかりやすく解説してくれている。とはいえそれでもじっくり読まないと途中で分からなくなってしまうけど。
ニーチェの思想の変遷を、筋道に沿って追って行っている感があり、納得しやすい。
いろいろと参考になることが書いてあるので、また読みたい。
以下、印...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

漫画やラノベ 1冊まるごと無料!

今日読めるのは13,825

1冊まるごと無料で読める作品を常時配信中!人気作品が毎週追加!