教科書に載ってないUSA語録

教科書に載ってないUSA語録

作者名 :
通常価格 794円 (722円+税)
紙の本 [参考] 1,100円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ブックライブ10周年記念】特別企画開催中!

作品内容

「週刊文春」人気コラムを1冊に。新聞、テレビ、ウェブでは分からない超大国アメリカの素顔とは。現地在住の著者が、「日本人の知らないアメリカ語」ともいうべき名言、失言、流行語から読み解きます。イーストウッド監督の「今、アメリカはハーフタイムなんだ」との言葉に、自信を失ったアメリカ国民はみな涙を流したとか。連載でおなじみの澤井健さんによるギャグセンスあふれるイラストも収録。まさに町山ワールド全開ともいうべき、1級のアメリカ批評本です。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
社会・政治 / 国際
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
週刊文春
ページ数
415ページ
電子版発売日
2013年04月12日
紙の本の発売
2012年10月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
22MB

教科書に載ってないUSA語録 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年02月14日

    週刊文春でのコラムをまとめたUSA語録第1弾。2010年から2012年ぐらいのまとめです。

    2019年2月の今読むと懐かしくなるような事柄ばかりであり、もう10年近く前のことがよくわかります(おそすぎる!)

    町山智浩さんのコラムはアメリカの政治あり、事件あり、エンターテイメントありと様々なジャン...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年05月02日

    購読している雑誌(イングリッシュジャーナル)にとても秀逸な記事を書かれているのですが、まー面白かった。アメリカもやっぱりどうしてももう少し理解したい国。特にアメリカの今について掴みにくいところを押さえてくださいます。

    現地暮らしの強みを生かし、また実に分かりやすい論調と秀逸な切り込み方でいろいろと...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年03月24日

    アメリカ在住の町山智浩さんが書いたコラム本。アメリカで流行っている新語や流行語をタイトルにコラムを書いている。


    町山さんのコラムは面白いと思うものから考えさせられるものもあり、ご自身もアメリカではマイノリティなのでアメリカの現状を皮肉る事が出来る立場で痛快に書いている。


    今回、一番面白かった...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年01月19日

    週刊文春の連載を一冊にまとめた書籍。いや、おもしろかった。LIkeとかlolとかSike!とかSextingとかLurzとか‥。言葉として走っていたけれど、アメリカでの使われ方を具体的に紹介してあって最高。そういう背景があるのね、と。挿入されているイラストもトピックを楽しませてくれる。
    アメリカでは...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年11月20日

    短いコラムだが的がぶれずにすっきりして楽しめる文章。で、密度もかなり濃いのがうれしい。マニアックさも程よく混ざり、まさにうんちくを得たい中年おやじの自分にぴったしの本。400pで1000円という安さもうれしいが、意外にこのごわごわ紙がめくりやすい。難点は書店購入時にカバーをつけてもらうときに、サイズ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年08月26日

    読むとちょっと頭がよくなった気がする。ほんとうにアメリカ人って自分勝手でだまされやすいの?って思ってしまう。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年06月04日

    ボリュームたっぷり。TMIってまさにイマドキ。
    ウディ・アレンとミア・ファローの息子の件、ちょっと前に最新情報をラジオで話されてたような…新刊に載ってるかな。
    自分の米国情報は町山さんほぼ発信のもの。それでええのんか…とにかく異国の話はなんでもおもろい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年05月24日

    最近出た第2集を読む前にこちらを購入。
    ケッサク。
    英語の勉強というより、USAの社会勉強になる。
    2009~2012年に週刊文春に掲載されたものなので、時事ネタとしてはさすがに古くなっているけど、懐かし面白い。
    トホホな話がほとんどだけど、逆にこの大国に親しみを持つ。
    ちょっとお下品な話題もOKな...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年09月06日

    著者は米国在住のコラム二スト。現地で流行ってたり話題になったりしている単語や一文を題材に米国社会について語っています。日本では報道されないここ数年の向こうの空気みたいなものがわりと生々しく伝わってきます。一話数ページの短いコラム。電車で読むのに丁度良かった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年10月24日

    確かにこういうことは日本にいるとあまり伝わってこない情報。
    町山氏のコラムは相変わらず面白い。絵も秀逸。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

教科書に載ってないUSA語録 に関連する特集・キャンペーン