面白い本
作者名 :

1巻配信中

価格 756円 (税込)

面白いにもホドがある! 書評サイトHONZの代表が太鼓判を押す、選りすぐりの面白本100冊。ハードな科学書から、シュールな脱力本まで。いずれ劣らぬ粒ぞろい。一冊でも読んだら最後、全冊読まずにいられなくなる。本代がかかって仕方がない、メイワク千万な究極ブックガイド。

ジャンル
出版社
岩波書店
掲載誌・レーベル
岩波新書
ページ数
194ページ
電子版発売日
2013年03月22日
紙の本の発売
2013年01月
コンテンツ形式
XMDF
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

面白い本

Posted by ブクログ 2014年11月06日

[ザ・一級メニュー表]ズバリ、著者が考える純粋に面白いノンフィクション100冊を紹介した作品。幼い頃に『水滸伝』に触れたときから、寝ても覚めても読書漬けという著者によって厳選された一級の品々が勢揃いしています。著者は、書評サイト「HONZ」代表の成毛眞。


そりゃ面白い本を紹介しててそのタイトルが...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

面白い本

ネタバレ

Posted by ブクログ 2014年02月05日

面白いにもホドがある! 書評サイトHONZの代表が太鼓判を押す、選りすぐりの面白本100冊。ハードな科学書から、シュールな脱力本まで。いずれ劣らぬ粒ぞろい。一冊でも読んだら最後、全冊読まずにいられなくなる。本代がかかって仕方がない、メイワク千万な究極ブックガイド。

このレビューは参考になりましたか?

面白い本

Posted by ブクログ 2013年12月22日

HONZの成毛さんオススメのノンフィクション100冊。それぞれに数行の要約があり、本書を読めば100冊をなんとなく読んだ気になれるというメリット有り。

このレビューは参考になりましたか?

面白い本

Posted by ブクログ 2013年08月05日

素晴らしいセレクト

既に読んでいた本の全てが素晴らしかった

著者の人間的な部分にはあまり共感できないが、本書は共感できます

また、レビューが面白いので、所有する価値あり

このレビューは参考になりましたか?

面白い本

Posted by ブクログ 2013年06月07日

さすが成毛さん、読みたい欲求刺激されまくりです。手帳の中に「こんなにたくさん読めないでしょ」って自分に突っ込みたくなる冊数のブックリストが出来上がりました。

このレビューは参考になりましたか?

面白い本

ネタバレ

Posted by ブクログ 2013年05月25日

本がすき、読書がすきという気持ちがひしひしと伝わってくる。ページの数字に仕込んでるみたいにページごとに伝わるから面白い。

片っ端から読んでみたいが、もしこの100冊からとりあえず15冊選ぶなら、
全国アホ・バカ分析考~はるかなる言葉の旅路(新潮文庫)
マタギ~矛盾なき労働と食文化
さいごの色街 飛...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

面白い本

Posted by ブクログ 2013年05月03日

題名の通り作者が面白いと認めたノンフィクション100冊を紹介した(ある意味、ただそれだけの)本。

ここに紹介されている100冊のうち、たった1冊しか読んだことなかったワタクシ。
今まであまり手出しをしていなかった分野のノンフィクション、読んでみよう!と思わせてくれるワクワクする本でした。

この本...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

面白い本

Posted by ブクログ 2014年04月30日

自分の知らない世界がこんなにもあるのかと気づかせてくれるだけでも本書を眺める価値は十分にある。

すぐにでも読みたい本に付箋をつけながら読み進めていったら、付箋をつけた作品は20冊であった。

さて、積読本もふえてきているのだがどうしたものだろうか。買う、買わないで迷っているのではなく、とりあえず付...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

面白い本

Posted by ブクログ 2014年03月24日

書評サイトHONZ代表成毛真氏のブックガイド

ノンフィクションから100冊 
ピンポイント歴史学 学べない生き方など8つのテーマで
割と読みやすい本が選ばれてます。

ぼくらの頭脳の鍛え方が上級者向けとしたら
中級者向けといったところです。

また、

日本人の9割に英語はいらない

本は10冊...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

面白い本

Posted by ブクログ 2014年03月20日

この本を読むと紹介されているノンフィクションの本が読みたくなってきて仕方がない。読みながら思ったんですが、この本で紹介されている本を近所の書店で目にすることはほとんど無いな、ということ。そこそこ都会の書店でないと、出会うことなく終わってしまいそう。どちらかと言うと、都会から離れた所に住んでいる愛読家...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?