螢と鶯 鳴神黒衣後見録

螢と鶯 鳴神黒衣後見録

792円 (税込)

3pt

3.5

思いのすべてが迸る! だから、芝居はやめられない――
黒衣には黒衣のこだわりが、役者には役者の執念がある。
若手だからって譲れない「舞台」への想い、果てなき道。

畑で大根を盗んでいた文無しは、江戸三座に追いつこうと意気込む鳴神座の狂言作者・石川松鶴に拾われた。
狸八と命名され下働きとなるが、実は大店育ちで掃き掃除さえできない狸八は、一座のお荷物に。だが、舞台で大雨を降らせるという松鶴が出した難題を見事解決。自らの生きる道を見出して……。
裏方と若手役者が芝居にすべてを捧げる熱気と狂気の物語。

...続きを読む

詳しい情報を見る

閲覧環境

  • 【閲覧できる環境】
  • ・ブックライブ for Windows PC(アプリ)
  • ・ブックライブ for iOS(アプリ)
  • ・ブックライブ for Android(アプリ)
  • ・ブックライブ PLUS for Android(アプリ)
  • ・ブラウザビューア

※アプリの閲覧環境は最新バージョンのものです。

鳴神黒衣後見録 のシリーズ作品

1~2巻配信中 1巻へ 最新刊へ
1~2件目 / 2件
  • 螢と鶯 鳴神黒衣後見録
    792円 (税込)
    思いのすべてが迸る! だから、芝居はやめられない―― 黒衣には黒衣のこだわりが、役者には役者の執念がある。 若手だからって譲れない「舞台」への想い、果てなき道。 畑で大根を盗んでいた文無しは、江戸三座に追いつこうと意気込む鳴神座の狂言作者・石川松鶴に拾われた。 狸八と命名され下働きとなるが、実は大店育ちで掃き掃除さえできない狸八は、一座のお荷物に。だが、舞台で大雨を降らせるという松鶴が出した難題を見事解決。自らの生きる道を見出して……。 裏方と若手役者が芝居にすべてを捧げる熱気と狂気の物語。
  • ひとつ舟 鳴神黒衣後見録
    902円 (税込)
    一座の未来に、自分の姿はあるか―― 見習い黒衣の狸八は、肝心の場面でしくじってしまう。 裏方として舞台を支える中で見つけた、進むべき道は… 若者たちの芝居への情熱がほとばしる好評シリーズ第2弾。 元は大店の長子だが道を踏み外し狂言作者見習いとなった狸八は、芝居一座鳴神座に少しずつ馴染んでいく。平家物語の一節、那須与一が扇を射る場面を駆け出しの役者たちで演ずるにあたり、狸八が黒衣を務めることに。 矢を受けて高々と舞う扇を演出する役目だ。しかし初稽古に思わぬ落とし穴が……。 失態を犯し針の筵の狸八は、再び己の居場所を作るべく奮闘する。

※期間限定無料版、予約作品はカートに入りません

螢と鶯 鳴神黒衣後見録 のユーザーレビュー

\ レビュー投稿でポイントプレゼント / ※購入済みの作品が対象となります
レビューを書く

感情タグBEST3

    Posted by ブクログ

    落ちぶれた大店の元跡取り息子が、芝居小屋に拾われ、己と、他者と向き合っていく再出発の物語。

    何かを作ることの喜びや、人に揉まれていくことのリアルを感じた。
    華も厳しさも持ち合わせる役者たち、なんだかんだと面倒見のいい作者部屋の面々、人間味のある銀。彼らに囲まれて己の新しい輪郭を得ていく狸八に、心を

    0
    2024年01月07日

    Posted by ブクログ

    芝居小屋のお仕事小説という感じだ。
    曲のある人達がそれぞれの役割を担い、芝居を成立させる。
    まだ、芝居小屋の仕事の説明と、登場人物の紹介だけで、ストーリーを深めるのは、これからか。次を期待したい。

    0
    2024年01月03日

螢と鶯 鳴神黒衣後見録 の詳細情報

閲覧環境

  • 【閲覧できる環境】
  • ・ブックライブ for Windows PC(アプリ)
  • ・ブックライブ for iOS(アプリ)
  • ・ブックライブ for Android(アプリ)
  • ・ブックライブ PLUS for Android(アプリ)
  • ・ブラウザビューア

※アプリの閲覧環境は最新バージョンのものです。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

祥伝社文庫 の最新刊

無料で読める 歴史・時代

歴史・時代 ランキング

佐倉ユミ のこれもおすすめ

同じジャンルの本を探す