フツーの会社員だった僕が、青山学院大学を箱根駅伝優勝に導いた47の言葉

フツーの会社員だった僕が、青山学院大学を箱根駅伝優勝に導いた47の言葉

作者名 :
通常価格 1,430円 (1,300円+税)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

2015年の正月まで、私は一部の熱心な駅伝ファン以外、誰も知らない無名の監督でした。さらに言えば、私の現役時代は箱根駅伝出場、オリンピック出場などという華々しい経歴は皆無。そんな私が、なぜ青学陸上競技部で結果を出せたのか。
それはきっと、営業マンとして実績を積み重ねる過程で、チームをつくり上げるにはなにが必要なのか、人を育てるとはどういうことなのかなど、たくさんのことを学んだからです。そして、それをスポーツの現場に持ち込めば成功するのではないかと思っていたのです。ダメダメだった私だからこそ、今までの常識にとらわれずに、陸上界の常識を打ち破ることができたのだと思います。
ビジネスのグラウンドには、「人と組織」を強くするノウハウがたくさん埋まっています。ビジネスで培われ、青学陸上競技部で醸成された「ノウハウ」が、今度は皆さまのビジネスの現場で一つでもお役に立てられれば、これほどうれしいことはありません。(プロローグより)

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 哲学・宗教・心理
出版社
アスコム
電子版発売日
2019年08月30日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
11MB

フツーの会社員だった僕が、青山学院大学を箱根駅伝優勝に導いた47の言葉 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年04月07日

    ・箱根駅伝優勝の裏でどんな戦術や戦略があったのか書かれていて、すごくかんがえているなと思いました。
    ・何事も土台(基礎)固めは大切だなと思いました。
    ・選手が一人一人考えられる環境を作り、監督としての役割をしっかり真っ当している人だなと思った。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月17日

    青学陸上競技部の原監督の2冊目。
    こちらは箱根初優勝後に書かれたものかな。いかにして組織力を高めてきたかが書かれている。そのどれもが頷けるものばかりだが、特に感じたのは監督という立場をプラスにさせる事。一般的に監督と言う響き自体が偉い人や権力を持ち、逆らってはいけない人と言うイメージがあるが、そのよ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月20日

    無名から常勝軍団に導いた経験からの言葉が胸に響きます、陸上経験者だけじゃなく、ビジネスマンにもオススメ!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年04月27日

    原監督が結果を出したことにより、日本中のスポーツ指導者が自分たちの指導法を見直したに違いない。思考力・判断力・表現力の育成は学習だけでなく、スポーツにおいても実践されるべき。そして古いやり方を踏襲している組織は衰退していくはず。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月04日

    普通のビジネス組織とは違って、4年で人が入れ替わる組織は特殊だけど、理に適ってるんだな。
    早く高校野球の監督して欲しい。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    新時代の教育法

    daniel 2020年01月12日

    今までの教育界とは、一線を画す指導法ですが、とても合理的で納得のいくものになっています。あれだけ青学が箱根駅伝で継続して結果を出しているのか、よくわかるものになっています。
    現在の教育を見つめ直すのに、とても良い本です。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年09月02日

    読んだ方がいい!おススメ。
    伸びる人間には覚悟がある。
    3.6.19.21.22.28.31.32.33.37.40.42

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年10月02日

    青山学院大学を箱根駅伝優勝に導いた原監督の本。
    『誰がやっても強い組織をつくりなさい』と言う箇所が特に素晴らしい。並のビジネス書よりも遙かに有益だと思う。しかし実践は難しいと感じた(模倣するにも時間がかかることが多い。)

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月18日

    最初から自主性ではない。
    基礎があっての発展。ここを勘違いしてはいけない。良い土壌を作る。まずはそこ。いくら良い種を植えても土壌が悪ければ腐る。良い芽はでないのだ。寮生活で学生と共に生活し、生活習慣を変え、土壌を整える。1~10まで教え、コーチチングした上で、任せられる所は任せていく。核になるリーダ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月04日

    「よくテレビでみる監督だから」という軽い感じで選んだ本だったが、部活のマネジメントの話がここまで仕事にも通じる部分が多いとは、と大変参考になった本。

    【なるほど!そうだよな!と思ったフレーズ】
    ・長期的に繁栄を続ける企業のように、トップが変わってもぐらつかない組織を目指した。
    ・テンションが落ちた...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています