春とみどり(1)

春とみどり(1)

作者名 :
通常価格 627円 (570円+税)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

好きだった親友の娘を引きとりました――。人づきあいが苦手で、どこにいても居場所がないと感じているみどり(31)は、中学時代好きだった親友・つぐみの葬儀で、つぐみと瓜二つな彼女の娘・春子(14)と出会う。……居場所がないみどりと居場所をなくした春子、そんなふたりが織り成すセンシティブ同居譚。

ジャンル
出版社
フレックスコミックス
掲載誌・レーベル
COMICメテオ
電子版発売日
2019年04月12日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
48MB

新刊オート購入

書店員のおすすめ

1人でいたくないけど、輪の中に入れない……。
仲良くなりたいけど、一歩が踏み出せない……。
新しい環境に飛び込んだ時の、居心地の悪さや心細さを感じている人に、ぜひおすすめしたい作品です。

本作は、人付き合いが苦手な主人公・みどりが、学生時代の唯一の友だちのつぐみの死をきっかけに、つぐみの娘・春子を通して、新しい一歩を踏み出す物語です。
勇気がでなくて、他人を受け入れたり、わかり合ったりすることができなかったみどりは、クラスの中心で太陽のように明るいつぐみに救われます。みどりにとってつぐみは、社会人になっても忘れられない、大切な人。そんなつぐみの一人娘を、「与えてもらったものを返したい」と引き取り、2人きりの生活が始まります。

つぐみと顔がそっくりで、まだ中学生なのに大人びていてしっかりしている春子と、いい大人なのに一人暮らしもままならないみどりのでこぼこな同居生活。
他人と暮らすことで、みどりは人を思いやることや分かり合うことを知っていきます。

人が変わるのに遅いことはなく、人はどこまで変わってゆけるのですね。
自分の居場所を作るのに必要なのは、ほんの少しの勇気だけ。
喜びも悲しみも分かち合える幸せ、変化していく喜びを、噛みしめたい作品です。

    Posted by ブクログ 2019年11月12日

    パラパラ読みは、したくない本でした。
    台詞などは少ないのかな?という程度。
    一気読みすると、先が気になる。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ購入済み

    設定がイイ

    yubr00 2019年12月16日

    この作者さんの読み切りで興味を持ち、こちらの新作も読みました。設定も好みな感じで、メインの二人のキャラもイイ!

    このレビューは参考になりましたか?

シリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • 春とみどり(1)
    627円(税込)
    好きだった親友の娘を引きとりました――。人づきあいが苦手で、どこにいても居場所がないと感じているみどり(31)は、中学時代好きだった親友・つぐみの葬儀で、つぐみと瓜二つな彼女の娘・春子(14)と出会う。……居場所がないみどりと居場所をなくした春子、そんなふたりが織り成すセンシティブ同居譚。
  • 春とみどり(2)
    627円(税込)
    荷物整理のため、春子達が住んでいた家へとやってきたみどり。亡きつぐみの荷物が気になるみどりだったが、春子は、つぐみとの思い出を捨てようとする。つぐみとの思い出に救われてきたみどりは、受け入れられず、すれ違うふたり。そして春子につぐみの面影を見てしまうみどりはひとり悩み……。ふたりの同居生活はどうなってしまうのか? 好きだった親友の娘と暮らすOLと女子中学生の同居譚第2巻!

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています