シュトヘル(1)
  • 完結

シュトヘル(1)

作者名 :
通常価格 605円 (550円+税)
紙の本 [参考] 649円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

見知らぬ時代、見知らぬ国の戦場。その凄惨な光景を毎夜、夢に見る高校生の須藤。ある日、楽器の工場である彼の家に、転校生の鈴木さんが訪ねてくる。彼女がその場で馬頭琴を奏で“シュトヘル”と唱えた途端、須藤は時空を越え、夢で見た国の女戦士に姿を変えていた。そして目の前には、鈴木さんに瓜二つの少年が。その少年は須藤に“シュトヘル”と呼びかけ…。

カテゴリ
少年・青年マンガ
ジャンル
青年マンガ
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
ビッグコミックスピリッツ
電子版発売日
2013年03月05日
紙の本の発売
2009年03月
サイズ(目安)
58MB

シュトヘル(1) のユーザーレビュー

    購入済み

    描写や画力が高いです

    りばー 2020年09月06日

    故郷の西夏を攻めるモンゴルに対して復讐しようとする女性・シュトヘルの話です。

    シュトヘルの獣のような描写が残酷で美しい!
    また他に出てくる獣たちやその爪や牙も、忠実に描かれていてリアルです?

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年04月05日

    13世紀中国。タングート。西夏文字。今迄読む機会のなかった題材なので気が引けたのだが、物は試しと気まぐれで手に取った。
    凄かった!その言葉につきる(語彙力皆無)
    ゾクゾクする程の凄まじい画力!
    戦闘描写の迫力もさることながら、人物の表情も生き生きとしていて凄い!
    あらゆる意味で魅せる絵だと思う。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年02月23日

    使えないのに、使える理由のはじまり。
    シュトヘルのはじまり。
    彼女の過去はだいたいこれだろうね。
    文字をめぐる戦い、っていうのがまずスゴイ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年07月07日

    「皇国の守護者」は読んでないけど気になってたんですが…
    これは、スゲエ。

    作者は女性、と聞いて二度ビックリ。
    最近は女性の方が「血沸き肉踊る」物語を
    力いっぱい描いてる気がします。

    ともかくオススメ。
    少年の成長物語としても、青年の復讐譚としても、
    オオカミ少女物語(笑)としても。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年06月10日

    冒頭は現代。
    主人公・須藤が転校生・スズキと出会い、13世紀初頭のへトリップする所から物語が始まる。
    シュトヘル(悪霊)と呼ばれる賊になってしまった主人公はスズキに瓜二つな少年・ユルールと出会い、自分(シュトヘル)が何者なのかということ、そして旅の目的を知る。

    今巻はプロローグの様なもので続巻以降...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年03月05日

    作者は野性味のある描写が独特ですが、それが好きな方には溜まらない作品です。
    戦中の前世の夢を見ていた主人公が、殺人を繰り返す女の賊という前世の体で前世の時代に生きるお話です。
    西夏国というかつてあった国の文字を存在からなくしてはいけない、と玉音銅という辞典を守る旅をする男の子と彼に共する老人、そして...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年11月21日

    皇国の守護者という漫画がございまして、その本が好きでございました。
    それから伊藤様の本を調べ、シュトヘルにたどり着きました。
    皇国の守護者でもそうであったように豪快なペンの走り方や表情の描き方、物語の展開はもとより、感情溢れる絵の表現がたまらなく好きです。
    内容は言わずもがな大変わくわくし、次が楽し...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年11月26日

    続かない命と感情、続いていく文字や記録の起源の話。とても絵があざとくなくさっぱりしているが、生命力がある

    貸す漫画にはずれがないことで定評のある友人から借りる

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年05月07日

    雑誌で第一話を読んだ瞬間から惹き込まれました。
    やはり伊藤悠さんは戦場の見せ方が上手い!!私が知るなかで断トツで戦場での躍動感、高揚、残忍さ、殺しの所作の表現が上手いです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年05月05日

    何かのマンガを買った時に挟まってたチラシで紹介されてて、出版社の思惑にまんまと乗り五巻まで一気に買った。結果的には大変好みであったので反省はしない。
    ところどころよくわからないシーンもあったが、勢いと迫力は半端ない。この方の前作も読みたくなってしまった。

    このレビューは参考になりましたか?

シュトヘル のシリーズ作品 全14巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~14件目 / 14件
  • シュトヘル(1)
    完結
    605円(税込)
    見知らぬ時代、見知らぬ国の戦場。その凄惨な光景を毎夜、夢に見る高校生の須藤。ある日、楽器の工場である彼の家に、転校生の鈴木さんが訪ねてくる。彼女がその場で馬頭琴を奏で“シュトヘル”と唱えた途端、須藤は時空を越え、夢で見た国の女戦士に姿を変えていた。そして目の前には、鈴木さんに瓜二つの少年が。その少年は須藤に“シュトヘル”と呼びかけ…。
  • シュトヘル(2)
    完結
    605円(税込)
    蒙古に属するツォグ族の皇子ユルールは、敵国であり亡き義母の出身国である西夏の文字に魅せられ、その義母が残した“玉音同”と呼ばれる文字盤を手に一族を捨てる覚悟を決める。そして、西夏を憎み全てを焼き尽くす蒙古から文字を守るため、文化を書き継ぐ習わしのある宋国の町・成都を目指す道中だったのだ。事の成り行きは須藤(=シュトヘル)には関係なく思えたが、そんな中ユルールの口からシュトヘル...
  • シュトヘル(3)
    完結
    605円(税込)
    蒙古軍による西夏国侵攻が続く13世紀。味方の裏切りにより瀕死となったユルールを救うため、決死の覚悟で蒙古の砦へ向かうシュトヘル。そこで、出奔した弟・ユルールを追跡中のハラバルに遭遇する。彼こそ、シュトヘルが仇として憎しみ続ける「虎の男」なのだが…!?人は何のために闘い、そして死んでいくのか…!?伊藤悠が13世紀の大陸を舞台に圧倒的筆致で描く歴史超巨編!!
  • シュトヘル(4)
    完結
    605円(税込)
    蒙古軍の侵攻にさらされていた西夏国。その西夏の女戦士・シュトヘルの肉体に転生した高校生・須藤は、西夏の至宝・玉音同を守るため、蒙古支配下からの脱出を計る。一方、玉音同を追う蒙古軍内では、謎の尼僧・ヴェロニカがある陰謀を企てていた…
  • シュトヘル(5)
    完結
    605円(税込)
    金国を抜け南宋へ…蒙古支配圏からの脱出を計る須藤とユルール。しかし悪霊の能力を制御できない須藤は蒙古軍の急襲によりユルールと離れ離れに。二人に再会の時は訪れるのか…!?
  • シュトヘル(6)
    完結
    605円(税込)
    西夏の文字盤・玉音同を抱え蒙古支配圏から金国に逃れたユルールと須藤。しかし蒙古の追撃はやまず国境を越え追っ手が迫る。さらに金の将軍ジルグスは玉音同を対蒙古外交戦の切り札と位置づけ、その奪取に動き始める――!!
  • シュトヘル(7)
    完結
    605円(税込)
    西夏の文字盤「玉音同」をめぐり衝突する金国軍と蒙古軍。激戦の最中、ついにハラバルの前に現れる「悪霊」。互いに復讐の闇に堕ちた者同士、死闘の先に待つ運命は・・・!?
  • シュトヘル(8)
    完結
    605円(税込)
    ついにユルールのもとに帰還したシュトヘル。 復讐心から解き放たれ、ユルールと共に西夏の文字盤・玉音同を守る闘いにその身を捧げようとする。 しかし、南宋へ向かう国境が封鎖され、一行は金国の都市・京兆府へ。 一方、蒙古の皇子・ナランはある狙いを持ってユルールと玉音同を追い始めていた・・・・・・!!
  • シュトヘル(9)
    完結
    605円(税込)
    西夏侵攻により勢いをつけた蒙古軍は 隣国・金国への攻勢を強め、 金軍首府防衛の要・居庸関に集結し始めていた。 蒙古の皇子・ナランによって 玉音同の半分と共に攫われたユルール。 シュトヘルは「人送り屋」の助けを借り 蒙金両軍の決戦の地・居庸関を 目指そうとするが………!?
  • シュトヘル(10)
    完結
    605円(税込)
    金国の首都防衛の要・居庸関へ、最新の武器をもって侵攻を始める蒙古軍。 戦いの火ぶたが切られた戦場の片隅に、蒙古にすべてを奪われた英雄・虎のハラバルが出現、かつて敵同士であったシュトヘルと出会うが、ともに大ハンの首を狙うことで、ある種の結託をする。 父親殺しを図る蒙古の王子・ナラン。ユルールはナランから大ハンの背中にもつ瑕、西夏文字の秘密を聞くも、文字のもつ未来、可能性を伝え...
  • シュトヘル(11)
    完結
    605円(税込)
    爆破により要所・居庸関に突破口が開く。 金国になだれ込む蒙古兵たち。 それはモンゴルの更なる膨張を伝える狼煙であった。 「焼け野はどこまでも走れる」大ハンとユルールのけっして交じわらぬ対話が尽きたとき、 ナランの想定どおり、シュトヘル、ハラバルが姿を現し、 一堂が会した食料庫は戦場と化す。 しかし唯一、想定外であった双子の皇子・トルイが その場に駆けつけたことで、誰もが想像してい...
  • シュトヘル(12)
    完結
    660円(税込)
    蒙金両軍決戦の地、居庸関(きょようかん)の戦い後―― 大ハンからユルールを守ることのできなかった シュトヘルの身体にスドーが戻ってくる。 圧倒的な絶望の中、スドーは大ハンの側近、 ヴェロニカの体を求めるのだった…… 他方、闇夜に一人立ち上がったユルールの 背には大ハンによって文字が刻まれていた。 その恥辱の言葉とは――!? 心抉るヒストリカル・ロマン!! 第16回手塚治虫文化賞新生賞受賞作...
  • シュトヘル(13)
    完結
    660円(税込)
    西夏の文字を守るという思いを秘め、あえて文字を焼くモンゴル軍に入ったユルール。だが西夏の残党と合流し、数を増すシュトヘルの一団の状況を耳にした、大ハンの息子、トルイは、そのユルールに賊軍頭目シュトヘルの討伐命を下すのだった。ユルールはシュトヘルと相まみえるため、成都へ向かう-- 一方シュトヘルの前にはハラバルが現れ…!? 守るべきものと自らの誇りのため、そして憎むべき敵への復...
  • シュトヘル(14)
    完結
    660円(税込)
    西夏文字を守るべく、モンゴルへと入ったユルールは、モンゴルの皇子・トルイからシュトヘルの首級と玉音同の残り半分を持ってくるように命じられてしまう。そしてそんな中、ついにシュトヘルと再会を果たした。 翌日、モンゴル軍は都江堰に追い込んだ西夏の残党とシュトヘルを殲滅すべく、砲撃を開始。そんな中、ユルールは約束通り、朽ち果てた人の首と、 玉音同をモンゴル軍に持ち帰ってきたのだが…!?...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

シュトヘル に関連する特集・キャンペーン