『正法眼蔵』を読む 存在するとはどういうことか

『正法眼蔵』を読む 存在するとはどういうことか

作者名 :
通常価格 2,145円 (1,950円+税)
紙の本 [参考] 2,200円 (税込)
獲得ポイント

10pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

われわれはどのように存在しているのか――人間存在根本の問いに『眼蔵』はいかに答えるか。ヨーロッパ現代思想も凌駕する画期的思想書に気鋭の禅僧が己の実在を賭けて挑む、現代人のための入門書にして決定版。(講談社選書メチエ)

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 哲学・宗教・心理
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社選書メチエ
ページ数
338ページ
電子版発売日
2013年01月18日
紙の本の発売
2008年07月
サイズ(目安)
1MB

『正法眼蔵』を読む 存在するとはどういうことか のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2018年11月04日

     久し振りに目を皿のようにして読んだ本。書き出し部分がタカピーな感じだったのでそのままうっちゃっていたが、気を取り直して読み始めた。
     確固たる本質のようなものが自分を離れたところに存在するとと考えてはならない。存在とか意味というものは彼我との間でその一瞬一瞬に生起されるものであり、何かしら永遠不変...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年02月26日

    『正法眼蔵』を、フッサールやハイデガーのものの捉え方を手がかりに読み解いたもの、という印象。仏教のものの見方の肝である「縁起」を軸にブレない読み解きを展開する。勉強になった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年01月11日

    「Aは,それ自体に実体があるから存在しているのではなく,非Aとの関係するから存在している。」という「縁起」の考え方によって道元禅師『正法眼蔵』を解釈した本。
    良い意味で入門書ではなく,仏教の基本的な知識が必要。
    特に「因果」に関する部分は難解。
    何度も読み返して「問い」を繰り返したい本。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年04月15日

    正法眼蔵の訳書、解説書は数多あり、また巻数も多くなかなか手を出せないでいたが、偶然とは言え、手に取ったのが本書で良かったと思う。何割理解できたかと問われれば答えに窮するが、一言で言うなれば「腑に落ちた」。以降、南氏の著作が続く。

    再読201704
    p29 (私訳) 諸法(我々が認識する一切を)の仏...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています