超常現象の科学 なぜ人は幽霊が見えるのか

超常現象の科学 なぜ人は幽霊が見えるのか

作者名 :
通常価格 1,361円 (1,238円+税)
紙の本 [参考] 1,705円 (税込)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

よく当たる占い師、奇跡の導師、スプーン曲げ、予知夢、前世……摩訶不思議な現象に惹かれる人は後を絶ちません。しかし、人間心理にひそむ陥穽を研究してきたワイズマン博士は、これら超常現象がすべてインチキであることを実験で鮮やかに示してみせます。怪しげなオカルトが看破される痛快な1冊。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
ノンフィクション / ノンフィクション・ドキュメンタリー
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春e-book
ページ数
317ページ
電子版発売日
2013年01月18日
紙の本の発売
2012年02月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
4MB

超常現象の科学 なぜ人は幽霊が見えるのか のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2017年03月02日

    理論的で楽しく読めた。
    脳みそはパーフェクトではないし、機械でもない。
    実に不完全な人間。
    それをとてもよく感じた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年05月18日

    超常現象が本当に存在するかどうかを調べた本ではなく、人がなぜこうした不思議な体験をするのか。著者はその理由を人の心理的面に求め、脳の機能によるものではないかとする。

    超常現象や似非科学の類を信じる人を頭ごなしに否定するのではなく、おそらくこのように脳が働くことで彼らはこの現象を信じているのだろうと...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年01月18日

    トリックや、心理学的アプローチ迄。一当たり出来る。
    文章も飽きさせず、単元毎のまとめもあって読み易い。
    トンデモ超常現象とか、菊池聡の本とダブるところも多いが、読み物としても読める。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年12月31日

    これいいよ。世の中で不思議なのは、目の前にあるこの風景。幽霊なんていないし、予知などできない。今回の大震災が、実証したよね。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年09月29日

    「幽霊がいるかいないか」ではなく「人はなぜ幽霊が見えるのか」を追求したり,「予知能力があるかどうか」ではなく「予知能力があると感じるのはなぜか」を追求したり…人間の内部に潜むさまざまな姿を科学的にあぶり出してくれます。
     知っているつもりの〈人間〉のことをもっとふかーく知ることで,あなたも安心して幽...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年07月03日

     この本のいいところは、幽霊が見える、ポルターガイストが起こせるなどの実際に自分たちで実施できる方法が写真入りで書かれていることである。また金縛りから逃れる方法として手指を動かして目覚めるなどの方法もある。ゼミなどでやってみると面白いし、心理学の入門書として最適のものである。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年02月28日

    心霊現象やマインドコントロール、幽体離脱などの超常現象を信じてしまう人たちの心理を解明していく。ユニークな実験も紹介されており、なんと実際に超常現象を体験することもできるお得な一冊!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年02月25日

    人間の脳というのは底知れぬ謎を秘めているんだなあと再確認する。

    幽霊も霊界も死後の世界も超能力も予知も、すべて人間の脳が作り出したイリュージョンなのだ。
    超常現象が存在しないとわかっても別に残念とは思わない。むしろ、そういうものを次々に創りだしてしまう人間の脳とか心理の方がずっと不思議だし面白いと...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年02月22日

    『その科学が成功を決める』などの著書でおなじみ、リチャード・ワイズマン博士の最新刊。タイトルで誤解される向きもあるかもしれないが、超常現象の信憑性を検証するという類の話ではなく、あくまでも超常現象には懐疑的なスタンスだ。そのうえで、人がなぜこうした不思議な現象を体験するのかという点にフォーカスを当て...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月25日

    超常現象と言われているものは、人間の心理や、思い込み、ミスディレクション、意図的な種があったりするものであることがわかる本。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています