「ついていきたい」と思われるリーダーになる51の考え方

「ついていきたい」と思われるリーダーになる51の考え方

作者名 :
通常価格 1,386円 (1,260円+税)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

ザ・ボディショップとスターバックスでCEOを務めた著者が語る、
まわりに推されてリーダーになる方法。

「リーダー」と聞いてあなたは、どんな姿を想像するでしょうか?
生まれつき、強いリーダーシップを持ち、プレゼンテーションも見事で、とにかくオレについてこい、というカリスマ的な雰囲気を漂わせているのがリーダーなのではないか。でも、自分はとてもそんなふうにはなれない……と悩んでいる方もいるかもしれません。
著者の岩田さんは、誰でも頑張ればリーダーになれる、と断言します。
本書は、華麗な経歴を持ちながらも、「普通のおじさん」と自認する著者が教える、「まわりに推されてリーダーになる方法」を51項目にまとめたものです。
管理職の方、新しくリーダーになった方、初めて後輩ができた方、などたくさんの人にお読みいただければ嬉しいです。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / 経営・企業
出版社
サンマーク出版
電子版発売日
2013年04月19日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

書店員のおすすめ

「ザ・ボディショップ」や「スターバックス」でCEOを務めた岩田松雄氏が語るリーダー論。初めて部下を持った方から既にリーダー的役職の方まで、すぐに役立つノウハウが平易な文章で紹介されています。
リーダーと聞くと、カリスマ的で「俺についてこい」といったタイプを想像しがちですが、岩田氏はリーダーはカッコよくなくていいし、弱くてもOK、あくまでポジションのひとつと語っています。岩田氏自身の不遇な時期やそれを乗り越え成功を収めてきたエピソードを読むとその考え方に納得できます。
より良いリーダーになるには、まずは人間力を高めること。本書はリーダー論に留まらず、人間力を高めるうえでも非常に参考になります。自分はリーダーに向いているのか、強いリーダーシップなんてないと悩んでいる方におすすめの一冊です。

「ついていきたい」と思われるリーダーになる51の考え方 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年04月03日

    まわりに推されてリーダーとなり、雇われ社長として数多くの企業で業績回復を成し遂げてきた岩田さんのリーダー論
    現場重視の徹底と謙虚な姿勢から「ついていきたい」と言われるリーダーの行動・考え方が具体的にわかりやすく伝わってきます。

    p.71
     リーダーとして部下に話をするとき、最も重視しなければならな...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年10月07日

    スッキリさっぱりと読みやすい一冊。

    著者はセンスが非常にある方なんだろうが、そういったセンスではなく自分で鍛える部分の重要性を書かれている。

    庶民であると自覚しているならば非常に有益な一冊だった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月09日

    人を動かすより、まず自分を動かせ。

    この本で一番印象に残った部分です。

    私の職場にも仕事が出来て、リーダー気質の人は、人にとやかく言う人よりも、自ら動いている事が多い事がわかりました。

    私も人を動かすより、まず自分を動かすようにしたいと思います。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月20日

    「かぶる帽子をひとつにする」かぶる帽子を取り替えるように、対応する相手やそのときどきの環境によって人間性を変える人がいる。それはやってはいけない、帽子はひとつだけにしなさい、という意味の言葉です。岩田松雄『「ついていきたい」と思われるリーダーになる51の考え方』より。を仕事にする。「すきなこと」「得...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月11日

     ビジネス書に多いカリスマ的リーダー像ではなく、人格を磨くという社会人の基本を大切にすることで、求めずとも周囲から認めてもらえるリーダーとなり得る。
     現代社会で薄れがちな"one team"を作り上げるリーダー像の在り方。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年09月12日

    生粋のオールドファッションな日本のえらいおじさんの話と思ったら、良い意味で期待を裏切られる。社会人一年目に読んで、まさに目の前で起きてることを一つ一つ取り上げられていたので仰天。拍手。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年07月07日

    岩田氏はスターバックスコーヒージャパンの元CEOとして有名かと思いますが、それまでにゲーム会社、外資系化粧品会社の社長も務められています。

    本書では、さまざまな会社で社長を経験された岩田氏ならではの視点から、「ついていきたい」と思われるリーダーになるための大切な考え方を紹介しています。


    その...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年03月29日

    初めて正式に部下を持つことになり読み返してみた。ネガティブなワードを使うのを止めようと思った。また、仕事を依頼するときはしっかりと仕事のビジョンをから伝えようと思った。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年01月16日

    自分が部下を持つようになった時に再度読み直したくなる本。

    ①リーダーシップとは生まれつきのものでは決してない
    ②地位は権力ではなく責任である。そして、権力が増す分だけ責任も増す。
    ③部下を叱るときには自尊心を傷つけない叱り方をする
     →「あなたらしくない」、やっかいな問題の際は「あなたでさえ・・・...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年07月05日

    今の自分に足らなかったことが明確になりました。
    後輩や部下に対してこうしよう、ああしようと理想はあるものの上手く出来ず。
    見事に今の私のダメなところを指摘されており、読んでいて恥ずかしくなった。改めて「ついていきたい」と思ってもらえる上司になれるよう今から変わる。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています