「君にまかせたい」と言われる部下になる51の考え方

「君にまかせたい」と言われる部下になる51の考え方

作者名 :
通常価格 990円 (900円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

ベストセラー『「ついていきたい」と思われるリーダーになる51の考え方』の著者岩田松雄氏、待望の最新刊が登場です!

「上司といまいちウマが合わなくて……」
「上司への報・連・相の仕方がよくわからない」
「うまく上司をコントロールして、仕事を上手に進めたい」
こんな風に思っている方もいるかもしれません。

ザ・ボディショップやスターバックスのCEOを務めてきた岩田さんも、
もちろんかつては部下だった時代があります。
部下時代にはどう仕事や勉強に向き合っていたか。
そして上司や経営者になったときにはどんな部下の存在に助けられたか……。
かつて部下だった経験と、上司として部下を持った経験。
その両面から見た「君にまかせたい」と言われる理想の部下の姿について51項目にまとめました。

【目次より】
第1章 部下は、従順でなくてもかまわない
第2章 部下は、“過剰サービス”から始めなさい
第3章 部下は、完璧な仕事が求められるとは限らない
第4章 部下は、背伸びや無理をする必要はない
第5章 部下は、上司をコントロールしてもかまわない
第6章 部下は、よく読み、よく学ぶべきである
第7章 部下は、まず人間性をこそ高めなさい

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / ビジネス教養
出版社
サンマーク出版
電子版発売日
2013年05月29日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

「君にまかせたい」と言われる部下になる51の考え方 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年01月26日

    岩田さんの部下を経験談を交えたビジネス書。

    社会人一年目に読んでおいてよかったと思える本。

    51もあるので、響くもの響かないものもあったが、数年後に読み直すと響き方が変わってきそうな気がする。
    今は、恵まれた職場で頑張れているが、転職などで居心地が悪い時に読み直すと勇気が貰えそう!

    今回読んで...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月11日

    上司と1on1する前に急いで読んだ。
    読みやすいし次の日すぐ実践できたので星5

    ○上司の価値観・当たり前に合わせる
    →報連相の評価は受け取り手がする。上司によって好みがあるのであらかじめ知っておくこと

    事実現在の上司は報告不足により部下の状況把握ができないことを知れたので、率先して動くことができ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年12月18日

    この本を読んでみて、3つのことが特に印象に残った。
    1つめは、上司がどんな「報連相」を求めているのか、上司のニーズのマーケティングが重要であると言うこと。
    いつも自分が「報連相」を行う時は、伝えなければという思いが先走り、上司がとりわけどんな報告を求めているか等ということは考えていなかった。
    これを...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年09月20日

    地道にコツコツ頑張っていると、誰かが見てくれている。どこかで花開く。
    自らの仕事に誇りを持ち、人一倍勉強して日々を過ごす。部下に仕事を委ね、まかせ、最後は責任を取る。
    好きにやれ。お前が失敗しても、日産は潰れない。
    この人は惚れる価値があると思えば惚れ込んでとことん頑張る。そうすれば、相手も自分を理...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年01月04日

    部下として、という内容なのですが、もっと根本的に社会人として、一個人として役割を果たすためにはどうすればよいかを書かれているような気がしました。納得できる点がたくさんです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年05月11日

    偉そうにしていると噂の誰かさんですが、実際はまだまだペーペーですし、ここらで初心に返るべく、この書籍を手に取ってみました。
    「君にまかせたい」と言われる部下になる51の考え方。
    当たり前と言えば当たり前なんだけど、引き締まったと言うか何と言うか。
    体は引き締まってないけど…
    印象的だったのは部下は従...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年03月20日

    リーダーシップの取り方だったり、人を動かす方法だったりと人の上に立つ心構え的な本はよく見るが、部下の在り方についての本は珍しい。
    結局は上司も人間。必要以上に距離を置いたり、嫌ったりしても意味はない。その中でも上司が求めている事を察しようと観察し、努力する必要がある。そうする事で自分も人の上に立つ器...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月15日

    当たり前のことだが、分かりやすく書かれている。

    目次と太字だけでもさっと読めるので、つい義憤から鼻息荒くなりがちな人(私のような)がハッと謙虚さを思い出すのに向いていると思う。

    義憤とは私憤とは違うと本書にありました。
    会社で私憤を撒き散らさないように気をつけよう。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月28日

    ?信頼しても報連相をお願いするのは、部下を疑っているからではなく、上司としてサポートで きる場面が必ずあるから。
     最初の内はこまめに報連相をする。信頼を勝ち得たらあとは自由に自分の思い通りにすること ができる

    ?上司の小言をうるさがってはいけない
    ・小言には意味がある。しして結果的に自分も組織も...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月21日

    ・何かを知りたいときは社内のしかるべき人を見つけて、話しを聞きに行っていた
    ・高めるべきは「人間性」
    ・上司によって報・連・相に求めるものが違う
    ・「事実」と「判断」を分ける
    ・現場の感覚は、若いうちに苦労してでも知っておくべき
    ・常に「事実」を積み上げる
    ・ダラダラ残業する人は仕事のできない人
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める ビジネス・経済

ビジネス・経済 ランキング

「君にまかせたい」と言われる部下になる51の考え方 に関連する特集・キャンペーン