機龍警察 暗黒市場

機龍警察 暗黒市場

作者名 :
通常価格 1,881円 (1,710円+税)
獲得ポイント

9pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

※こちらの作品は、Android端末と、他のOS端末の間でしおり同期ができません。

作品内容

警視庁との契約を解除されたユーリ・オズノフ元警部は、旧友のロシアン・マフィアと組んで武器密売に手を染めた。一方、市場に流出した新型機甲兵装が『龍機兵(ドラグーン)』の同型機ではないかとの疑念を抱く沖津特捜部長は、ブラックマーケット壊滅作戦に着手した――日本とロシア、二つの国をつなぐ警察官の秘められた絆。リアルにしてスペクタクルな“至近未来”警察小説、世界水準を宣言する白熱と興奮の第3弾。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
早川書房
掲載誌・レーベル
ハヤカワ・ミステリワールド
シリーズ
機龍警察シリーズ
ページ数
416ページ
電子版発売日
2012年12月07日
コンテンツ形式
.book
サイズ(目安)
1MB

書店員のおすすめ

吉川英治文学新人賞受賞作。このシリーズは日本SF大賞を受賞し、「このミス」でも上位入選常連なのに、もっと世の中の認知が上がって良いはずだということを強く言いたい!決してライトな作品ではないため、この価格帯、文量に躊躇してしまう文芸初心者の方もいるかもしれません。でも是非、シリーズ1作目『機龍警察〔完全版〕』から挑戦してみてください。1作目、2作目と来てこの3作目を読むと、「読書の喜び」が感じられるはずです。
著者によると映像化はしないそうですが、それもそのはず活字を読むだけで情景が目に浮かんでくるのです。必要ありません。特に、エヴァンゲリオン、攻殻機動隊などSFアニメにハマった人には絶対刺さるということを保証します。

機龍警察 暗黒市場 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2018年03月14日

    機龍警察シリーズ第3弾
    本作はシリーズ中最高傑作の呼び声高い1冊。
    面白さの要因は何と言ってもシリーズが深まり書き手も読み手も機龍警察に慣れてきたこと。
    想像上の兵器、龍機兵の説明とか警備部を取り巻く環境とかいちいち長ったらしい説明が端折られてきて非常に読み易くなった。
    また自分は龍機兵と言うものに...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年03月01日


    「ロシアの闇は深い」
    第三作目は“魔犬”「バーゲスト」の搭乗員であるオズノフが主役。元刑事でもある彼がいきなり警察を辞めさせらたところから話は始まる。そんな彼が頼ったのはかつての友であり現在はロシアン・マフィアであるゾロトフ。彼との因縁をはじめ、オズノフが日本にたどり着くまでの数奇な運命、彼がなぜ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年04月05日

    いやいや〜さすがに本作も面白かったです。
    ホンマ、このシリーズは鉄板ですね〜
    とにかく龍機兵の活躍よりも組織のしがらみや軋轢とかの方が面白すぎるだろうって感じます。それに敵と味方のあり方が普通じゃなさ過ぎですよ。あと警察って組織の中もそこで働いている人達も……それがまた堪らんところが本作の魅力じゃな...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年10月15日

    このシリーズで一番面白かった。眠気押して三章は一気読み。

    ユーリの過去もライザと同じくかなりダークだけど、人間らしさがそこにあるというか、結構ユーリに感情移入できちゃう。強くない、迷う、不安になる、裏切られても信じたい、そんな姿が人間らしいと思える。

    ストーリーも敵味方わからない人や、立場が二転...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年05月13日

    極めつけの傑作だった。

    機龍警察シリーズ、最初から凡百の小説とは
    一線を画す面白さだったけど、
    シリーズを重ねるごとにレベルアップしていき、
    シリーズ第三弾の本作で完全に化けたと確信した。

    ページをめくる手が止まらない。
    何人たりともこの本を読むことを妨げるな。
    久々にそう感じる作品を味わえた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年04月05日

    機龍警察シリーズ、3作目。

    今回は龍機兵搭乗要員の1人、ユーリ・オズノフにクローズアップ。元ロシア警察の捜査員であり、無実の殺人容疑を掛けられていたユーリ。前回のライザも同様であったが、あまりに壮絶な過去に言葉を失うほど圧倒された。その壮絶さに対し、ストーリー自体はSFなれど、ロシアの現状を上手く...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年12月31日

    パトレイバーのハードボイルド版という感じですが、過去2作より更に完成度が上がった感じで、面白いです。浪花節的なところが鼻につく部分もありますが、SF好きにも警察小説好きにも満足できる作品だと思います。
    プロダクションIGあたりがアニメ化すれば、かなり面白いものになるのでは。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    ユーリの生い立ちが明らかに!

    mulkei 2013年10月05日

    今作はロシア人の元警官であるユーリに焦点があてられています。いつも損な役回りのユーリですが、本作でもいつにも増して虐められています。メインキャストなのに。
    ライザがメインだった前作ほどの華(というには暗いが)はないけど、ストーリーの面白さは増していますね。このシリーズ、作を追うごとにパワーアップし...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年03月15日

    オズノフ警部の物語。
    武器密売をめぐり、ロシア、中国、警視庁、外務省が複雑に絡み、敵味方が入り乱れる。
    最後までドキドキの連続。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年01月06日

    今回はユーリの過去を絡めて事件が進んで行きます。誰がどう裏切っているのか、過去も現在もわからず、でもどんどん追い込まれていく面白さ!飛ばして読むとついていけなくなるので、ゆっくり読み進めた。そろそろ姿の過去編になるのかなぁ。
    もしこの本がマンガでキャラクターランキングなんかがあった、關と姿が上位に来...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

機龍警察 暗黒市場 の関連作品

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

ハヤカワ・ミステリワールド の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング

機龍警察 暗黒市場 に関連する特集・キャンペーン