だから、僕は学校へ行く!

だから、僕は学校へ行く!

作者名 :
通常価格 440円 (400円+税)
紙の本 [参考] 523円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

「僕は恵まれていた。だからこそ、今度は僕自身が、社会のために、子どもたちのために、その力を還元していく番なのではないだろうか」。ベストセラー『五体不満足』の著者が、教育委員会の非常勤職員として子どもと向き合い、やがて教師となるまでの胸の内を綴る。学校と教育に関わるすべての人の必読書。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
ノンフィクション / ノンフィクション・ドキュメンタリー
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文庫
ページ数
256ページ
電子版発売日
2012年11月09日
紙の本の発売
2010年09月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

だから、僕は学校へ行く! のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2012年11月24日

    『だいじょうぶ3組』や『五体不満足』等を書かれた乙武さんの、
    教育支援サポーターを経て、小学校の先生になるまでのエッセー、でしょうか。

    教職の資格を取ったのは卒業されてから通信教育でとのこと、
    科目履修生ですらヒイヒイ言ってる自分からすれば、凄いなぁ、、と思います。

     「社会のために、子供たちの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年06月11日

    5年間教育に関わった、乙武さんのエッセイ。現代の教育に孕む問題について、深く考えさせられた。

    鉄棒の補助で体を触ればセクハラ。
    居残りをさせれば監禁罪。
    平等主義のもと、順位を決めない運動会。
    弁当格差を埋めるため、給食が出る運動会。
    解のない問題には答えられない子供たち。
    テストの点だけが重要視...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年09月25日

    学校や子ども達と接することは楽しいし充実感が得られると再確認させられる。反面、教育や社会の痛いところをしっかり突いている。思っていた以上に現場に近くて面白かった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年05月06日

    20130506
    我が子も小学生になり、現状の教育現場は難しいことがたくさんあると感じる。
    今、体罰はかなり問題視されている。
    一概に悪い、反対と私は言えない。
    子育ての虐待につながる部分もあると思う。
    親も先生ももっと子供達と触れ合う話し合う機会が必要なのでは。
    そして、何よりも相談相手がいて、話...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年11月21日

    乙武さんが、教育の現場に携わり、その胸のうちを綴った本。乙武さんの素直でフラットな感情で書かれている現場への思いが、読んでいて心地よい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年11月28日

    スポーツライターとして活躍する中で教育に興味を持った乙武さん。
    教育現場の知識はゼロの状態で様々な学校を訪問したり、教員免許を取得し、教壇に立ったりする過程での出来事と、教育観を綴った本。

    考えや視点が自分の大学の頃と似ていたのが不思議な気分だった。教育現場を知らない段階の人が、教育について考える...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年10月21日

    一時期テレビでよく出てましたね。最近見ないので何されてるのかなと思ったら何と先生!すごいですよね、この人。頭が下がります。五体満足の私は名にやってんだって感じです・・・

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年02月29日

    物事の善悪を教えるべき時に、他人の目を持ち出すのはルール違反。子供たちも自然とそれを気にするようになる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年12月20日

    五体不満足の著者として有名な乙武洋匡さんの、貴重な経験が綴られた一冊。
    ご自分の時代とのギャップや、子供とどう向き合うべきかなど、教育にまつわる問題や課題に深く切り込んだ内容にこのままでいいはずがない、一人一人が考えて行かなければならないと痛感させられた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年09月23日

    乙武洋匡さんが教育現場で見たことを書いた作品。学力についてや今問題になっているいじめについてなど、学校での現状がよくわかる。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています