四肢奮迅

四肢奮迅

作者名 :
通常価格 1,430円 (1,300円+税)
紙の本 [参考] 1,650円 (税込)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

「歩くことに関して、私の身体は『三重苦』なんだそうである。一つ目は、両膝がないこと。二つ目は、両手がないこと。そして三つめは、歩いた経験がないということ。それでも私は、歩けるようになりたい。私が歩くことで、障害がある人にもない人にも、勇気を感じてもらえるのなら」                              ――「あとがき」より両手両足のない乙武洋匡が歩く! 2017年10月にスタートし現在進行中の「乙武義足プロジェクト」の全貌を描きます。日本人初となる四肢欠損者の二足歩行への挑戦――その苦悩と歓喜を描いたノンフィクション作品です。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
ノンフィクション / ノンフィクション・ドキュメンタリー
出版社
講談社
ページ数
256ページ
電子版発売日
2019年10月31日
紙の本の発売
2019年11月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
12MB

四肢奮迅 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年08月27日

    乙武さんが、疑問を抱きつつも、自分に与えられた役割を受け入れ、葛藤しながら取り組んでいく様が素直に語られていて、とても良かった。身体感覚の変化という観点でも今後も注目したいプロジェクト。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年10月19日

    健常者の記録をテクノロジーの力で超えるパラアスリートや、速さに魅せられて残りの足も切断したがる義足アスリートの話に驚き。生身では登れない岩を義足で越えていく登山家等、攻殻機動隊の世界に片足突っ込んでるなと思った…義足だけn
    テクノロジーの進歩とともに障害者に憧れる健常者も出てくるのだろう。
    歩いた経...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年11月19日

    SNSで 乙武義足プロジェクト をずっと見ていたので、その裏側でどんなことがあったのか知れてとても面白かった。

    一番高い竹馬に両手を縛られた状態で乗って歩く
    ほどの難しいことをやってのけた乙武さんとプロジェクトチームの皆さん。すごい!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月29日

    両膝がない、両手がない、歩いた経験がない。歩くことに関して、私の身体は「三重苦」…。「乙武義足プロジェクト」の全貌を紹介する。Webメディア『note』『FRaU Web』連載を加筆し書籍化。

    いろいろあったけどタイミングが合ったのだなと。
    努力の人ですね。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める ノンフィクション

ノンフィクション ランキング