オクターヴ

オクターヴ

作者名 :
通常価格 495円 (450円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

「シは有限の極み。上のドは神の世界。知覚できないものの世界をガムランが開く」。失踪した友人から届いた3枚の絵葉書が、〈私〉をバリの深奥へと導く。宗教と音楽とむせかえるような自然。不思議な青年オダ。「ニュピ」にはミツコに会えるかもしれないという謎の言葉の意味は……? 『7 days in BALI』として発表された傑作長編を大幅改稿。

ジャンル
出版社
筑摩書房
掲載誌・レーベル
ちくま文庫
電子版発売日
2014年01月24日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

オクターヴ のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2014年07月30日

    『コンセント』にも負けず劣らずの何とも言えない独特の怪しい雰囲気を持った傑作。

    主人公のスズキマホは、失踪した友人のミツコを探し、バリを訪れる…マホをガイドする青年オダ…

    バリという不思議な空間の中で描かれる混沌とした世界が非常に良い。デジタルのような規律の中で、閉塞感を感じる日常世界と対比され...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年05月19日

    読んでる間、
    正直なところすんごい辛かった。
    でも教わるものがめちゃくちゃ多かった。
    前見たもの勝ちだなって。
    わたしはわたしだと、思える。

    そして
    バリに絶対行かなきゃと誓った本。
    ますます勢い加速するー

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年08月11日

    田口ランディの世界全開。

    行方不明になった友人を追って、バリで覚醒する話。

    覚醒という言葉でいいかな?
    最近風に言うならアセンションかな?

    タイトル通り、絶対音感という社会に縛られ、
    ニュピを経て、解放されてゆく。

    すごくよく分かる。
    言葉とか音階とか、そういうものでない、
    震えみたいな波み...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年03月07日

    田口ランディの作品て読んだことなかったな。

    舞台のバリ、ガムランの音楽、もともと興味がある分野だったので設定が興味を引いた。

    バリの雰囲気、独特の世界観を描き出す田口さんの文脈はすっとその空気に引き込んでくれ、読み進めるうちにガムラン音階が頭の中をぐわんぐわんしていく感じ。
    特にニュピのピーク時...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    圧倒的なバリの空気。自然というか生命がとぐろを巻いているような雰囲気を感じました。自分に知覚できない世界がある。わかった!と思うが、何がわかったのか説明できない。
    バリの旅物語のようで、主人公の女性が自分の心の奥深くに降りていく物語です。
    バリに行ってみたくなりました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月21日

    バリのにおいがしてくる。
    花のような、果物が腐ったような、あのにおいだ。

    平均律にしばられた西洋音楽と違い、
    民族音楽には、土着の宗教や思想がしみ込んでいる。
    ガムランに魅力があるのは、
    人間のものじゃない力が働いているからかもしれない。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    『シは有限の極み。上のドは神の世界。
     知覚できないものの世界をガムランが開く。』

    なんて謎めいた言い回しなんだろう・・・
    裏表紙に書かれたこの言葉の意味がとにかく知りたかった♪


    音階の「ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ド」

    7の上にも下にも無数の7が存在している。
    8に移行する時...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    バリの湿度を確かめられる本。 特に美術館のところ。
    田口ランディの作品にしては、まだスピリチュアル感うすめ。
    強いのは読んでられない。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    久々に読んだ田口ランディ。描いていることは面白いのに、どうも文体が馴染めない。たぶん作者の思いが強く込められていそうな登場人物の言葉に、〜た、とか、〜なんだ、とかが多用され、文のリズムがのっぺりと、単調な印象になるからだろう。読んでて、そういう部分が出てくると一気に興ざめしてしまう。書いてることが面...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    『知覚できないものの世界をガムランが開く』というサブタイトル?にひかれ、購入。神秘なバリを舞台に、ひとりの女性が自分を取り戻していく。バリには不思議な力がある〜と私も思っていたので、物語のセリフの中に共感できる想いがたくさんあった。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています