凱歌の後

凱歌の後

作者名 :
通常価格 702円 (税込)
紙の本 [参考] 822円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

宿敵・項羽を滅ぼし、戦国の乱世を征して、漢王朝を開いた男、劉邦。天下をとった彼が、真っ先に考えたのは、漢建国に力を尽くした功臣たちを抹殺することだった。謀反を恐れ、血の粛清を行ったのである。劉邦が子を産ませた姫妾たちは、寵愛を得るためしのぎを削る。劉邦と、彼を取り巻く9人の運命を描く(講談社文庫)。

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文庫
ページ数
480ページ
電子版発売日
2012年10月12日
紙の本の発売
2008年01月
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2013年07月08日

古代中国史の偉人伝を次々と発表している著者。しかも、その人選が結構マニアックなのだ。「光武帝」とか「司馬仲達」とか。本書の登場人物はそのマニアックさでも1,2を争う。

超有名人の項羽と劉邦の対決「垓下の戦い」が終わり、項羽の死から劉邦の死までのわずかな期間に滅びてしまった9人の劉邦の配下と側室たち...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年02月08日

漢帝国建国後の物語。統一に功績があった臣を呂氏が次々に粛清していく。呂氏の恐ろしさがわかる一冊です。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年01月25日

漢王朝初代皇帝・劉邦を取り巻く9人を描いた短編集。

劉邦にあんまりピンときていなかったが、粛清の嵐で怖い。特に正妻が怖すぎる。
それでも劉邦は魅力的な人物だったのかなぁと思える。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「凱歌の後」に関連する特集・キャンペーン

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play