三国志 曹操伝(上) 落暉の洛陽

三国志 曹操伝(上) 落暉の洛陽

作者名 :
通常価格 900円 (819円+税)
獲得ポイント

4pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

幼い皇帝を巡り、宦官(かんがん)と外戚が熾烈(しれつ)な権力争いを繰り広げていた後漢末の中国。後宮では巫蠱(ふこ)という呪術が流行し、民衆の間では新興宗教・太平道がのさばり始めていた。混乱の都・洛陽を掌握したのは、冷酷な将軍・董卓(とうたく)。青年・曹操(そうそう)は、この乱世を虎視眈々と見つめながら、「姦雄」として歩み出そうとしていた。

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文庫
電子版発売日
2016年06月17日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
4MB

    Posted by ブクログ 2011年08月19日

    幕開けは20歳の青年曹操。三国志と言えば黄巾の乱辺りが幕開けで、物語が始まったときには太平道は一大勢力になっており、漢王室は手がつけられない状況になっているのが通り相場だが、本著では太平道がどんなものか、また漢王室がどのような腐敗をしていたか詳らかにされるのでとても見晴らしがいい。物語は全三巻の一巻...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年06月13日

    三国志演義やそれに類する作品では悪役として描かれている曹操が主人公。
    彼の青年時代から没するまでが描かれている。

    不正に厳しく、才能を重んじ、頭の切れる将だと感じた。
    その考え方には学ぶところが多いと思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年04月09日

    続きを読むのが、とても楽しみ。

    若きころの曹操。
    曹操をみていると、才覚とは、努力ではなく
    センスだと思ってしまう。

    努力して引出を数多く持つことは当然で
    時流にのり、一番いいタイミングで、最もマッチした引出を
    さらっとあけちゃうセンス。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年05月15日

    演義の悪役ではない曹操の長編小説と期待していたが、黄巾の書き方に乱世の幕開けとなる魅力を感じない。オリジナル部分の描写があまりにも長くて飽きてしまった。
    曹操ができすぎており、乱世の奸雄のイメージにとらわれすぎて、曹操本来の人間らしい魅力がない。今後は躍動感のある展開に期待。

    このレビューは参考になりましたか?

シリーズ作品 1~3巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~3件目 / 3件
  • 三国志 曹操伝(上) 落暉の洛陽
    幼い皇帝を巡り、宦官(かんがん)と外戚が熾烈(しれつ)な権力争いを繰り広げていた後漢末の中国。後宮では巫蠱(ふこ)という呪術が流行し、民衆の間では新興宗教・太平道がのさばり始めていた。混乱の都・洛陽を掌握したのは、冷酷な将軍・董卓(とうたく)。青年・曹操(そうそう)は、この乱世を虎視眈々と見つめながら、「姦雄」として歩み出そうとしていた。
  • 三国志 曹操伝(中) 群雄の彷徨
    武将としての地位を築き上げた曹操は、賢人猛将を次々と獲得。一方、洛陽では、董卓が義理の息子・呂布(りょふ)に暗殺されてしまう。後釜を狙う強敵たちを抑え、見事、帝を迎え入れた曹操。破竹の勢いだったが、その前に、曹操軍を上回る大勢力を率いて、旧友・袁紹が立ちはだかる。曹操と袁紹。雌雄を決する時が来た。
  • 三国志 曹操伝(下) 赤壁に決す
    宿敵・袁紹を倒し、河北を制して中国の北半分を手中にした曹操。丞相に昇り、天下統一の総仕上げとして、荊州(けいしゅう)に出兵する。一方、諸葛亮(しょかつりょう)を得た劉備は、呉の孫権と組み、赤壁で曹操軍を待ち受ける。策略にかかり大敗を喫した曹操だったが、帝から、王国・魏の設立を認められる。乱世の姦雄の生涯、ここに完結。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています