伊賀忍者の末裔にして、出賀茂(いずかも)神社のお気楽跡取り・鴨志田甲斐(かもしだかい)。しかし、その平穏は、秘密の社伝『蘇我大臣馬子傳暦(そがのおおおみうまこでんりゃく)』の盗難によって破られる。謎を追って、現役東大生のアルバイト巫女・貴湖(たかこ)と飛鳥へ向かった甲斐は、そこで密室殺人事件に巻き込まれ……。(講談社文庫)

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文庫
ページ数
352ページ
電子版発売日
2012年09月21日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • カンナ 飛鳥の光臨
    通常版 1巻 679円(税込)
    伊賀忍者の末裔にして、出賀茂(いずかも)神社のお気楽跡取り・鴨志田甲斐(かもしだかい)。しかし、その平穏は、秘密の社伝『蘇我大臣馬子傳暦(そがのおおおみうまこでんりゃく)』の盗難によって破ら...
  • カンナ 天草の神兵
    通常版 2巻 679円(税込)
    出賀茂(いずかも)神社の跡取りで忍者の血を引く甲斐は、秘密の社伝『蘇我大臣馬子傳暦(そがのおおおみうまこでんりゃく)』を追って、巫女の貴湖(たかこ)らと九州・天草へ。そこでは、児童養護施設「...
  • カンナ 吉野の暗闘
    通常版 3巻 679円(税込)
    諒司(りょうじ)捜索のため、甲斐(かい)と巫女(みこ)の貴湖(たかこ)らは奈良・吉野へ。その山中で、一行は山岳ガイドの光昭(みつあき)に助けられるが、同じ頃、光昭の母がさらわれるという事件が...
  • カンナ 奥州の覇者
    通常版 4巻 679円(税込)
    闇に葬られた、知られざる歴史を記した秘密の社伝。この書物を持って失踪した諒司から連絡が。急ぎ、岩手・水沢へ向かう甲斐だったが、社伝はすでに修験たちに奪われていた。一方、この土地の先住民・蝦夷の...
  • カンナ 戸隠の殺皆
    通常版 5巻 679円(税込)
    忍者の末裔三人組、鴨志田甲斐(伊賀服部流)、中村貴湖(伊勢服部流)、柏木竜之介(甲賀)プラス忍者犬のほうろくは、奪われた秘密の社伝を追って、長野・戸隠へ。敵対する波多野村雲流に襲われながらも、甲斐は...
  • カンナ 鎌倉の血陣
    通常版 6巻 691円(税込)
    甲斐は、婚約者の聡美に誘われ、茶会に出席するため鎌倉へ二人旅。しかし、そこには貴湖と竜之介の姿が。女二人が火花を散らす中、茶会の主催者である加賀美宗朝と息子の範夫が殺害される。甲斐は、宗朝が...
  • カンナ 天満の葬列
    通常版 7巻 691円(税込)
    出賀茂神社の社伝「蘇我大臣馬子傳暦」を巡る忍び同士の争いは、更に熾烈に。貴湖の祖父である丹波が何者かに襲われたのを皮切りに、貴湖や忍者犬のほうろくも入院、甲斐自身も繰り返し危険に晒される。そん...
  • カンナ 出雲の顕在
    通常版 8巻 691円(税込)
    社伝を奪い逃走中の諒司から呼び出しを受けた竜之介は、一人、出雲へ。そこで、現在の天皇家である「金烏」とは別に、裏の天皇家の「玉兎」があり、竜之介はその関係者だと告げられる。一方、竜之介を探して島...
  • カンナ 京都の霊前
    通常版 9巻 691円(税込)
    偽書「蘇我大臣馬子傳暦」を、なぜ幾つもの集団が命懸けで奪い合うのか? 「乙巳の変(大化の改新)」は、中大兄皇子や中臣鎌足が起こした天皇へのクーデターだとする「玉兎」の真の狙いは? 聖徳太子は、藤原氏が捏...

カンナ 飛鳥の光臨

Posted by ブクログ 2014年10月26日

面白かった!!歴史物のミステリー ある歴史書伝をめぐって 事件が・・いろいろな歴史書を読みほぐしながら事件を推理していく、思わず法隆寺にもう一度行きたくなった。

このレビューは参考になりましたか?

カンナ 飛鳥の光臨

Posted by ブクログ 2013年05月05日

京都の神社の跡取り息子とバイトの女子大生を中心に、盗まれた社伝、行方不明になった知人を探し、殺人事件に巻き込まれる。歴史の謎を追いながら、現在のミステリを解き、更に忍者捕物を行うという盛りだくさんぶり
甲斐、貴湖

このレビューは参考になりましたか?

カンナ 吉野の暗闘

Posted by ブクログ 2013年04月17日

ストックしていた本の最後となりました。
読破してしまったので、再び本屋で別の本を購入・・・読書って本当にエンドレスですね。
久し振りのカンナシリーズはやっぱり面白かった。
今回は主人公の甲斐が大活躍で、なかなか良かったです。
まだまだ謎が多いので、今後の展開が気になります。

このレビューは参考になりましたか?

カンナ 吉野の暗闘

ネタバレ

Posted by ブクログ 2012年10月10日

雰囲気がアクション奇伝っぽくなってきた・・・
謎がすべて提示されたようではないので今後どうなるか。

このレビューは参考になりましたか?

カンナ 天草の神兵

Posted by ブクログ 2012年05月20日

カンナシリーズ第2弾。
第1弾の思想を引き継いだ切り口で、テーマは違うけれど考え方は一緒っていうポリシーを感じました。
これもまたなかなかに面白い。
次の巻が早く文庫になるといいなぁ~。
次作も楽しみです。

このレビューは参考になりましたか?

カンナ 飛鳥の光臨

Posted by ブクログ 2012年02月05日

カンナシリーズ文庫化待ってた。
高田作品は文庫で追っかけてるのでノベルスの新刊を見るたびにぐぬぬ…ってなってた。
丹波がお気に入りになる予感がする。

このレビューは参考になりましたか?

カンナ 京都の霊前

Posted by ブクログ 2015年01月20日

歴史は考えるものとは、納得の一言だった。
そして、歴史は常に勝者に都合よく変えられているものだというのも、その通りだと思った。
そう考えると、書中の「蘇我大臣馬子伝暦」は架空の書物だとわかっていても、何が書いてあるのか見てみたくなった。

このレビューは参考になりましたか?

カンナ 奥州の覇者

Posted by ブクログ 2013年04月18日

ストックがなくなったので買って来ました。(笑)
カンナシリーズの4作目は今までと少し雰囲気が違うかな。
ずっと追いかけていた人とあっさり会う事が出来て(後でまた別れてしまうのだけど)ちょっと拍子抜けした感もありますが、まだまだ謎が多いのが分かってメインのストーリの合間の息抜きストーリーという印象を受...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

カンナ 奥州の覇者

Posted by ブクログ 2013年03月10日

QEDシリーズに比べてアクション?というか派手さがあってまた違った面白さがある。
どんどん謎が解明されてきてドキドキワクワクしてくる。
次回作も楽しみ。

このレビューは参考になりましたか?

カンナ 飛鳥の光臨

ネタバレ

Posted by ブクログ 2013年01月05日

忍者の末裔の神職と現役東大生の巫女が奪われた謎の社伝を求めて全国を駆け回る。ついでに歴史の勉強。今回は聖徳太子虚構説と巳亥の変の真実に迫る。

有名な聖徳太子による日出づる国の天子ーの文言。同じ文章が隋書にも見られるが、推古天皇ではなくアメノタリシヒコによるものと書かれてある。明らかに男性だがいった...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?