墨染の鎧(下)
  • 最新刊

墨染の鎧(下)

作者名 :
通常価格 817円 (743円+税)
紙の本 [参考] 880円 (税込)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

毛利家の使僧として諸国を飛び回る恵瓊(えけい)。織田家との間に入り、明智光秀、黒田官兵衛、小早川隆景、石田三成らと接触を重ねながら、秀吉にも見いだされ、豊臣政権の中枢に入り込んで行く。野心を持ち、時代を動かす立場に上り詰めた男には、隠された秘密があった。関ヶ原の闘いを“演出”した怪僧の数奇に満ちた運命を活写した、歴史小説大作。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
歴史・時代 / 歴史・時代小説
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
440ページ
電子版発売日
2012年09月21日
紙の本の発売
2012年05月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

墨染の鎧(下) のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2012年05月20日

    『墨染の鎧』の主役は「多くの作品の劇中に登場しているが、“主役”になっていた例は思い当たらない」という人物である“安国寺恵瓊”(あんこくじえけい)が主人公に据えられている。

    この種の、大きな勢力の狭間で色々な交渉事に携わって活躍したというようなタイプの人物…火坂雅志が綴る物語ではよく出て来る。彼が...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年12月04日

    自身の先見の明と行動力によって大名まで上り詰めたが、その栄達と引き換えに慧眼を失い、滅亡する・・・。
    やはり天下を語る器ではなく、有能ではあっても一官僚に過ぎなかったということか。
    安国寺恵瓊については読む前の印象を軽く上塗りした感じだったかな。
    家康についてどう見ていたのかには語られないのが残念。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年07月24日

    著者の作品は歴史上のいわば脇役的な人物や、組織の№2的人物を主人公とする作品が多いことが私好みで多く読んできた。
    本書も安国寺恵瓊という歴史上マイナー人物を主人公としたもので、毛利家における微妙な立場を的確に描きつつ、織田軍中国戦略を、受側の毛利家の視点で描いたものは読んだことがなかったので、新鮮で...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2012年06月22日

    上下巻とも 優れた作品でした 面白かった
    最後は 武運拙く 志半ばで 石田三成 小西行長 とともに六条河原で斬首される
    終始 毛利の為に知略を尽くし 毛利家存続の為に 秀吉の恩顧を受けるが 関ヶ原で 毛利氏が 家康側についてしまい 恵瓊は賊軍と成ってしまう いやはや 戦国の世とは 恐ろしい 

    このレビューは参考になりましたか?

墨染の鎧 のシリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • 墨染の鎧(上)
    785円(税込)
    「いまはつまらぬ意地を張らず、刃を腹に呑んで毛利家に従うのが、宇喜多どのの生きる道ではござらぬか」「毛利家の使僧が抜かす言葉ではないな」。戦国時代、禅僧にしてただ一人、城持ち大名となった男、安国寺恵瓊(あんこくじえけい)。安芸の名家に生まれながら、家が滅亡して出家。西国の雄・毛利家の外交僧として才覚を現し、戦国乱世に飛び込んでいく。信長の死を予言し、秀吉の行末を読んだ男の生...
  • 墨染の鎧(下)
    817円(税込)
    毛利家の使僧として諸国を飛び回る恵瓊(えけい)。織田家との間に入り、明智光秀、黒田官兵衛、小早川隆景、石田三成らと接触を重ねながら、秀吉にも見いだされ、豊臣政権の中枢に入り込んで行く。野心を持ち、時代を動かす立場に上り詰めた男には、隠された秘密があった。関ヶ原の闘いを“演出”した怪僧の数奇に満ちた運命を活写した、歴史小説大作。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています