砂時計(1)
  • 完結

砂時計(1)

作者名 :
通常価格 462円 (420円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

植草杏、12歳。両親の離婚を機に母親の実家・島根に越してきた。田舎独特の雰囲気をなれなれしくプライバシーが無いと感じた杏。だが、近所に住む大悟と知り合い、徐々に自分の居場所を見つけるのだった。しかし、彼女を支える母親が仕事中に倒れて…!?現在、過去、未来をつなぐ恋の物語、第1巻!!

カテゴリ
少女・女性マンガ
ジャンル
少女マンガ
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
ベツコミ
ページ数
175ページ
電子版発売日
2012年10月05日
サイズ(目安)
49MB

砂時計(1) のユーザーレビュー

    購入済み

    これはっ!

    cazumix 2015年11月12日

    ずーっと気になってたけど絵柄がイマイチ、、って理由でなかなか手が伸びなかった本作、クソ〜もっと早く読んどきゃー良かったよ(笑)!凄いいい!じゃ陳腐すぎる評価ですがその一言が全て。結構な重さのトラウマ背負って頑張ってる杏が健気で不器用で泣ける。子供のくせに懐が深く優しすぎてやっぱり不器用な大悟の思いに...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年09月16日

    植草杏、12歳。
    両親の離婚を機に母親の実家・島根に越してきた。
    田舎独特の雰囲気をなれなれしくプライバシーが無いと感じた杏。
    だが、近所に住む大悟と知り合い、
    徐々に自分の居場所を見つけるのだった。
    しかし、彼女を支える母親が仕事中に倒れて…!?

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年02月23日

    胸きゅん間違いなし!!
    どんどん、入り込んでいってしまう本です( ノω-、)クスン
    たくさん、泣いちゃいました。
    この本を私は10回以上読み返し、胸きゅんしたい時に又、読んでしまいます。私のイチオシ!!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年01月22日

    本当に大好きな漫画。
    言葉とかずしってくるし、全てがつぼでした。

    小学生の時に買って、何回も読み返しました。でも簡単には読めないぐらい大切です。

    いまの考え方とかにかなり影響してると思います。

    出会えてよかったって思える漫画です。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年11月20日

    ドロドロとしていると言われたらドロドロとしている。
    それこそが、人間。
    自分は強いのか、強くないのか。この葛藤で繰り広げられるマンガ!
    絶対いい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年10月30日

    初めてこの漫画と出会った時に、四季が描かれた表紙の美しさに「これは!」と思った。

    一巻から度胆を抜かれたストーリー。
    映画化、ドラマ化もされたかどっちも観てません(笑)

    ただ、ずっと行きたかった島根県のサンドミュージアムに行けた時は嬉しかった。
    砂時計に関する資料なんかも置いてあります。ぜひw

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年06月09日

    私が大好きなマンガの一つ。
    ハマりすぎて、島根まで行っちゃいました。

    少女マンガだけど、侮れない。
    いつか二人のような生活を送りたいと願うばかりです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年11月14日

    初恋の思い出がよみがえってくるような胸がきゅんきゅんする切ない、でも素敵な恋の物語です。
    大好きな人を大切に想う気持ちは時に息もできないくらいの切なさに自分を追い詰めてしまったり・・・
    登場人物の成長とともに思い出をたどれるような・・・そんな素敵なお話です。私は実際に舞台となった島根へ足を運んでしま...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年07月30日

    人生で最も影響された本BEST3に絶対入る。

    読んだ後うつにはなるけど、
    なんだか心地の良いものだから
    くせになる。

    名言がいっぱいあります、

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年06月04日

    10巻を一気に読破★

    決して涙もろいほうではないけど
    何回もほろりとしちゃいました。

    自分のことをずっと
    大切に思ってくれる人がいるって
    本当幸せなことだなー、うらやまし!

    藤くんがタイプすぎる♥!

    このレビューは参考になりましたか?

砂時計 のシリーズ作品 全10巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~10件目 / 10件
  • 砂時計(1)
    完結
    462円(税込)
    植草杏、12歳。両親の離婚を機に母親の実家・島根に越してきた。田舎独特の雰囲気をなれなれしくプライバシーが無いと感じた杏。だが、近所に住む大悟と知り合い、徐々に自分の居場所を見つけるのだった。しかし、彼女を支える母親が仕事中に倒れて…!?現在、過去、未来をつなぐ恋の物語、第1巻!!
  • 砂時計(2)
    完結
    462円(税込)
    なれない田舎での生活、そして突然の母の死を祖母と仲間たちと乗り越えてきた杏。幼なじみの大悟とつき合い始め、ようやくフツーの女の子らしい生活に。恋する心の愛しさとはかなさを感じながら、多感な15歳という今は別れの季節でもあるようで…!?
  • 砂時計(3)
    完結
    462円(税込)
    不器用でもまっすぐな恋をする杏と大悟だが、杏の父親との再会によって2人の仲は一変する。形は違えど亡き母を想う父と東京での生活を杏は選び、大悟との遠距離恋愛が始まった。一方で、名門月島家の跡取りとして、同じ東京で暮らし始めた藤だが…。現在、過去、未来をつなぐ恋の物語、第3巻!!
  • 砂時計(4)
    完結
    462円(税込)
    藤が失踪した。不安な気持ちを抱えたまま、島根で大悟と冬休みを過ごす杏。母の死から4年たった今でも、冬という季節は杏の古傷をうずかせる。そんな時は大悟の存在がなおさら温かく感じられるはずなのに、4年の歳月は2人の関係を微妙に変え…!?現在、過去、未来をつなぐ恋の物語、第4巻!!
  • 砂時計(5)
    完結
    462円(税込)
    流れる月日は人を強くも弱くもする。迷いながらも自分と向き合い、成長した藤(ふじ)。一方、大悟(だいご)に「距離をおこう」と言われ、不安な気持ちに囚われる杏(あん)。そして、とうとう苦しみながらも、ぎりぎりの愛情の表れとして、彼女が大悟に出した切ない答えとは…!?現在、過去、未来をつなぐ恋の物語、第5巻!!
  • 砂時計(6)
    完結
    462円(税込)
    植草杏、12歳。両親の離婚を機に母親の実家・島根に越してきた。田舎独特の雰囲気をなれなれしくプライバシーが無いと感じた杏。だが、近所に住む大悟と知り合い、徐々に自分の居場所を見つけていき…?
  • 砂時計(7)
    完結
    462円(税込)
    大悟(だいご)への想いと決別するように、藤(ふじ)と付き合い始めた杏(あん)。しかし忘れようとすればするほど、想いは強くなるばかりだった。藤のことを好きな気持ちは本当。でも、もっともっと好きな男(ひと)がいる---それが、杏の出した答えだった。そしてまた独りに…。現在、過去、未来をつなぐ恋の物語、第7巻!!
  • 砂時計(8)
    完結
    462円(税込)
    未練を残しながらも大悟(だいご)と決別し、一人で前に進み始めた杏(あん)。そんな時に出会った男と婚約するが、結局破談に。それをきっかけに、今まで張り詰めていた心の糸が切れてしまう。傷ついた心を抱え、思い出の砂時計を目指して旅に出た杏だが…。現在、過去、未来をつなぐ杏の恋物語、クライマックス!!
  • 砂時計(9)
    完結
    462円(税込)
    杏(あん)の母、大悟(だいご)の母、藤(ふじ)の母…三人がまだ少女だった頃の恋物語を描く『カナリヤ』。杏との婚約を解消した佐倉(さくら)が、赴任したN.Y.(ニューヨーク)で千衣(ちい)ちゃんと遭遇する『夏休み。』。少年時代の藤が体験した、忘れられないクリスマスの思い出がつまった『プレゼント』。「砂時計」ファン待望の番外編を3編収録
  • 砂時計(10)
    完結
    462円(税込)
    大悟(だいご)は小4のとき、クラスのみんなとタイムカプセルを埋めた。それから20年後、小学校の教師となって杏(あん)と新婚生活を送る大悟は、忙しいながらも充実した毎日を送っている。そんな中、カプセルを堀り返す日がきて、旧友や恩師・幸田(こうだ)先生と再会した大悟は…!?名作「砂時計」シリーズ、ついに完結!!

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています