モンキーターン(30)
  • 完結
  • 最新刊

モンキーターン(30)

作者名 :
通常価格 462円 (420円+税)
獲得ポイント

2pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

憲二と洞口が直接顔を合わせる全日本選手権(ダービー)の日がやってきた。イン屋に徹してきた洞口と、基本のマクリに立ち返った憲二とのライバル対決の行方は?そして青島と澄の両方を好きになってしまった憲二は、最終的にどんな答えを出すのか…!?「水上の格闘技」競艇を描いた話題作、ついに完結!!

ジャンル
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
週刊少年サンデー
ページ数
202ページ
電子版発売日
2012年10月05日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
49MB

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    競艇をまったくしらない人でも、競艇がわかるようになります。

    専門用語とかバンバン使えるようになるよ。役に立つかしらんけど。


    あと、ラブコメり具合も良い感じ。


    おれの好きなシーンは、ダービーで洞口のおっさんのダンプを波多野(主人公)が、左足に過重をかけるターンでかわすところです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    競艇というもの自体に興味は無かったけど、何となく読んでるうちに引き込まれました。競艇のコトはあまり分からないけど、モータースポーツとして観ると面白そうで、競艇場とかにも観に行きたくなります。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    競艇漫画。
    競艇は全く知らんかったが、リアリティを感じる。そして、壁→乗り越える→壁というのがスムーズなのがこの作者さんの売りであるように思う。また、魅力的なサブキャラが多数登場し、物語を賑やかにしている。安定した面白さを感じられる。
    ただ、終盤の恋愛感情のもつれっぷりはサンデーっぽくなかったかな?...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年06月27日

    初めて最後まで読んだ。競艇マンガ。競艇を観たくなったけど全国に競艇場あるし急ぐことは無いな。
    主人公の競艇に対する姿勢は好感が持てるので楽しく読めるけど、恋愛観は好きになれない。一節一節は盛り上がるけど、物凄い名場面と言われるとピンと来ない、という二つの理由で50。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    「唯一無二の大ヒット競艇コミック」ついに完結。実績のある作者だからこそのマイナーネタだが、競艇に対するイメージが相当変わったのは確か。最後のドロドロ恋愛劇はどうかと思うが、まぁ面白かった。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2016年08月17日

    なにかといがみ合ってきた波多野と洞口ですが、その対決が見れるのも賞金王決定戦が最後!盛り上がりも最高潮に達した最終巻でした。

    26,27巻あたりからやや駆け足気味に感じられた恋愛部分もちゃんとケリが着いていてほっとした。
    個人的に好きなキャラだった浜岡さんも、この最終巻の全日本選手権で見事SG初優...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2011年03月10日

    作品のすばらしさはもちろん、社会に出て、人と関わる時に心がけておきたい事がたくさん描かれています。
    河合克敏さん乃作品は、真面目で丁寧に描かれています。素晴らしい!

    このレビューは参考になりましたか?

シリーズ作品 全30巻配信中

※予約作品はカートに入りません

21~30件目 / 30件
  • モンキーターン(21)
    完結
    洞口がSG2連覇という快挙を達成。それを見た憲二陣営の和久井は、来月洞口と対戦するオーシャンカップまでに、新しいプロペラを完成させることを決意する。和久井は古池、憲二と共に、早速プロペラの制作に取りかかる。
  • モンキーターン(22)
    完結
    SGオーシャンカップ優勝戦に進出したのは、憲二、洞口、田胴満、岡泉誠二、今原信孝、そして女性初のSG制覇を目指す櫛田千秋。この6人で争われる優勝戦が、いよいよ始まった。憲二はスタートで出遅れるがすぐに追い上げ、各自一歩も譲らない激しいトップ争いが繰り広げられる。
  • モンキーターン(23)
    完結
    芦屋・新鋭リーグ。同期の友人・純の弱気な態度に憲二は「おまえに負けたら全裸で水面に飛び込む」とタンカをきってしまった。結果は執念の走りで、純が優勝。憲二は約束通り、全裸水神祭を敢行した。しかも、その模様はテレビにも放映され、憲二には謹慎1か月という処分がくだされる。
  • モンキーターン(24)
    完結
    愛知県常滑競艇場でのSG全日本選手権。準優勝戦・第11レースは、憲二の同期・三船が、「艇王」榎木らを相手に奮闘する。三船は1周目の終わりまで榎木とトップ争いを演じるが、健闘及ばず三船は4位に終わり、貫禄を見せつけた榎木が優勝戦進出を決める。
  • モンキーターン(25)
    完結
    賞金王決定戦への出場をめざし津競艇場でのチャレンジカップに望んだ憲二は、2日目第10レースを戦っていた。1周目2マークを回った所で2番手に甘んじていたが、ここから必殺技Vモンキーを決め、1着を取る。そのころ江戸川競艇場では、優子と洞口が気まずい雰囲気の中で対峙していた。
  • モンキーターン(26)
    完結
    賞金王決定戦へ出場を決めた憲二と洞口。洞口は父であり、賞金王を過去2度制したレーサー・洞口武雄から、勝負のカギを握る重大なアドバイスを受けていた。一方、憲二もまた、賞金王に1度だけ出場した師匠の古池に会い、当時の話に耳を傾ける。
  • モンキーターン(27)
    完結
    女子選手ナンバーワンを決める「女子王座決定戦」で、波多野の同期・青島優子は見事優出を果たした。そして残る2つのイスをかけた準優勝戦12R。女王・櫛田らと共に、やはり波多野の同期・小林瑞木が出走することに。初出場ながら勝ち進んできた小林は、ここでも見事なトップスタートを切るが…!?
  • モンキーターン(28)
    完結
    新年初のSG「総理大臣杯」準優勝戦・最終12レース。優勝戦出場をかける憲二は、地元の新鋭・森本と激しい2着争いをしていた。ほぼ並んだ状態での2周目2マーク、森本はターン出口で艇先(バウ)を持ち上げる必殺技「ウィリー・モンキー」を繰り出し憲二をリードするが…!?
  • モンキーターン(29)
    完結
    5月になって各地区ではGWレースが開催されていた。福岡では憲二の同期・青島優子が絶好調。常滑では洞口が打倒・憲二に向け、「深イン」の習得に闘志を燃やしていた。一方、憲二は平和島のGWレースで優勝し、次なる標的はSGの第2幕・笹川賞!
  • モンキーターン(30)
    完結
    憲二と洞口が直接顔を合わせる全日本選手権(ダービー)の日がやってきた。イン屋に徹してきた洞口と、基本のマクリに立ち返った憲二とのライバル対決の行方は?そして青島と澄の両方を好きになってしまった憲二は、最終的にどんな答えを出すのか…!?「水上の格闘技」競艇を描いた話題作、ついに完結!!

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています