帯をギュッとね!(1)
  • 完結

帯をギュッとね!(1)

作者名 :
通常価格 462円 (420円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

5人の中学生が、昇段試験で黒帯をとった。粉川巧、同じ北中の杉、南中の斉藤、それに東中の三溝と宮崎だ。かつてのライバル同士が、意外な形で再会したのは、高校の入学式。しかも同じクラス。でも、この浜名湖高校には、柔道部がなかった。そこで彼らは、柔道部を自分たちで創部する。全員一年生の新生・浜名湖高柔道部がスタート!!

ジャンル
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
週刊少年サンデー
電子版発売日
2012年10月12日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
38MB

関連タグ:

帯をギュッとね!(1) のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2011年04月06日

    姉の影響で読んでたなー♪
    絵が現実的なことは勿論、主役だけでなく脇役にも濃いキャラを描き、コネタがあやゆる処に散りばめられている世界観が好感持ちます。好きだなぁ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年01月02日

    1-30
    実家に帰省して久し振りに読んだ。
    相変わらずとても面白い。
    柔道マンガとしては明らかに1番。少年スポーツものとしても、1番を上げて良いぐらい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    ラブコメ成分多めのさわやか系熱血柔道マンガ。
    中学校時代にはさほど実績のない人間が集った新設の柔道部が全国制覇するのだが、練習風景の描写と、ちゃんと主人公たちも負けてるような印象を抱かせるのが上手いためご都合主義に見えない。
    巻末の読者イラストコーナー(「絵筆をとってね」)の往復書簡的性格も楽しい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    こちらは、柔道まんがです。
    『帯をギュッとね!』のお勧めはなんといってもカバーの4コマまんがでしょう!(今回はゴレンジャー編)
     それともう一つ!イラストコンテストの“絵筆をもってね!”です。1巻にはなんと『烈火の炎』などの安西信行さんの作品がグランプリで載っています。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    面白い!ギャグセンスもマジで良い。授業中に読むと、笑いをこらえるのに疲れて読むのを断念するほどです(実体験

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    『モンキーターン』の河合先生の初期作品。全30巻。

    モンキーターンも大好きだけれど、帯ぎゅっが最高だと思います。

    モンキーターンには軽やかな笑い(謎)があまり練りこまれていない気がします。
    ギャグのテンポにしても、柔道の試合の描写にしても最高でしたっ。
    とりあえず、笑いのテンポが好きです。杉好き...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    高校のときに友人に借りました。面白いそしてあ〜こういうの青春っていうよね、と読んでいました。私には「タッチ」よりこっちが青春のバイブルでした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    普通にスポコンとしても十分に面白いんだけど基本的にバカだしなぁ。
    しかし柔道という協議がどれだけスポーツ漫画向きなのか思い知らされた作品でもあります。
    チーム人数5人、試合自体は1対1、しかも試合時間5分ってマンガを構成する点だけで言えば野球やバスケよりもかなり理想に近い形じゃないですか?
    でもバカ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    通称「帯ギュ」。今読んでも十分笑えます。スポ根で柔道で、となると暑苦しいイメージですが、これはそんな感じがしません。ギャグがきいてて腹を抱えて笑うこともシバシバ。思い出し笑いにも注意。そしてスポーツに青春を捧げた高校生たちかと思いきや普通に(いや、以上か?)女の子に興味があるし。主人公に至っては公認...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    柔道青春マンガ。これぞ!絶対にこれの影響で柔道始めた人たくさんいるはず。それくらい素敵な青春さあ。
    私は真理ちゃんのファン。

    このレビューは参考になりましたか?

帯をギュッとね! のシリーズ作品 全30巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~30件目 / 30件
  • 帯をギュッとね!(1)
    完結
    5人の中学生が、昇段試験で黒帯をとった。粉川巧、同じ北中の杉、南中の斉藤、それに東中の三溝と宮崎だ。かつてのライバル同士が、意外な形で再会したのは、高校の入学式。しかも同じクラス。でも、この浜名湖高校には、柔道部がなかった。そこで彼らは、柔道部を自分たちで創部する。全員一年生の新生・浜名湖高柔道部がスタート!!
  • 帯をギュッとね!(2)
    完結
    浜名湖高校・新柔道部は、粉川巧をはじめ、全員が一年生。しかも顧問は、柔道オンチの担任・倉田龍子先生。部員たちの同級生で、巧のガールフレンド・保奈美と、その親友・桜子をマネージャー役にむかえ、にぎやかにスタートした。他校との合同練習がおこなわれる中、かつて保奈美にホレていた佐鳴高校・石塚の挑発をうけ、全国柔道大会・地区予選に出場することに!
  • 帯をギュッとね!(3)
    完結
    あこがれの全国柔道大会・地区予選に出場した、粉川巧と浜名湖高校柔道部員たち。というのも、かつて保奈美にホレていた佐鳴高校柔道部・石塚の挑戦をうけての参加だから、動機はいたって単純。佐鳴高校と対戦するまでは意地でも負けられない浜高に、強敵出現。こともあろうに一回戦で、昨年の準優勝校・赤石林業と当たってしまった!
  • 帯をギュッとね!(4)
    完結
    因縁の佐鳴高校と対戦するまでは、何が何でも負けられない浜高は、思いもよらぬ力を発揮。試合を次々と勝ち進み、全員一年生の初出場校が、なんと準決勝に進出。相手は佐鳴高校。両校の必死の攻防のなか、ともに一勝三引き分けとなり、決勝進出をかけた代表戦にもつれこむ。代表となった巧と石塚が、ついに激突!
  • 帯をギュッとね!(5)
    完結
    新生クラブの浜高柔道部が、春の高校柔道地区予選大会で、まさかの第3位に。とはいうものの負けは負け。そのくやしさを晴らすため、部員たちは珍しく特訓を開始。夏の合宿を終え、秋の大会、絶対優勝を目指す浜高の前に、新たなライバルが……。
  • 帯をギュッとね!(6)
    完結
    秋の柔道選手権大会・地区予選を目指し、県警の柔道師範・倉田の指導のもと、メキメキと腕を上げる浜名湖柔道部の5人。その実力を試すため、無謀にも二段への昇段審査に挑戦。が、意外や意外、杉、宮崎、三溝、斉藤と、いずれも文句なしの6人抜きで合格。そして、巧は……!?
  • 帯をギュッとね!(7)
    完結
    二段への昇段試験で、ただ一人失敗した粉川巧は、初段のまま、秋の柔道選手権大会・地区予選に突入。一回戦、こともあろうに対戦相手は、前大会で勝てなかった佐鳴高。しかし、先鋒・巧がすさまじい活躍をみせる!
  • 帯をギュッとね!(8)
    完結
    秋の柔道選手権大会・地区予選に出場した浜名湖高校の5人。一回戦では、巧の一人5人抜きの大快挙で圧勝。つづく二、三回戦も勝ち抜き、ついに準決勝に進出。相手は、巧の幼なじみ・堀内平八郎を擁する暁泉学園。はたして勝ち残るのは、恐るべき破壊力を持つ暁泉か、チームワーク(?)を誇る浜高か!?
  • 帯をギュッとね!(9)
    完結
    高校柔道選手権大会・地区予選に出場した浜名湖高校の5人は、全員が一年生。といってもこの5人は、なかなかのクセ者揃い。ついには決勝進出を決めた。対戦相手は、超高校級選手・藤田を擁し、無敵といわれた三方ヶ原工業高校。だが、浜高は大善戦。勝負は巧と藤田の大将戦にもつれこみ……!?
  • 帯をギュッとね!(10)
    完結
    地区予選最大の敵・三方ヶ原工業高を破った浜名湖高柔道部は、ついに全国大会に出場。念願の日本武道館での初試合に、燃えに燃えた5人だったが、一回戦で、前年三工に敗れた尚北高に敗退、あっさりと姿を消す。来年の春に雪辱を期す浜高柔道部の、新たなる挑戦の日々が始まる!
  • 帯をギュッとね!(11)
    完結
    三工との練習試合で惨敗を喫し、まったく練習に気合が入らない浜高柔道部の面々。そこで一念発起。県警柔道部の猛者たちから特訓を受けることに。一方、桜子が新入部員の麻理ちゃんの練習相手として、柔道に本格的に取り組むことになる。そして、いよいよ、高校総体・個人戦が開始する。
  • 帯をギュッとね!(12)
    完結
    県警柔道部の特訓で力をつけた浜名湖高柔道部は、高校総体・地区予選男子個人戦に出場。浜高5人衆をはじめ、それぞれのライバルが順当に勝ち進むなか、いま軽中量級準決勝の時がきた。巧の相手は、暁泉の永田!
  • 帯をギュッとね!(13)
    完結
    高校総体・地区予選男子個人戦の一週間後、女子個人戦が開始。48キロ以下級では、高校日本一の袴田さんや、浜高の一年生部員・麻理ちゃんが無類の強さを発揮し、ベスト4に進出。そしてもう一人、あの桜子までがオール一本勝ちで、ベスト4に……!!ついに袴田さんと桜子が、決勝進出を賭けて戦うときがきた!
  • 帯をギュッとね!(14)
    完結
    高校総体・団体戦。地区予選はなく、ぶっつけ本番の県大会に出場した浜名湖高柔道部。県警・西久保の指導でメキメキと腕をあげた浜高は、大会初日、巧と杉の遅刻というアクシデントを乗りきり、まずベスト16に進出。むかえた二日目。ベスト4をめざし快進撃をつづける浜高だが……!?
  • 帯をギュッとね!(15)
    完結
    いよいよ、高校総体・県個人戦が開始。女子個人戦では、柔道をはじめて2ヶ月ちょっとの桜子が大健闘。準決勝まで進出するも、赤磐高の別所さんに敗れてしまう。その敗北が麻理ちゃんを奮い立たせた!インターハイ出場へむけて、いま浜高柔道部の意地が炸裂!!
  • 帯をギュッとね!(16)
    完結
    インターハイ出場権を賭けての県大会個人戦。好成績を残し、すべて順調な浜名湖柔道部といいたいところだが、斉藤のケガで、団体戦に赤信号がともる。インターハイまであと2ヶ月。ここは一年生・仲安と石野の奮起あるのみ。目標は日本一、浜高ガンバ!!
  • 帯をギュッとね!(17)
    完結
    まちにまったインターハイが開幕。まずは男子団体戦。3校で予選をおこない、1校が決勝トーナメントへ進出できるというわけだ。浜高のブロックは、兵庫・教英と熊本・東名大二。いま教英高を相手に、浜高の先鋒・宮崎が、インターハイの初勝利をめざし、「はじめっ」の声を待つ!!
  • 帯をギュッとね!(18)
    完結
    インターハイ・男子団体戦で、決勝トーナメント進出を決めた浜高。相手は、高校No.1の玉城を擁する優勝候補の沖縄尚北。春の高校選手権で尚北高に敗れている浜高にとり、雪辱を晴らす絶好のチャンス。だが、善戦むなしく先鋒・宮崎が、逆転の一本負け。そして今、次鋒・杉が、強敵から「技あり」をとり、場内騒然!!
  • 帯をギュッとね!(19)
    完結
    インターハイ男子団体戦。予選リーグを勝ち上がった浜高柔道部は、決勝トーナメント1回戦で、優勝候補の沖縄尚北を破る大金星をあげ、ついにベスト8に進出する。波に乗る浜高の次なる相手は、超強豪・千駄谷学園。完治していない肩からテーピングをはずし、今、先鋒・斉藤が立つ!!
  • 帯をギュッとね!(20)
    完結
    地方予選から数え、全国で3500校以上が戦った、夏のインターハイ男子団体戦も最高潮。強豪・沖縄尚北を破り、一躍注目を集めた浜名湖高校は、準々決勝で名門・千駄谷学園に挑んだ。巧が一矢報いるものの、団体での負けが決定。そして、インターハイは、それぞれの想いを秘め、体重別個人戦に突入した……。
  • 帯をギュッとね!(21)
    完結
    夏のインターハイ。沖縄尚北の玉城、千駄谷の鳶嶋(兄)と、強敵を撃破した巧は、一躍注目の的となった。そしてむかえた個人戦。軽中量級の巧と、軽量級・宮崎の二人は、ともに快進撃を続け、いずれも一本勝ちでベスト4に勝ち進む。そして、いよいよ準決勝。ライバル・巧と藤田が、くしくもとなり合わせた試合場で、それぞれの出番を待つ……!?
  • 帯をギュッとね!(22)
    完結
    地元・静岡でむかえたインターハイ。浜名湖高柔道部は、初出場ながら団体戦でベスト8。さらに個人戦では、軽量級の宮崎が3位。そして軽中量級に出場した巧は、オール一本勝ちで決勝に臨むが、千駄谷学園・鳶嶋(弟)の袖釣り込み腰の前に敗れ、惜しくも2位。優勝を逃した巧が、一年後の雪辱を誓うなか、熱く燃えた男子の部は、ここに幕を閉じた。そしてむかえた女子の部。大躍進をつづける浜高の人気者・麻...
  • 帯をギュッとね!(23)
    完結
    麻理ちゃんが女子柔道の頂点・福岡国際女子大会に出場。世界の強豪を相手に、いつものマイペースで勝ち進み、なんと決勝に進出してしまった。決勝の相手は、キューバのドミニク・ミリアン。無欲の勝利を重ねてきた二人が、決勝の舞台で対峙する!
  • 帯をギュッとね!(24)
    完結
    春の高校柔道選手権・県予選。快進撃を続ける浜名湖高校柔道部の、決勝の相手は、やっぱりあの三方ヶ原工高。別所さんのバンダナを右腕に巻きつけた先鋒・斉藤が大奮戦。ついに、対する三工を藤田一人と追いつめる!浜高は、杉をふくめてまだ四人。このまま快勝となるか!?
  • 帯をギュッとね!(25)
    完結
    高校柔道選手権・静岡県大会。男子団体戦で浜高は優勝をきめ、残るは女子個人戦。福岡国際女子柔道大会で優勝した麻里ちゃんは大人気で、サイン攻めに合う。周囲からの期待が大きすぎプレッシャーがかかるのではと思われた麻里ちゃんだが、そんな心配は全く無用で難なく初戦突破。52kg級に出場する桜子、赤磐高の別所さんも順当に勝ち上がった。そして、その二人をマークする三保女子学園の薩川佐代子とい...
  • 帯をギュッとね!(26)
    完結
    春の高校柔道選手権・県予選。男子団体戦に出場した浜名湖高柔道部は、宿敵・三方ヶ原工高を破り優勝。静岡県代表として、全国大会への切符を手にする。だが、県大会は一つの通過点。目標は、あくまでも日本武道館での日本一。ところが、その前に恐怖の儀式が浜高の面々を待ち受けているのだ。そう、その名は泣く子も黙る「期末テスト」!!
  • 帯をギュッとね!(27)
    完結
    宿敵・千駄谷学園の試合をビデオテープでみた浜高の面々は、打倒・千駄谷に闘志を燃やす。そして始まった、春の高校柔道選手権大会・個人戦。静岡勢の女子では、浜名湖高の麻理ちゃんと、三保女子の薩川さんが大活躍。男子では、三方ヶ原工の藤田が、千駄谷学園の橘と優勝を争うことに。
  • 帯をギュッとね!(28)
    完結
    白熱する春の高校選手権大会・団体戦。全国制覇の夢に燃える浜名湖高柔道部は、順調に勝ち進み、まずベスト8に進出。そしてむかえた準々決勝の対戦相手は、なんと冬の合宿で、ともに稽古を積んだ都立・竹の塚高。ポイントゲッターの三溝を先鋒に置き、一気に勝負に出た浜高だったが……!?
  • 帯をギュッとね!(29)
    完結
    春の高校選手権大会・団体戦。準々決勝の相手・竹の塚高に対し、次鋒・巧が執念の五人抜きを成し遂げる。そして、準決勝に進んだ浜高は、超強豪・天味高を巧なしで打ち負かすという快挙を果たす。決勝の相手は千駄谷学園。いよいよ雌雄を決するときがきた!!
  • 帯をギュッとね!(30)
    完結
    白熱する春の高校選手権大会・団体戦決勝。浜高柔道部は、全国制覇の夢をかけて、宿敵・千駄谷学園と激突。大会出場二度目、決勝進出は初めての浜高だったが、三連覇をめざす千駄谷と一進一退の攻防を繰り広げていた。日本一の栄冠を手にするのは、浜高か、千駄谷か!?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています