オブ・ザ・ベースボール
  • ptバック

オブ・ザ・ベースボール

作者名 :
通常価格 544円 (495円+税)
獲得ポイント

219pt

  • 40%ポイントバック

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

「道化師の蝶」で第146回芥川賞を受賞した円城塔氏のデビュー作が登場。ほぼ一年に一度、控えめに見ても百人を下ることのない人間が空から降ってくる町、ファウルズ。単調で退屈な、この小さな町に流れ着き、ユニフォームとバットを身につけ、落ちて来る人を「打ち返す」レスキューチームの一員になった男の物語。奇想天外にして自由自在な文学空間。表題作は文學界新人賞受賞。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
194ページ
電子版発売日
2012年08月03日
紙の本の発売
2012年04月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

オブ・ザ・ベースボール のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年12月04日

    『オブ・ザ・ベースボール』でクリストファーラングトンに言及があったかと思えば、『つぎの著者へつづく』では果てしない文章の連関のメタファーにカオスの発展を用いている。やはり円城さんの作品は思考実験のような形をしていて、その仕掛けが見えてくるとまたもう一度読み返したくなってくる。円城さんの作品は本当にど...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年07月15日

    文學界新人賞受賞作。最初に文學界で読んで、なんて私好みのがきた!と思いましたが万人受けはしないかも。
    設定もキチガイで、文章の感じがすごく好きなんですが、人によってはこの文体がかっこうつけた感じでいやかも。最初よんでいけそうならぜひ。
    円城塔の中では比較的読みやすいので、これを読んで他のを見るか決め...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年07月31日

     文庫で再読。空から人が降ってくる町。レスキューチームの一員として雇われている主人公は、市から支給されたバットで落ちてきた人を打ち返す。
     ただの不条理小説としてでは済まされない、長閑な微笑ましさとヒリヒリした感覚を同時に伴う世界観が素晴らしい。
     もう1編の「つぎの著者につづく」はまさに円城ワール...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年05月03日

    文庫化されたので再読。デビュー作にして入門編。文章も内容も平易でとても読みやすい。

    価値観の多様性、信じるものの有無、あらゆる前提がまんべんなく粉砕されているこのご時世。

    すでに崩壊のカタルシスすら無効という世界において、円城塔さんの作品には純粋な「フィクションの愉しみ」がある。

    でかい一発を...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年01月05日

     表題作と「つぎの著者につづく」の二編を収録。
     表題作は思った程には難解ではなく、割とスラスラと読めた。
     特に際立ったストーリーはないように思える。
     僕なりの解釈だと「生と死」という現象を言葉に託して表現したものなのかな、なんて思えた。
     現象を表現するんだから、物語は不要なのかなと。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年07月15日

    映画のマグノリアがとても好きなので、空から降る系シリーズと聞いて初めて円城を読んでみた。

    マグノリアの不条理なことは起こり得るものだから受け入れるしかない、というメッセージに対してこちらは、不条理なことは本当に不条理なのだろうか?ということを問うているように感じた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年07月31日

    難解である。だから面白いのであろう。そこにある知のイメージはとてもエキサイティングで心地良い。今後も何度となく読みたくなるような気がする。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年01月25日

    オブザベースボールのストーリーを理解するのは難しい。むしろ解釈とか許容が求められる。

    主人公も空から人が降ってくる訳のわからない事態を解釈しようと試みている。

    面白いのは、同じ現象でも、物理学者や数学者とか見ている人によって見え方、解釈の仕方が異なること。

    あと、主人公は空から人が降ってくるこ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年09月12日

    表題作と「つぎの著者につづく」の2編を収録したもの。

    1年に1度空から人が降ってくる町の話である「オブ・ザ・ベースボール」は円城塔としては意外にも読みやすい。

    なんで人が降って来るのかとか、なんでその救助隊がバットで降ってくる人を打ち返すのかとか、それはそれとして、町のこと、人が降って来ること、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年10月17日

    「オブ・ザ・ベースボール」
    ・「何々はこれこれだ。なぜなら何々だからだ。」式の記述。
    ・ポップに不条理で、読後感はほのかな悲哀と決断に伴う勇ましさも残る。なにこの感情。
    ・カム。カムオン。
    ・すべては正しく間違っている。
    ・腹かっ捌く。

    「つぎの著者につづく」
    ・ベコス。
    ・これは手法としては「厭...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています