小説・震災後

小説・震災後

作者名 :
通常価格 649円 (590円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

人気作家が挑む、3.11以降の世界

『亡国のイージス』『終戦のローレライ』の作者、5年振りの現代長編!
未来を見失ったすべての人たちに贈る、傷ついた魂たちの再生と挑戦の旅路。

2011年3月11日、東日本大震災発生。
多くの日本人がそうであるように、平凡なサラリーマン・野田圭介の人生もまた一変した。

原発事故、錯綜するデマ、希望を失い心の闇に囚われてゆく子供たち。
そして、世間を震撼させる「ある事件」が、震災後の日本に総括を迫るかのごとく野田一家に降りかかる。

「どうだっていいよ。仮に原発がなくなったって、どうせろくな未来はないんだ」

「被災地の人たちには悪いけど、ここだけは無事に済みますようにって、本気で祈ってる自分が情けなくて……」

「道筋だけ示しておいてやれ。目指すべきものが示されれば、放っておいても子供たちは歩き出す」

傷ついた魂たちに再生の道はあるか。

祖父・父・息子の三世代が紡ぐ「未来」についての物語――。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
小学館文庫
ページ数
304ページ
電子版発売日
2012年07月06日
紙の本の発売
2012年03月
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

小説・震災後 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2014年11月24日

    先の震災を題材にある家族を通して、人が生きることの意味を描いた小説。細かい部分では青臭く聞こえてしまう部分もあるけれど、描いているテーマはローレライと同じ。それは私自身、若かりし日に仕事の方向を決める時に考えたことと通じるものがあり、すんなりと受け入れられる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年03月01日

     福井晴敏 著「小説・震災後」を読みました。

     東日本大震災後、東京に住む平凡なサラリーマンの家庭が舞台。原発事故を経て、希望を失い心の闇にとらわれてしまう息子。その息子に希望を取り戻すためにあがいていく家族。そして、祖父・父・息子の三世代が紡ぐ「未来の物語」が語られていく。

     フィクション...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年01月17日

    久しぶりの福井晴敏。読み始めたときは、福井は原発廃棄路線でこの物語を綴るのか?という思いで読んでいた。物語は中盤から、震災後の日本を語る話から、一家族の話にスケールダウンして行く。その一方で、父が子に、親に語りかける言葉から、むしろ日本や近代社会への思いが強く伝わってくる。原発への思いは人其々だけれ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年08月20日

    不勉強なものでこの小説に書かれていることがどこまでが現実なのかはわからない。
    しかし、ページを進ませるエネルギーは半端なかった。
    野田の最後の演説は福井さんの作品だなーと思わさせられるが読み切らせるだけの力があったように思う。

    あと、いつものことながら福井さんの作品は親父がかっこいい。
    そして女が...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年08月09日

    震災から1年経った今、是非読んでもらいたい作品。

    文章の中には、戦後社会の歴史と現状に対する深い洞察に溢れている。
    それを全肯定、というわけではないんだけど、全体としては鋭い洞察であると思うし、読者としても心に留めるべきだと思う。


    「『未来』の対になる言葉は、おそらく『将来』」。本文中のこうい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年04月20日

    ”小説”なんだけれど、実際にあってもおかしくはない。
    震災後の日本に住む人が持つ不安と恐れと希望。
    特に子供たちの思いはどうなんだろう。我が家の子供たちは、同居はしているけれどもう立派?な大人なので、通り一遍の感想を言い合っただけで心に持ってしまった傷を明らかにするようなことはなかった。
    傷ついてし...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年04月14日

    痛いなぁ~。グッサリと深くまで刺さったなぁ~。

    あくまでもノンフィクション小説だとは言え、まさに「震災後」の社会の成り行きと我々の心模様とをしっかりと見据えて書かれた作品。

    これを読んだからといって「何か行動を起こそう!」って感じではないとは思うが、少しでも多くの人がこの作品を読んで“闇”を抜け...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年04月05日

    決してドキュメンタリーではなく
    あくまでも小説に仕上げておきながら
    この味も素っ気もないタイトルに込めた思いが
    滲みてくる。
    父と息子の物語にもなっているあたりが
    涙腺を刺激する。
    いつもの福井ではないけど
    やっぱり福井であります。
    石破茂のあとがきがこれまた良い。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年04月01日

    発売即買い後ずっと読めず…やっと読書再開、で即完読。
    大好きな作家の一人の福井晴敏さんはユニコーンガンダム以来久しぶりの単行本。臨場感ある描写にいつも引き込まれます。
    震災後一年すぎた今、「大人の男」として社会や家族の中で「未来を示すこと」の大切さを改めて認識させられました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年03月27日

    あれから一年、未だこの国の未来は見えてこない。沈滞したムードが日本を覆う中、福井晴敏が書き上げた小説「震災後」

    想像を超えた災害に遭遇した時、人は己の殻に閉じこもり現実を拒否するのか、それとも明日へとつながる希望を模索するのか・・・

    小説では父と子の絆の再生を軸に、日本の未来へと話が展開する。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています