伊達政宗

伊達政宗

作者名 :
通常価格 653円 (594円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

東北の名門に生れた伊達政宗。疱瘡で片目を失うも、若くして家督を譲られ、抜群の戦勘と実行力で東北を制圧すると、すぐに天下に狙いを定める。秀吉・家康二人の天下人から生涯その野望を警戒されながらも、軽やかに乱世を生き抜いた最後の戦国武将を描く。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
歴史・時代 / 歴史・時代小説
出版社
学研
掲載誌・レーベル
学研M文庫
ページ数
320ページ
電子版発売日
2012年06月29日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

伊達政宗 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    まさむね、かわええです。ちっさな梵天と小十郎のやりとりとか。
    関ヶ原は西軍が好きなので、関ヶ原関係の本は読んでましたが、時代的には関ヶ原で終わってしまうので、江戸に入ってからの話とかもあって少し新鮮でした。若い頃のやんちゃぶりから、18歳で家督相続、弟殺しなど経て、大人になってはいくものの、最後まで...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    やはり一冊で伊達政宗の一生を綴るのは…少し物足りなかったかなぁ。だけど、母親との関係に関しての話は大好きですvやはり、そうだよ!なんて思いながら読みました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年02月06日

    まあまあ。ページ数が少ない割には良くまとまった感がある。母親との確執部は作者なりの解釈が上手に描かれている。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年08月19日

    前半は伊達家の家督相続など家中の問題についてが多く、特に政宗と義姫の問題は読んでいて大変複雑な気分になりました。
    また本全編を通して政宗と家臣団の絆の強さが窺える作品だったと思います。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    私の戦国愛にアテられてか、姉が衝動買いしたのを貰いました(笑)買った場所は仙台空港!伊達ですよね。
    物語の始まり方が斬新で引き込まれますね。伊達政宗の半生が生き生きと描かれています。ただ、政宗という男は残念なことにこの本一冊に収まるようなボリュームの男ではなく、小田原参陣の辺りからはページの関係上か...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています