石田三成

石田三成

作者名 :
通常価格 726円 (660円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

豊臣秀吉の死後、天下の野心を再燃させ、豊臣政権内の武断派を通じて着々と力を蓄える徳川家康に対し、その野望を阻止すべく短期間に日本の半分の大名を掌握した石田三成の手腕。かくして関ヶ原での決戦を引き起こした石田三成の本懐とは、なんであったのか…

ジャンル
出版社
学研
掲載誌・レーベル
学研M文庫
ページ数
400ページ
電子版発売日
2012年07月27日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
2MB

石田三成 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2012年11月19日

    面白かったです。
    今まで、三成にはあまり注目してこなかったので知らなかったことが多くて・・・この本、すごくわかりやすかったです。
    章のタイトルが武将名になっていて、括弧で合戦名。
    歴史や勢力の移り変わりが良く分かって、あと、その章ごとに三成が“人”から何かを学んで成長していく様子が描かれている。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    これはもう最強ですね。無双の三成好きさんには特におすすめです。
    違和感無しスラスラに読んでいけます。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    これはもう三成ファンは読むべきですね。絶対に後悔はしません。この三成はお茶を汲んでばっかりという変な印象を持っているのですが、あながちはずれではないかな(笑)大谷刑部を紀之助と呼び、刑部は三成のことを佐吉と呼び合うというたまらないシチュエーションの中、秀吉は三成の事を猫かわいがりし、家康にまでその器...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    織田信長、豊臣秀吉、直江兼続、島左近、徳川家康他、同時代に生きた11人に関連づけ、大義に生きた石田三成の生涯を書いた一冊。
    一般的(?)な三成に対する負のイメージが払拭されること間違いなしです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    三成あんた大人気だね!と言いたくなる(笑                  三成が好きな人は満足して読めるのではないかと。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年02月10日

    江宮さんの本はこれで3冊目ですが相変わらずこの方の書き方はすっきりしてて解りやすいです
    一番印象に残った台詞が「義に生き、義に死にたい」秀吉に仕えるときの台詞ですが、この台詞こそが、三成の生涯を表すものであると思います。
    きっと三成は、秀吉の下でしか生きられなかったんだな…だからこそ関ヶ原の戦いを起...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    秀吉さまとの絡みがネ申。 最期のお別れのシーンはホントに泣ける……。
    「猿、その佐吉をくれ」的な信長様に噴いた。
    1番ツッコんだのは、小西お前かよ。 そこは直江だと思ってたようっかりだ!! 

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    三成が三顧の礼を尽くして左近を召抱えるシーンにニマニマ。
    島殿、と左近をよぶ三成に左近が「左近と呼び捨てにしてくだされ」と云う。
    渋る三成に、左近はそれが仕える条件だと。
    三「わかった。明日よりは左近と呼ばせてもらいましょう」
    佐「いえ、明日よりではなく、今宵から、ですぞ」

    今宵からですってよ!
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    健気な三成/三成吉継行長の仲良しトリオ…とりあえず江宮さんが西軍大好きだということは分かりました(笑)何この何の欠点もない三成!(失礼)

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    三成がかわいすぎる。

    秀吉様や、左近や直江、大谷刑部との関係に思わず萌えてしまいました。
    歴史人物小説なのに…。

    少し、三成が清廉潔白すぎるきらいがあるのと、他の人の逸話を三成のものとして書いてあるところ、あと反三成派の扱いがちょっとひどいですが、全体的に三成がかわいくておもしろかったです。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています