小早川隆景

小早川隆景

作者名 :
通常価格 653円 (594円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

毛利元就の三男として生まれ、小早川家の養子となった隆景。元就の「三矢の教え」の下、次兄の吉川元春と共に「毛利両川体制」を築く。厳島合戦で水軍を率いる武勇だけでなく、豊臣政権と太いパイプを築くなど政治的な面からも毛利を支え続けた知将の生涯。

ジャンル
出版社
学研
掲載誌・レーベル
学研M文庫
ページ数
320ページ
電子版発売日
2012年07月20日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

小早川隆景 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    隆景、超好きです、よ。
    興味をもった理由は、秀秋を養子にするエピソード。毛利のためなら自分の家をつぶすことになっても…、て、どんなけ主家思いなの?!と。
    実際、本を読んで見て、はじめて、毛利元就の息子だとわかったり、三本の矢を説かれた人だとわかったり。知らないことばかりだったので、おもしろかったです...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年04月06日

    小早川隆景、毛利元就の息子の中で最も父親に気質が似ているとされますね。この小説では偉大な父を尊敬しつつも、一方で非情ともいえる策略に反発を覚え、葛藤する姿が印象的でした。それを乗り越え、毛利家の大黒柱に成長し、最後まで毛利家のために尽くす隆景の心情描写が興味深かったです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    ゴロゴロ転がる(笑)。元春と隆景の仲のよさに転がる(笑)。何、何であんたらそんなにお互いのこと好きなの?というくらい。

    話の流れは「決戦!厳島」。厳島合戦にたどり着くまでが長い。そこから先は急降下。「え、もうここ?」みたいな。厳島後もじっくり読みたかった。そんな想いがマイナス★

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年01月28日

    毛利一族に関してはあまり読んだことがなかったのでさらに関心を持ちました。
    今後は毛利関係も読んでいこうと思います。
    九鬼の水軍に敗れたり秀秋関係はあまり書いてませんでしたね~。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています