百人一首(全) ビギナーズ・クラシックス 日本の古典

百人一首(全) ビギナーズ・クラシックス 日本の古典

作者名 :
通常価格 616円 (560円+税)
紙の本 [参考] 748円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

かるた遊びとして広まり人口に膾炙され、日本文化に多大の影響を与えた百人一首を、手軽に楽しむ本。文法の知識や旧仮名の読み方を知らなくても、歌の意味がわかり声に出して朗読することができるように工夫。
※本作品は紙版の書籍から口絵または挿絵の一部が未収録となっています。あらかじめご了承ください。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内文学
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川ソフィア文庫
シリーズ
ビギナーズ・クラシックス 日本の古典シリーズ
電子版発売日
2012年08月03日
紙の本の発売
2010年11月
サイズ(目安)
2MB

百人一首(全) ビギナーズ・クラシックス 日本の古典 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2011年07月14日

     入院中に、大学のゼミの先生が「お見舞いに」と下さった本。文庫本なので、バスや電車などの移動中などに少しずつ読んでいたら、読み終えるのに半年以上かかってしまった。

     百人一首のそれぞれの和歌について、初心者にもわかりやすく解説してあり、ときに著者の専門的な解釈が加わる。「古典は好きだけれども、和歌...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年06月15日

    このシリーズはほんとうにすばらしい。簡潔にして要を得ているってのはこういうものだ。筒井康隆の「裏小倉」まで紹介されているのは驚いた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年02月10日

    万葉集、古今和歌集、新古今和歌集と、順に楽しんできたので、とても親しい気持ちで読みすすめられました。

    和歌というものがいかに決められた枠組みの中で詠われたものか、ということが大変よくわかります。感情を素直に言葉にするのだけではなくて、高度にルールが規定されたものでした。

    百人一首は、膨大な和歌の...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年05月28日

    ちはやふるの影響もあり読み始めたが、人生や恋心を歌った和歌たちに心を揺さぶられた。
    特に、多くの歌にどことなく寂しさや哀しさがあり、惹きつけられた。

    2016.5.28

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年04月27日

    初心者向けに百人一首を一首ずつ説明した本。
    歌の内容だけでなく、作者と作者の関係や、他に読んだ歌、似たテーマの歌なども紹介されててわかりやすい。
    もっと欲を言えば、歌合の時の歌には、対戦した歌も載せて欲しい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年04月18日

    20年ぶりくらいに百人一首の歌の意味を勉強。暗記と並行してやったので、相乗効果で吸収が速い。承久の乱って何だっけ、ってくらいに歴史忘れてるのでそこらへんの復習も必要。百人一首って、1,2番と99,100番がどっちも天皇親子だったんだな

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年08月19日

    「ちはやふる」を読んでいて、百人一首の歌の意味を知りたくなったので手に取りました。
    しっかりと歌の意味を理解するには、当時の文化や風俗、言葉使いに加えて、作者が誰で、いつ、どんなときに、誰に向けて詠んだ歌なのか、歌が作られた背景も知っていなければなりません。
    その部分を平易に解説してくれているので、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2022年05月03日

    学生の頃に暗記した百人一首。
    今も多少興味はありつつも、その背景や込められた意味をほとんど知らないなと思い、手に取りました。

    ・田子の浦にうち出でてみれば白妙の
          富士の高嶺に雪は降りつつ
    富士山に雪が積もっている歌…と、漠然としたイメージだったのが、「開放感とともに、青い空と青い海には...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

百人一首(全) ビギナーズ・クラシックス 日本の古典 の関連作品

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

角川ソフィア文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング