天皇たちの和歌

天皇たちの和歌

作者名 :
通常価格 1,320円 (1,200円+税)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

歴代の天皇は、和歌によって政治を行い、人民と交流し、和歌によって自らの心を吐露してきた。古代から現代までの天皇の歌、天皇自身のことばから、国家、天皇制、自然とのかかわりなどを読み解く。
※本作品は紙版の書籍から口絵または挿絵の一部が未収録となっています。あらかじめご了承ください。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 教育
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川選書
電子版発売日
2016年02月18日
サイズ(目安)
2MB

天皇たちの和歌 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2013年12月11日

    万葉集・古今和歌集・新古今和歌集・・・それぞれの時代の和歌が天皇にとってどういうものであったか。
    和歌の持つ意味を知ることができます。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年07月14日

    [ 内容 ]
    歴代の天皇は、和歌によって、政治を行い、人民と交流し、自らの心を吐露してきた。
    和歌は日本国家の誕生時から天皇とともにあり、天皇が歌を詠み続けることは皇位継承の上からも、自然の恵みを得るためにも、必要なことであった。
    一方で、天皇個人にとって歌は自然な心情の発露ともなった。
    古代から現...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    天皇の歌は祈りであり、日本は言霊の国であるというのがよくわかり、今上天皇の歌に「願い」「願う」が頻出するわけが分かった気がします。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

角川選書 の最新刊

無料で読める 学術・語学

学術・語学 ランキング