「サムスンにできて日本企業にできない壁」に、主人公の宮前久美が挑戦!ポーターやランチェスターから、「失敗の本質」「ストーリーとしての競争戦略」まで、この1冊でビジネス戦略がわかる!!

ジャンル
出版社
KADOKAWA / 中経出版
掲載誌・レーベル
中経出版
電子版発売日
2012年09月14日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • 100円のコーラを1000円で売る方法2
    通常版 2巻 1,512円(税込)
    「サムスンにできて日本企業にできない壁」に、主人公の宮前久美が挑戦!ポーターやランチェスターから、「失敗の本質」「ストーリーとしての競争戦略」まで、この1冊でビジネス戦略がわかる!!
  • 100円のコーラを1000円で売る方法3
    通常版 3巻 1,512円(税込)
    日本全体が成熟期に入りつつある中で、大きなイノベーションを生み出せずにいる企業たち──。本書では「イノベーション」をテーマに、現代の日本企業の課題と未来を提示していく。
  • 【図解】 100円のコーラを1000円で売る方法
    通常版 4巻 1,080円(税込)
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 『100...

100円のコーラを1000円で売る方法

購入済み

マーケティングとは?を簡単に!

awa 2014年03月25日

マーケティング理論を小説として読めることが面白い。
また、小説なので実践的な部分も臨場感があり楽しめる
お手軽な良書。

このレビューは参考になりましたか?

100円のコーラを1000円で売る方法3

購入済み

ジビアさに現実をみる

ファンタはグレープ派 2013年10月07日

シリーズ第三弾。タイトルの数字が、第二弾では半角「2」なのに、第三弾では全角「3」であるのはご愛嬌か。

ついに完結だが、「ああ、そうだよね、現実って甘くないよね」的な展開が繰り広げられる。
ちょっと前まで流行りだった「フリーミアム」が大きなネタになっており、それがいかに既存のプレイヤー達を追...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

100円のコーラを1000円で売る方法3

Posted by ブクログ 2018年10月28日

3部作の完結編

現状維持は破滅
新たな市場と顧客の開拓

黒船、ガンジーネット・ジャパンの戦略
駒沢商会とバリューマックスの決断

今まである製品に頼り切っては、会社は右肩下がり、早い段階での決断が、時として大胆な戦略が、

将来への種蒔きとなり、大きな収穫へと向かう。


この決断をできる会社は...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

【図解】 100円のコーラを1000円で売る方法

Posted by ブクログ 2015年03月03日

バリュープロポーション
顧客が望んでいて競合が提供できない価値

製品志向と市場志向

カスタマーマイオピア

プロダクトセリングとバリューセリング

リスク重視型とリスク歓迎型

イノベーター理論とキャズム理論
イノベーター
アーリーアダプター
アーリーマジョリティ
レイトマジョリティ
ラガード
...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

100円のコーラを1000円で売る方法2

Posted by ブクログ 2015年02月16日

先日ご紹介した「100円のコーラを1000円で売る方法」の続編です。

前作がマーケティングにフォーカスした内容だったのに対し、今回は事業戦略、特に競争戦略がテーマとなっています。

どんな企業にも一定の成功体験が存在し、説得力を持ってしまうシーンもあるとは思いますが、やはりそれは高度経済成長期にお...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

100円のコーラを1000円で売る方法3

Posted by ブクログ 2014年09月12日

面白い。指南役だった与田がいなくなったことでマーケティング理論などを解説する場面は減ったが、小説として楽しめた。「評論家みたいに言いたいことだけ言って、行動しない。守りに入って新しいことにチャレンジしない。目の前の仕事をひたすらこなすだけで精一杯。それでは未来が開けない。」ほんとだね。中国でリニアモ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

100円のコーラを1000円で売る方法3

ネタバレ

Posted by ブクログ 2014年07月03日

3が内容的にも面白かった。

現状維持は破滅、新たな顧客と市場を創り出せ!と本の見出しにも書いてある通り、イノベーションに関する物語が描かれている。
具体例をあげるとAppleのイノベーション。
Appleは自ら起こしたイノベーションを乗り越えて価値を生み出していく。それには激しい自己否定が必要であ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

100円のコーラを1000円で売る方法3

Posted by ブクログ 2014年05月14日

シリーズの完結編。
今回はイノベーションとリスクへの挑戦について。
3部作を通して、ドラマチックなストーリーとなっており、この作品も楽しく読めてためになる。
ビジネス上のいろいろな危機に対して不器用ながらも前向きに挑んでいく宮前久美の姿に勇気づけられる。

このレビューは参考になりましたか?

100円のコーラを1000円で売る方法2

Posted by ブクログ 2014年05月10日

『100円のコーラを1000円で売る方法』の続編。
タイトルのネタは今回は出てこない。
前作はマーケティング戦略の話が中心であったが、今回はビジネス戦略/経営戦略がメイン。
前作でローンチしたビジネスをどのように長期的に育てていくかというストーリーである。
前作同様、ドラマチックなストーリーが展開し...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

100円のコーラを1000円で売る方法3

ネタバレ

Posted by ブクログ 2014年03月24日

チェック項目2箇所。いくら無料でも、価値が提供できなければお客様は使わない。昔は”ヒト・モノ・カネ”が経営資源だった。情報社会になってこれに”情報”が加わった。さらにネット社会になって”時間”が五つ目の貴重な経営資源になっています。

このレビューは参考になりましたか?