なにかもちがってますか(1)
  • 完結

なにかもちがってますか(1)

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

中3の春、なにげない毎日を送っていた日比野光(ひびの・みつる)は、転校生・一社高蔵(いっしゃ・こうぞう)との出会いで、特殊な能力を開花させる。使いようによっては殺人も可能な日比野の“力”を、「世の中の間違いを正すために使え」と言う一社。そんな彼らが踏み出した第一歩、それは「車を運転しながら携帯電話を使っているやつを殺す」ことで……!?

カテゴリ
少年・青年マンガ
ジャンル
青年マンガ
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
good!アフタヌーン
電子版発売日
2012年05月11日
紙の本の発売
2011年01月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
53MB

なにかもちがってますか(1) のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2015年01月31日

    作者のコメントで「また小さな世直しを始めます」というような事が書かれていた覚えがあります。漫画の内容はいつものアレです。人は死にます。そして当然面白いです。今後どうなっていくのか楽しみですね。一社くんかわいい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年07月21日

    これぞ鬼頭莫宏ワールド。「なるたる」「ぼくらの」以上に人が死ぬのがスピーディ。
    もし私がこの能力を持ってたら、一社くんと同じことを考えると思う。ただしそれで本当の”世直し”ができるのかは疑問だけれど。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年03月16日

    これは…
    青春モノと見せかけて、まーた人がゴスゴス死んでいきます(´Д` )
    なるほどやっぱり『ぼくらの』『なるたる』の人の作品。
    キツイ展開に、読みながら天を仰ぐ事数回。
    どうあがいても鬱展開しか待ってなくて、うわーやだーもうやだーと思いつつ、続きを読みたい…

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年02月11日

    特殊な能力があるが自分は特別じゃないと思っている日比野。
    特殊な能力はないが自分は特別だと思っている一社。
    二人で世の中を正そうと…みたいな話。

    一社が言っていることは、できる人間からすれば正論のような気もするし、完全に否定することは難しい。屁理屈という言葉ですますのはずるい気がする。ただ、日比野...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年01月29日

    厨二系自己中女顔男子と草食系超能力男子が自己中に世直ししようとするお話。スケールが大きいような小さいような微妙なラインなのが鬼頭先生らしくて好きです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年12月08日

    鬼頭さんの最新作。連載中って事で、これまでの経験から完結してから一気読みするか悩みましたが、待ちきれず。
    「なるたる」「ぼくらの」に比較すると、導入がポップ。
    登場人物がデフォルメされており、より創作っぽい。
    。。。ですが、引き込まれる暗さ、ダーク感はいいですね。サクサク人は死んでいきますが。。。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年05月22日

    主人公流されすぎ、一社くん厨二病すぎ、で人によっては何これきめえええと感じるかもしれない一冊。
    サクッと人が死んでいく残酷と主人公達のほのぼのとした日常がアンバランスで不気味さを増している。
    作者が『世直しごっこ』と言うと、ゾクッとする展開を期待せずにはいられないー!
    なるたる・ぼくらの好きならオス...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年02月06日

    最初にタイトルがなんてかいてあるかわからなかったw
    相変わらずの鬼頭ワールドだけど、なるたる、ぼくらのに比べればまだ最初はポップに展開してる。
    あっさり登場人物が死ぬほど、こっちはゾゾゾってする、変な感覚。はやく続き読みたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年01月29日

    鬼頭先生の作品は ぼくらの しか読んでませんが、それに通じる暗めな雰囲気、絶望感のあるお話かと。
    設定だけみるとデスノートっぽいけど、デスノートよりももっと規模が小さいというか…身近でリアルな感じがします。
    各話タイトルがなんか好き。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年02月12日

    どうだろう。つまんなくはないけど『なるたる』や『ぼくらの』と違って結構ありがちなストーリーだけにこれからってところかな。

    このレビューは参考になりましたか?

なにかもちがってますか のシリーズ作品 全5巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~5件目 / 5件
  • なにかもちがってますか(1)
    完結
    中3の春、なにげない毎日を送っていた日比野光(ひびの・みつる)は、転校生・一社高蔵(いっしゃ・こうぞう)との出会いで、特殊な能力を開花させる。使いようによっては殺人も可能な日比野の“力”を、「世の中の間違いを正すために使え」と言う一社。そんな彼らが踏み出した第一歩、それは「車を運転しながら携帯電話を使っているやつを殺す」ことで……!?
  • なにかもちがってますか(2)
    完結
    “空間と空間を入れ替える能力”を持つ日比野光(ひびの・みつる)と、「その能力で世の間違いを正せ」と持ち掛ける一社高蔵(いっしゃ・こうぞう)。そんなふたりが始めた世直しは、とりあえず「車を運転しながら携帯電話を使っているやつを殺すこと」から始まった。世間で言うところの犯罪行為であろうとも、あくまで世のため人のため、精進と苦悩を重ねるふたりだが……。後戻りできない中3青春物語、さらに...
  • なにかもちがってますか(3)
    完結
    “空間と空間を入れ替える能力”を持つ日比野光(ひびの・みつる)と、「その能力で世の間違いを正せ」と持ち掛ける一社高蔵(いっしゃ・こうぞう)。そんなふたりが始めた世直しは連続殺人。だって超能力だから完全犯罪――と思っていたら、突如として現れた少女・ニコはすべてを知っていた。しかも彼女には別の“能力”が備わっているという。さらに警察のオジサンからも目をつけられ、いよいよなにかがもちが...
  • なにかもちがってますか(4)
    完結
    “空間と空間を入れ替える能力”を持つ内気な中3男子、日比野光(通称:ミッツ)。「その能力で世の間違いを正せ」とミッツに迫る一社高蔵(通称:イッサ)。さらに、人の思念を感知する“サイコメトリング能力”を持つ高岳似子(通称:ニコ)と、自分も仲間だと宣言する現役警察官・桜山も加わって、気づけば大量殺人グループに。殺害対象は運転中のケイタイ使用とゴミのポイ捨てだったけど、逆にミッツたちの身辺をか...
  • なにかもちがってますか(5)
    完結
    ミッツ&イッサの世直しコンビ、やってることは超能力を使った大量殺人。 私怨の復讐を果たすために参加するニコ、そして警察官なのに加担する桜山(さくらやま)。さらには奇妙な新興宗教もからんできて、思わぬ方向でいざファイナル!

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています