銀河のワールドカップ

銀河のワールドカップ

作者名 :
通常価格 836円 (760円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

花島勝は2ヶ月前から失業中。春、おだやかな昼下がり、不思議な三つ子がテニスをし、その脇では別の子供たちがミニサッカーを楽しんでいた。何気なくサッカーを見ていた花島だが、ひょんなことからその三つ子と試合に加わることに。しかし、子供の遊びだろうと高をくくっていたが、その三つ子のプレイは非常に高度なものだった。知らぬ間に真剣にボール蹴る花島。そう、彼は昔Jリーガーだったのだ。驚く子供たちは、花島に自分たちのコーチを依頼。彼は、子供たちと全国制覇を目指す決意をするが…。平成の「サッカー小僧小説」の決定版。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
512ページ
電子版発売日
2012年04月13日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

銀河のワールドカップ のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2018年10月28日

    昨日、川端裕人「銀河のワールドカップ」をやっと読み終わりました。好きな作家でしたがなかなか手が出ずにいましたが、4月からアニメ化と言うことでようやく買いました。
    内容としては元Jリーガーの主人公が小学生のサッカーチームを率いて8人制のサッカーの全国大会を勝ち上がって行くスポーツ青春ものです。この小学...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年09月14日

    偶然出会った天才少年たちを指導することになった元Jリーガー。三つ子の天才たちをどのように指導するのかが描かれる。
    とにかくサッカーの描写が面白い。天才に魅せられる下手くそたち、天才の阿吽の呼吸、自分もプレイしたくなる大人のもどかしさ、そんなものがギュッとつまった物語。とにかく気持ちが熱くなって一気読...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年05月17日

    ずっとフィクションの小説は読んでいなかったんだけど、思うところあって何か読んでみようかな...と思っていたところに、ひょんなことから手元に届いたのがこの作品。
    読んでいてワクワク。久しぶりに本を読むことに没頭できました。サッカーのことをざっくりとしか知らない自分でも場面の状況がわかるような文章。お手...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年12月19日

    凄い面白くて一気に読んだ。小説はあまり読まないんだけれど、これは本当に引き込まれる内容だった。サッカーが好きというのもあるけれど、それ以上に登場人物たちに惹かれる。それに著者は男の人なのに女の子の心理を良くわかっていてうんうん、って納得しながら読めるし、他のキャラも親しみやすくて等身大で読める。女子...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年02月03日

    一気に読めました。昔よりもフットボールは進化しており、子どもは昔より質の高いスーパープレイがネットやテレビで容易に観れるようになった。そういった背景を考慮すれば、三つ子みたいな奴らが現れても、何ら不思議ではない。読み終わったあと、また真剣にボールを蹴りたくなりました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年11月15日

    アニメを見て気になったので買いました。
    アニメでは太田翔が主人公だけど原作は花島コーチが主人公で、太田翔の名前は太田翼になってます。

    とにかくサッカー用語にあまり詳しくない方は多少置いてきぼり感はあると思います。
    ある程度の知識があればスラスラ読めて大変面白いですが、ラストになるにつれてちょっと詰...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年07月04日

    推理ものじゃない本を読むのは本当に久しぶり。 銀オフいいわ!すごい面白かった!熱い! 銀オフとはまた違った展開で楽しめたし、銀オフがどう進むのかも気になる! サッカーというかスポーツを文字で読むっていうのはなかなかに新鮮でした。てか小学生ってなんだっけ?笑笑

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年10月30日

    小学生サッカーのお話。ただ、結構、展開が大きくて夢のような話です。サッカー大好きなので子供のような気持ちで楽しんで読みました。これを機に他のサッカー小説も探して読むことにしました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    失業中の元Jリーガーと天才3つ子が出会ったとき、銀河は誕生した。

    育ち盛りの小学校高学年の少年サッカーチームの成長物語であり、一度クラブで少年サッカーの育成に失敗した元Jリーガーの成長物語でもある。
    技術だけで周りを圧倒してしまう子、技術はないけれどメンタル面でチームを支える子、ボールを持ったとき...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    失業中の元プロサッカー選手が、サッカー好きの天才少年たちを率いて、スペインの世界一チームと対戦して勝ってしまうという、とんでもないストーリーでしたが、グイグイ引き込まれての一気読みでした。

    サッカーの本質は何か?「楽しいということ」「実力の違いが結果に出にくいスポーツであるということ」

    現実のサ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

銀河のワールドカップ のシリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • 銀河のワールドカップ
    836円(税込)
    花島勝は2ヶ月前から失業中。春、おだやかな昼下がり、不思議な三つ子がテニスをし、その脇では別の子供たちがミニサッカーを楽しんでいた。何気なくサッカーを見ていた花島だが、ひょんなことからその三つ子と試合に加わることに。しかし、子供の遊びだろうと高をくくっていたが、その三つ子のプレイは非常に高度なものだった。知らぬ間に真剣にボール蹴る花島。そう、彼は昔Jリーガーだったのだ。驚く...
  • 風のダンデライオン 銀河のワールドカップ ガールズ
    サッカー少女・高遠エリカはボールを蹴ること、スピードスターであることにこだわる小学生。でも手を使うことと言いたいことを口にだせないのが欠点。所属していた女子チームが解散し、どこかのクラブに入るか、いっそ女子バスケのチームに入るかの踏ん切りもつかず、ただ相手を探してあちこちの公園や校庭を回っているが、ある日、翼が集めた三つ子の悪魔くんたちと8人の桃山ダンデライオンを結成し、ロ...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています