金田一少年の事件簿 短編集(5)血溜之間殺人事件
  • 最新刊

金田一少年の事件簿 短編集(5)血溜之間殺人事件

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

勝負に口を出した者は首を切られて「血溜まり」に置かれる。囲碁界に伝わる逸話通り、裏返した碁盤の上で生首が発見された!?(「血溜之間殺人事件」)/楽しい学園祭の最中、写真部主催のメイド喫茶で殺人事件が発生。メイド服を着た奇妙な死体の謎に迫る!(「不動高校学園祭殺人事件」)/被害者になりすまし、犯人が紛れ込んだのは、人気アイドル速水玲香(はやみ・れいか)の船上パーティー!(「速水玲香と招かれざる客」)

カテゴリ
少年・青年マンガ
ジャンル
少年マンガ
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
週刊少年マガジン
シリーズ
金田一少年シリーズ
電子版発売日
2012年09月07日
紙の本の発売
2012年06月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
106MB

新刊オート購入

金田一少年の事件簿 短編集(5)血溜之間殺人事件 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

    Posted by ブクログ 2012年06月14日

    短編集なので、気軽に読めました♪
    切ない事件だけど、所々に入る金田一と美雪の2ショットがほっこりします(*^^*)
    あと、出てくる女の子キャラがカワイイです♡

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年06月12日

    なんとなく細かい部分に違和感も残りましたが、定番な感じで。
    そういえば玲香ちゃんは、久々の登場でした。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ購入済み

    osamu 2020年05月29日

    短編集だけど、どちらかというと長編と短編の長さの事件が2つ収録されてます。最後に収録されてる事件は2話完結なので、短編に相応しい内容だったと思います。

    このレビューは参考になりましたか?

金田一少年の事件簿 短編集 のシリーズ作品 1~5巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~5件目 / 5件
  • 金田一少年の事件簿 短編集(1)氷点下15度の殺意
    金田一少年の事件簿 短編集1氷点下15度の殺意
  • 金田一少年の事件簿 短編集(2)鏡迷宮の殺人
    美雪(みゆき)と一緒に遊園地にやってきた金田一一(はじめ)。フミにデートを邪魔されつつ、アトラクションを満喫(?)していた。だが鏡でできた迷路「鏡迷宮(ミラーラビリンス)」で、予期せぬ事件が一たちを待ち受けていた!偶然出会った女子大生たちのひとりが、閉鎖された迷路内で殺害されたのだ。彼女の友人たちにはそれぞれ動機があるのだが、全員にアリバイが成立し……。
  • 金田一少年の事件簿 短編集(3)殺人レストラン
    真夏のレストランで起こった殺人事件。犯人が死体を始末しようとしたまさにその時、偶然にも一(はじめ)と剣持(けんもち)が来店する。逃げ場のない犯人は、その場を取り繕おうと店主のフリをするのだが……?はたして一は、目の前に隠された犯罪の匂いを嗅ぎつけることができるか!?表題作の他、美雪(みゆき)の水着姿がまぶしい「血染め(ブラッディ)プールの殺人」、一の意外な特技も判明する「亡霊...
  • 金田一少年の事件簿 短編集(4)怪盗紳士からの挑戦状
    金田一一(はじめ)の元に届いた名画護衛の依頼。その名画「朝日のあたる家」を狙うのは、あの怪盗紳士だった!!「本物の朝日が昇る頃まで……」怪盗紳士が予告した期限の朝まで、一は名画を守れるか?名探偵VS大怪盗、2人のプライドを賭けた頭脳戦が幕を開ける!!表題作の他、美人刑事の謎の死を追う「午前4時40分の銃声」、呪われし妖刀が災いを振りまく「妖刀毒蜂殺人事件」など、傑作短編4作+番外編2...
  • 金田一少年の事件簿 短編集(5)血溜之間殺人事件
    勝負に口を出した者は首を切られて「血溜まり」に置かれる。囲碁界に伝わる逸話通り、裏返した碁盤の上で生首が発見された!?(「血溜之間殺人事件」)/楽しい学園祭の最中、写真部主催のメイド喫茶で殺人事件が発生。メイド服を着た奇妙な死体の謎に迫る!(「不動高校学園祭殺人事件」)/被害者になりすまし、犯人が紛れ込んだのは、人気アイドル速水玲香(はやみ・れいか)の船上パーティー!(「速水...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています