妖かし斬り 四十郎化け物始末 1
  • 値引き

妖かし斬り 四十郎化け物始末 1

作者名 :
値引き価格 438円 (税込) 5月23日まで
通常価格 626円 (税込)
獲得ポイント

2pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

元は江戸屋敷勤番の侍だった月村四十郎。この男、からすにつきまとわれているため“からす四十郎”と綽名されている。病気の妻を抱え、用心棒稼業で糊口をしのいでいたが、借金は増えるばかり。易者に「死相が出ている」と言われ自棄になった彼は、礼金は高いが用心棒仲間も嫌がる化け物退治を引き受ける。油問屋に巨大な人魂が出るというのだ。だがその人魂の正体は…。人気著者が放つ、「四十郎化け物始末」シリーズ第1弾。

ジャンル
出版社
KADOKAWA / 角川書店
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2012年08月03日
コンテンツ形式
EPUB

「妖かし斬り 四十郎化け物始末 1」のユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2019年05月11日

キャラクター設定と伏線がうまく次を読ませる作者さんの妖怪をネタに人間が人間をだまそうとする江戸時代のお話第一弾。

ネタと設定は作者さんの定番なので、安心して内容はすぐ忘れそうだけど楽しい読書時間をいただきました。
この作者さんの本を読むと、人間っていいなぁ、ダメな人間でも仕方ないなぁ…って思えるか...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年03月16日

初風野作品でしたが、すごくおもしろかったです。妖かし退治をしている侍ですが、必死で現代を生きる借金持ちのサラリーマンをみているよう。仮病ぎみの奥さんをはじめ子供たちも個性的というか、ほんとうにおもしろかったです。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年09月06日

最近、時代劇ものが好きになり、本屋でいくつか買ったのかのひとつ。
からす四十郎などと渾名を付けられた浪人が、生計の為に嫌々ながら次々と化け物退治をするのだが、いつも上手い具合に完結するのが面白い。四十郎は特に秀でたわけでもないが(剣さばきはなかなかの腕前)、侍としての見栄かどうかは定かではないが必死...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年07月20日

珍しい時代劇の妖怪小説です。
しかし、妖怪小説と言っても
ちょっとコメディタッチのところもあり
読みやすいと思いますよ。

からす四十郎という浪人が
金に困って始めた妖怪退治が
このお話の骨になっています。

今、第二作を読み中。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年02月05日

カネのために化け物退治をするっていう設定がいかにも風野さんらしい設定ですね。奥さんがしっかり者で、なおかつ、のんびりしてはるところが可愛らしいです。これもシリーズもんですか・・・読むのに忙しい。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

漫画やラノベ 1冊まるごと無料!

今日読めるのは13,492

1冊まるごと無料で読める作品を常時配信中!人気作品が毎週追加!