実母と義母

実母と義母

1,485円 (税込)

7pt

逃げたい夜もあった。妻であることから、母親であることから……。夫を亡くしたあと、癌で逝った実母と、高齢の夫と暮らす認知症急速進行中の義母。「ふたりの母」の生きざまを通してままならない家族関係を活写するエッセイ。
婚約者として挨拶した日に、義母から投げかけられた衝撃の言葉(「義母のことが怖かった」)、実母と対面したあとの義母の態度が一気に軟化した理由(「結婚式をめぐる嫁姑の一騎打ち」)、喫茶店を経営し働き通しだった実母の本音(「祖父の代から続くアルコールの歴史」)、出産時期と子どもの人数を義父母に問われ続ける戸惑い(「最大級のトラウマは出産と産後」)、義母の習い事教室の後継を強いられる苦痛(「兄の遺品は四十五年前に母が描いた油絵」)など全14章で構成。

義父や義母の介護をしながら時折居心地の悪い気持になることがある。実母に対して何もしてあげられなかったのに、あれだけ長年私を悩ませた義父母の介護をするなんて、これ以上の皮肉はあるだろうか。
(本書「結婚式をめぐる嫁姑の一騎打ち」より抜粋)

...続きを読む

詳しい情報を見る

閲覧環境

  • 【閲覧できる環境】
  • ・ブックライブ for Windows PC(アプリ)
  • ・ブックライブ for iOS(アプリ)
  • ・ブックライブ for Android(アプリ)
  • ・ブックライブ PLUS for Android(アプリ)
  • ・ブラウザビューア

※アプリの閲覧環境は最新バージョンのものです。

実母と義母 のユーザーレビュー

\ レビュー投稿でポイントプレゼント / ※購入済みの作品が対象となります
レビューを書く

感情タグBEST3

    Posted by ブクログ

    私の母と義母に心を照らしあわせて読みました。
    実の親だから心から寄り添えきれないのが良く分かる。怖くて。

    0
    2024年02月25日

    Posted by ブクログ

    『兄の終い』『全員悪人』『家族』と読んできて、ほかにもwebの連載記事や日々のX(Twitter)まで網羅しているファンとして、最近の“事情”はそれなりに把握しているつもりではいたのだけれど‥いつも以上に四方八方から良くも悪くも「そう来たか〜!」の波状攻撃。なんというか、本当に本当におつかれさまです

    0
    2023年12月24日

    Posted by ブクログ

    母との関わりについていろいろ考えた。
    甘えん坊で情緒不安定な妹、自由気まま浮き草生活の弟の姉としてしっかり者をやるしかなく、子供の頃からあまり母に甘えたり頼ったりしてこなかった。
    結果、老いた母に頼られることがしんどい。なぜかドライに客観的な気持ちになってしまい、手は貸せるけど、気持ちに寄り添えない

    0
    2024年03月23日

    Posted by ブクログ

    面白かった。読みやすかった。
    実母だからできないこと、義母にだからできること。またはその逆も然り。娘と母は、近すぎても辛くなってしまうから、少し距離がおる方がお互いのためなケースが多い気がする。
    いつか後悔するのかな。まだ分からない。
    でも、その時がきたらまたこの本を手に取りたいと思う。

    0
    2024年03月20日

    Posted by ブクログ

    義母と実母についての体験談並びに随想。
    なかなかの人物の義母と渡り合う嫁である著者の強さが心地よい。
    文章も読みやすくて好き。と思ったら、「人間をお休みしてヤギになってみた結果」の訳者さんだとわかり、あのわくわくして読んだあの本を、この方は年末年始の義父母襲来のストレスから逃げるように訳してたのかな

    0
    2024年02月19日

    Posted by ブクログ

    今回の装丁も素敵
    見やすいタイトルと明るい色にイラストが入った表紙

    村井理子氏の本やブログを読んで家族との関係性はわかっていたつもりだった
    しかしこれでもかと言うくらい義母からの呪いが結構しんどかった

    衝突して、干渉され、批判されてきた義父母の介護をこなしているリコ氏に「すごいな。なかなかできる

    0
    2024年01月03日

    Posted by ブクログ

    冒頭、義父母に兄を会わせたくなさそうな空気感に
    『兄の終い』と『家族』で知ってる"兄"を思い出し
    胸が苦しくなった。会ったこともない人なのに…

    また何度も読むんじゃないかと思わせる一冊

    0
    2023年11月14日

    Posted by ブクログ

    実母と義母は対抗心があり相手の行動に焼きもちを妬いたり嫉妬したりと聞くが、この物語のお二人は良好関係のようで良かった。
    義母は息子が結婚したことで娘ができたようで嬉しかったのではないだろうか?世話を妬いたり一緒に行動したりしたかったのだと思う。ただ、ちょっと度が過ぎただけ。義母と同じ立場になって考え

    0
    2023年11月12日

    Posted by ブクログ

    情景が鮮明に浮かぶくらい面白い一冊でした。個人的には義母の行動言動に圧倒されてしまいました。笑
    著者の他の作品も読んでみたいと思います。

    0
    2024年04月30日

    Posted by ブクログ

    親を選ぶことはできない。村井さんの義母は激しく、実母は大人しい全く正反対の親。その二人にどのように接してきたかが綴られている。
    特に、義母の激しさは極端であり、こうあるべきという思いが強い。嫁なんだから私のいう事はすべて聞くべきという思いがあふれている。その厳しい要望に体を張って抵抗する姿勢は見事で

    0
    2024年04月17日

実母と義母 の詳細情報

閲覧環境

  • 【閲覧できる環境】
  • ・ブックライブ for Windows PC(アプリ)
  • ・ブックライブ for iOS(アプリ)
  • ・ブックライブ for Android(アプリ)
  • ・ブックライブ PLUS for Android(アプリ)
  • ・ブラウザビューア

※アプリの閲覧環境は最新バージョンのものです。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

無料で読める エッセイ・紀行

エッセイ・紀行 ランキング

村井理子 のこれもおすすめ

同じジャンルの本を探す