やっとかめ探偵団とゴミ袋の死体

やっとかめ探偵団とゴミ袋の死体

作者名 :
通常価格 367円 (税込)
獲得ポイント

1pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

複雑な分別法をめぐり、ゴミ問題に揺れる名古屋。そこに暮らす仲良しおばあちゃん六人組〈やっとかめ探偵団〉にとっても重大な関心事だ。ある日、ゴミ袋に入れられて市内各地のゴミ集積場に捨てられた死体が見つかったから大変、おばあちゃん探偵が動き出した!

ジャンル
出版社
祥伝社
掲載誌・レーベル
祥伝社文庫
ページ数
153ページ
電子版発売日
2012年01月13日
コンテンツ形式
XMDF

「やっとかめ探偵団とゴミ袋の死体」のユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2018年04月04日

 シリーズの中で、この本だけが出版社が違います。
 そのせいか、表紙のイラストが他と違っていて、でも6人描かれているから、いつものメンバー何だろうけど、正直、誰が誰だか分かんない。
 『~と鬼の栖』も単行本時は出版社違ったけど、イラスト同じだったのに。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年09月17日

やっとかめ探偵団のおばあさん、いや、皆さんが若返っているような気がするのは私だけだろうか。
最初はもっとヨボヨボ、失礼、お年寄りらしいお年寄りだった気がするのだが、
だんだん元気になっているような。

それは、作品の中の時代がリアルタイムに近づいてきて、
インターネットやゴミ分別といった単語がちらほ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年03月19日

取り扱いはバラバラ殺人ながら、このシリーズ特有の名古屋弁のおばあちゃん探偵団ののんびりした会話のおかげで終始和やかで明るい雰囲気。74才の聡明なおばあちゃんは、今回はインターネット検索まで習得して見事です。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年04月17日

アリバイを覆すべく推理と実地調査、ネットで調べものをするおばあちゃんがいい。名古屋弁でまくしたてるのは爽快だ。活字にすると細かい母音が表記するのが無理があるが。抜群の推理力、実行力に乾杯だ。ゴミがキーワードである。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「やっとかめ探偵団とゴミ袋の死体」に関連する特集・キャンペーン

漫画やラノベ 1冊まるごと無料!

今日読めるのは13,524

1冊まるごと無料で読める作品を常時配信中!人気作品が毎週追加!