金鯱の夢

金鯱の夢

作者名 :
通常価格 555円 (505円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

天正10年。山崎の戦いの直後、羽柴秀吉に嫡子・秀正誕生。慶長5年、秀正・徳川家康連合軍、石田三成を関ヶ原に破り、大坂城の異母弟・秀頼を倒す。時に慶長8年。秀正は将軍となって名古屋に幕府を開く。そして日本の公用語は名古屋弁となった! 江戸ならぬ名古屋で花ひらく文化は、政治は、経済は…!? 泰平と狂乱の「名古屋時代」260年。日本史を縦横無尽にパスティーシュした長編歴史小説。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
歴史・時代 / 歴史・時代小説
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
320ページ
電子版発売日
2014年03月07日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

金鯱の夢 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2014年01月06日

     清水義範の名古屋もの入門その3。もしも北政所に秀吉の嫡子ができていたら? 豊臣家の名古屋幕府の統治のもと、名古屋時代が花開く!
     日本史の謎のひとつである明智光秀の謀反の理由についての清水説、案外本当だったりして?! それが直接の理由ではないにせよ、光秀の心情の根っこに、ああいう気持ちがあったこと...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    名古屋を愛するひとにオススメの小説。読んでいて楽しい、止められない。光秀が謀反を起こした理由は○○弁が嫌だったから(笑)

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    日本史のパスティーシュ。江戸時代じゃなく、名古屋時代で標準語は名古屋弁。安土桃山から明治にかけてかなりたくさんの人物が名古屋で活躍する楽しいストーリー。もしこれが本当の歴史だったら??…なんて想像してしまう。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年09月06日

    本能寺の変の後、秀吉とねねの間に嫡男「秀正」が生まれた……というIF物。秀正VS秀頼の兄弟対決から、豊臣幕府の栄枯盛衰を綴った歴史パロディ小説。名古屋弁が標準語になった日本が、そこにある。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

集英社文庫 の最新刊

無料で読める 歴史・時代

歴史・時代 ランキング