吸血鬼株式会社(吸血鬼はお年ごろシリーズ)

吸血鬼株式会社(吸血鬼はお年ごろシリーズ)

作者名 :
通常価格 440円 (400円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

神代エリカは「正統な」吸血鬼の父を持つ女子高生。彼女の身の周りで、怪奇な事件が次々と起こる。献血車が強奪されるのを目撃したり、後輩・かおるの祖父の死体が病院から盗まれたり……。無関係に見える個々の事件だが、エリカと親友たちの捜査で、それらが一本の糸でつながっていることが判明する。だが、謎が明らかになるにつれ、危険が迫り!? 全三篇を収録した、大人気シリーズ第二弾!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
288ページ
電子版発売日
2011年12月22日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

吸血鬼株式会社(吸血鬼はお年ごろシリーズ) のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2012年07月30日

    ●あらすじ
    神代エリカは「正統な」吸血鬼の父を持つ女子高生。彼女の身の周りで、怪奇な事件が次々と起こる。献血車が強奪されるのを目撃したり、後輩・かおるの祖父の死体が病院から盗まれたり…。無関係に見えた別々の事件だが、エリカと親友たちの捜査で、一本の糸としてつながっていることがわかりはじめる。だが謎が...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年07月14日

    大好きな吸血鬼シリーズ。
    スパンも結構早く、読むのも時間がかからないのでお気に入りのシリーズ。

    赤川次郎のシリーズものはどの作品もキャラが立っているのだけど、吸血鬼シリーズは立ち方が秀逸!!
    埋もれる人物が一人もいない、霞まない!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年12月24日

    神代エリカは「正統な」吸血鬼の父を持つ女子高生。
    彼女の身の周りで、怪奇な事件が次々と起こる。
    献血車が強奪されるのを目撃したり、後輩・かおるの祖父の死体が病院から盗まれたり…。
    無関係に見えた別々の事件だが、エリカと親友たちの捜査で、一本の糸としてつながっていることがわかりはじめる。
    だが謎が明ら...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2011年10月20日

    新しい出版かと思って手にとったら,
    吸血鬼はお年頃シリーズの,新装版でした。
    エリカと父で吸血鬼のクロロックの波瀾万丈の日常生活。
    エリカの母親は日本人だがすでに亡くなっており,
    エリカと同世代の女性と父親は再婚している。
    エリカの2人の友達も登場する。

    「吸血鬼はお年頃シリーズ」の中では、
    虎ノ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2017年08月22日

    【あらすじ】
    神代エリカは「正統な」吸血鬼の父を持つ女子高生。彼女の身の周りで、怪奇な事件が次々と起こる。献血車が強奪されるのを目撃したり、後輩・かおるの祖父の死体が病院から盗まれたり……。無関係に見える個々の事件だが、エリカと親友たちの捜査で、それらが一本の糸でつながっていることが判明する。だが、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2017年08月31日

    あれ?まだ第二弾?
    これはそこまで楽しめなかった。
    ーーー
    神代エリカは「正当な」吸血鬼の父を持つ女子高生。彼女の身の周りで、怪奇な事件が次々と起こる。献血者が強奪されるのを目撃したり、後輩・かおるの祖父の死体が病院から盗まれたり…。無関係に見えた別々の事件だが、エリカと親友たちの捜査で、一本の糸と...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2011年10月13日

    安定の赤川次郎でした。そんなに怖いわけでもなく・・・。でもミステリーに・・・電車の中で読むにはぴったりの作品ですね。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています