主に泣いてます(2)
  • 完結

主に泣いてます(2)

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

不幸を約束された絶世美女が、幸せ求めて非モテ道を突き進む……! あまりの美貌がゆえに薄幸人生を生きる美人美術モデル・紺野泉(こんの・いずみ)。彼女の望みは「ただ好きな人のそばにいること」……そんな泉の人生に光を与えた男、青山仁(あおやま・じん)が、イタリアから帰ってきた。仁は、泉を海へのドライブに誘う。しかし、待ち合わせ場所にやってきたのは仁の本妻で……。

カテゴリ
少年・青年マンガ
ジャンル
青年マンガ
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
モーニング
電子版発売日
2011年12月09日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
64MB

主に泣いてます(2) のユーザーレビュー

    購入済み

    ゆうそう 2020年02月21日

    最初から最後まで、すごいテンション(笑)
    ゆっこ、ほんと狂気的(笑)けど、続きを読みたくなってしまう!!仁先生、ほんとクズ男だけどなぜか憎めない!!!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年12月17日

    うーむ、とにかくハイテンション。メロポンだし!で東村アキコに初めて触れたのだけど、このテンポ、ぎっしり感がたまりません。心配は、このペースで10巻、疲れないか?飽きないか?

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年01月06日

    中学生のころ岡田あーみんの「お父さんは心配性」を読んでるって友達に言えなかったあのハズカシサを何となく彷彿させる絶頂漫画。畳み掛けるようなくっだらないギャグとのほほん泉さんのコスプレが何ともいい味だしてる!これは2012年文化系ダービーに残るぞ...
    ※あえて2巻で登録。この表紙が一番好き。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年06月07日

    仁先生の言うことはーーっ
    絶対(*´∀`*)ノ

    奥さんvs泉さんww…相変わらず面白いです…w

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年04月04日

    美人すぎて男に惚れられまくり日常生活が営めず、
    さらに画家先生の愛人であるため恋愛でも満たされない
    とことん不幸な超絶美女・泉さんと絵画教室の愉快な仲間たちのお話。

    非常に偏った評価であることは承知しておりますが、
    星を5つつけさせていただきます。
    泉さんはとことん一途で優しすぎるので好きだし、
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年02月01日

    ついに仁嫁登場でさらにヒートアップ(笑)
    トキばあの古臭い小ネタ満載で超ウケる。(昭和生まれ向け)
    たしかにYUIに見えた!!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年02月09日

    中毒性ある、ギャグ漫画、80年代、90年代ネタが、所々出てくるかと、思えば、最近のネタとか、畳み掛けるような細かいギャグ理解するには、幅広い知識が必要な気がする。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年02月01日

    とんでもなく美人すぎて不幸な目に遭い続ける美女の話。
    ぶっ飛んだギャグが爽快で好きです。でも2巻はちょっとクドく、シリアスな話はシリアスで通して欲しかったかも。(ネタがわからないのも多いし笑)

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年01月29日

    テンション高すぎww
    特に仁先生の嫁がやばいです。ちょっと置いていかれました。狂気!!
    東村先生の作品好きですが、もうちょっとストーリー性が強いほうが私は好きです。海月姫とかね。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年01月10日

    この先生のウリであるギャグとシリアスの転換が、うーん、読んだ時の読者のコンディション的なものもあるかと思いますが、この巻に関してはバチッとハマったりハマらなかったりしたなという印象です。

    でもやっぱり台詞選びが上手いなぁ。
    「そこにいることを許されてるようで」が、ただ沁みる。

    このレビューは参考になりましたか?

主に泣いてます のシリーズ作品 全10巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~10件目 / 10件
  • 主に泣いてます(1)
    完結
    660円(税込)
    死にもの狂いで非モテ道! あり余る美貌が故、絶対的不幸に苛まれる美人絵画モデル・紺野泉(こんの・いずみ)。涙腺、ゆるゆる。幸せ、ぽろぽろ。あの手この手で“非モテ道”に邁進する川沿い美人協奏曲、開演。これこそ、誰も描かなかった不幸――東村ワールド、炸裂です!!
  • 主に泣いてます(2)
    完結
    660円(税込)
    不幸を約束された絶世美女が、幸せ求めて非モテ道を突き進む……! あまりの美貌がゆえに薄幸人生を生きる美人美術モデル・紺野泉(こんの・いずみ)。彼女の望みは「ただ好きな人のそばにいること」……そんな泉の人生に光を与えた男、青山仁(あおやま・じん)が、イタリアから帰ってきた。仁は、泉を海へのドライブに誘う。しかし、待ち合わせ場所にやってきたのは仁の本妻で……。
  • 主に泣いてます(3)
    完結
    660円(税込)
    男はいても友達はいない女、紺野泉(こんの・いずみ)。でもそれは過去のこと。今はそう、はっきりと断言できる友達がいますと。その人は緑川(みどりかわ)つね。二人の出会いが明かされる。――仁(じん)嫁に拉致られ、アイドルは刺され、鬼おろしで戦い……出会う男たちを不幸にする女、紺野泉は今日も泣く……。
  • 主に泣いてます(4)
    完結
    660円(税込)
    青山仁(あおやま・じん)教授の許しを得て紺野泉(こんの・いずみ)を描き、国画展に出品することになった赤松啓介(あかまつ・けいすけ)。「変装してない泉さんを描くと、本当に惚れるぞ」と警告する緑川(みどりかわ)つね。ついでに国画展の奨励賞を狙うトキばあ。泉に惚れる男は敵だ、と言うつねだが、思春期真っだだ中のつねの心は複雑……?
  • 主に泣いてます(5)
    完結
    660円(税込)
    「サヨナラだ 僕はもう君を描けない」突然の青山仁(あおやま・じん)教授の電話に、とまどいを隠せない紺野泉(こんの・いずみ)。幸せだった時間を思い出しながら町を彷徨い歩く……。そして、授賞式の日に見た、「Iシリーズ」最新作に、泉は……。
  • 主に泣いてます(6)
    完結
    660円(税込)
    「泉綺麗だよ泉さあ制服を脱いでお父さんを救えるのはお前だけだお前は父さんの生きる希望なんだよだから……」ついに明かされる紺野泉(こんの・いずみ)のルーツ--。あまりの美貌がゆえに薄幸人生を生きる美人美術モデル・紺野泉。彼女の望みは「ただ好きな人のそばにいること」。不幸を約束された絶世美女が、幸せ求めて非モテ道を突き進む。今まで誰も描かなかった不幸美女の苦悩と抵抗を描く痛快笑劇。
  • 主に泣いてます(7)
    完結
    660円(税込)
    「ねぇお姉ちゃん知ってる?私が子供の頃毎晩神様にお願いしてたことお姉ちゃんみたいに綺麗になりますようにお姉ちゃんみたいに優しくなれますように……」妹の結婚式で起きた悲劇!それは美人すぎるがゆえに不幸人生をひた走る紺野泉(こんの・いずみ)が、妹・のぞみを遠ざけるきっかけとなった事件だった!!泉の戸籍謄本を取得する(ついでにその後ののぞみを確認したい)ために伊豆へやって来た赤松(...
  • 主に泣いてます(8)
    完結
    660円(税込)
    ツンデレつねもフィレンツェへ。赤松に内緒で現地でバッタリ狙いで!泉さんはイタリア用のスーツケースを買いに銀座へ。「バカ男はみんなみんなダークナイト大好きなんだから見てるどころかDVD絶対持ってるんだブルーレイ持ってんだ男は」そして…、「I(アイ)」を超えるモデルを見つけられない青山仁は、個展目前に、真っ白なキャンバスの前でワインを傾ける。
  • 主に泣いてます(9)
    完結
    660円(税込)
    ギンギラなドバイであえて「アンダルシアに憧れて」歌っちゃいそうな勢いのトキばあ。フィレンツェの経由先ドバイがあまりにも魅力的で当初の目的を完全に忘れそうなご一同。
  • 主に泣いてます(10)
    完結
    「生まれ変わったらブスになりたい。明るくて面白くて誰からも愛される素敵なブスに……」泉(いずみ)をめぐって起きた集団傷害事件、そしてよし子から浴びせられた激しい言葉をきっかけに、泉は向島から姿を消してしまう。唯一のモチーフであるモデルを失った赤松(あかまつ)の胸中は……!? 涙腺、ゆるゆる。幸せ、ぽろぽろ。あの手この手で非モテ道に邁進する川沿い美人協奏曲、これにてハッピーエンド!?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています