毒 POISON

毒 POISON

作者名 :
通常価格 440円 (400円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

わずか一滴で致死量に達し、しかも検出不可能という完全犯罪を約束する毒の小ビン。愛人をうとましく思う週刊誌記者から刑事、女性タレント、首相暗殺を企てる過激派へと“毒”は人々の手を転々とする。人々の心の深奥に潜む殺意を横糸に、軽妙な恋のかけひきを縦糸にからませたオムニバス長編ミステリー。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
288ページ
電子版発売日
2011年10月28日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

毒 POISON のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2017年12月22日

    一本のガラス瓶に入った毒薬でいろんなストーリーが楽しめた 実際にはありえないスピードで人が死んでいく しかし、人間って理想の毒薬を手にしたらこんなもんなのかも ひとつ疑問だったのが、直子は頭の良い印象を受ける存在であるのに何故自分を一度襲っている船木のところへ一人で乗り込んだのかということ

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年11月30日

    現在、放送中のドラマの原作本。
    「毒」を通して、それによって、運命を
    狂わされていく人々の姿を描いている。
    これを読んで、運命って恐ろしいっと、改めて
    感じた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年06月23日

    宮部みゆきの小説に少し似てるけど
    これはこれで早く次が読みたくなって面白かった。
    まさか最後
    今まで欲深い者ばかりが手にした「毒」を
    無欲な人間が手にしたとき
    こんなにも意外な結末が待ってるとは思わなんだ!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    わずか1滴で致死量に達し、しかも検出不可能という完全犯罪を約束する毒の小ビン。
    毒は人々の手を転々とする。
    長編ミステリー。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年10月24日

    去年?ドラマ化された「無味・無臭、絶対に検出されず、効き目が表れるのは飲んでから24時間後」という“夢のような毒薬”にまつわる4編からなる連作長編。
    4編ともかなり悲劇的な結末を迎える。
    赤川次郎の初期作品は、本当に伏線の張り方とその回収どころが素晴らしい。

    余談だが、解説が故・氷室冴子なのもなん...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年02月24日

    短編集だが、連続して一つのストーリーを成し、良く出来た話だと思った。証拠も残さず、人を毒殺でき、それも病死に見せかけられる完全犯罪の毒薬。それを手にした時に人はどうなるのか?

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年09月29日

    さすが、赤川さん、ストーリーテーラーですねえ~

    ドラマ化されると云うので読んでみたが、ドラマよりやっぱいいですね、ドラマはまだ始まってませんが^_^

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    小学生の頃にたくさん読んでた。
    棚の隅からどんどん読んでいっても、
    ぜんぜん読み終わらなかった記憶が。。
    分かり易さも量も質もすごいなと思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    主人公が手に入れた毒が心に憎しみを抱いている人々に転々とする。手に入れた人は毒を持ち次第に殺意を抱くようになる・・・。人ってのはちょっとしたきっかけでどう転がっていくか分かりませんね・・・。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月28日

    毒薬が人の手を渡り歩いていく連作であるところがおもしろかった。
    完全犯罪を成立させられる毒があったとしたら、人はこんなにも短絡的に毒を使用するのだろうか?
    その結果訪れる各編のオチも、また人間の滑稽さを感じさせるものだった。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています